今は誰でもインターネットを使いますよね。

LINEをするにしてもYouTubeを見るにしても仕事をするにしてもインターネットを使えなければ成り立ちません。

インターネットを使うには、端末にSIMカードを差してLTEで通信する場合とWi-Fiで接続する場合がありますが、Wi-Fiで接続するときって見た目は繋がっているようにみえるのになぜかインターネットが使えないことってありませんか?

インターネットが使えないとは、「webサイトが見れない」「Youtubeが見れない」「LINEが送れない」などのことを指しています。

webサイトは見れるんだけどめちゃくちゃ遅いというときにチェックするポイントは、こちらの「自宅の固定インターネットが遅いと感じたらチェックすべきポイント5選!!」の記事に記載していますのでこちらもご覧ください。

そんなWi-Fi接続はできているのにインターネットには繋がらないときにチェックすべきポイントをご紹介します。

Wi-Fi接続できている状態というのはパソコンの場合、Wi-Fi接続のためのパスワードを入力し、Windows PCの場合、この画像のような表示になっている状態のことです。

Wi-Fi接続済み

在宅勤務やテレワークで職場のPCを持って帰ってきたのはいいが、職場ではインターネットに繋がるのに自宅では繋がらないという方はこちら「プロキシ設定は間違っていないか」もしくは「固定IPアドレス / 固定DNSは設定していないか」の可能性が高いため、最初にご確認ください。
スポンサーリンク







1. 端末の問題かWi-Fiの問題か判断

スマホで悩む女性

Wi-Fiでインターネットに接続できない場合、端末の問題なのかWi-Fi側の問題なのかまず確認することが必要です。

そのために、インターネットに接続できない端末とは別の端末をWi-Fiに繋ぎ、インターネットに繋がるか(例えばGoogleで何か検索できるか)試してみましょう。

もしその端末でもインターネットに繋がらない場合、Wi-Fiの問題と判断し、その端末でインターネットに繋がる場合は、端末の問題と判断します。

端末の問題かWi-Fiの問題か判断できたら次に進みましょう。



端末が問題の場合はこちら

Wi-Fiが問題の場合はこちら

2. 端末が問題の場合

端末が原因

上記1で端末の問題と分かった場合、端末の設定のせいでインターネットに繋がらない可能性が高いです。

  • プロキシ設定は間違っていないか
  • 固定IPアドレス / 固定DNSを設定していないか
  • Wi-Fiを接続し直してみる
  • アプリは立ち上げすぎていないか



プロキシ設定は間違っていないか

プロキシ設定エラー

インターネットエクスプローラーやGoogle Chromeでwebサイトを見ようとした際に上の画像のような表示になった場合、プロキシ設定により、インターネットに繋がりません。

プロキシ:インターネットへの接続を代行してくれる機器(サーバー)のこと。

企業のインターネットなどではプロキシを介してインターネットに接続することも多いため、会社ではインターネットに繋がるのに家のWi-Fiだとインターネットに繋がらないといった場合はこの可能性があります。

通常、自宅のWi-Fiではプロキシを介してインターネットに繋ぐことはないため、OFFにしておきましょう。

Windows 10の場合のプロキシをOFFにする方法をご紹介します。

  1. 左下の検索窓でインターネットオプションを検索します。

インターネットオプション検索

2. 接続タブを選択します。

接続タブ

3. LANの設定を選択します。

4. 設定を自動的に検出するのみにチェックが入っているようにし、OKボタンをクリックします。

(自動構成スクリプトを使用するやLANにプロキシサーバーを使用するのチェックは外します)

プロキシ設定

 

固定IPアドレス / 固定DNSは設定していないか

DNS設定エラー

上記プロキシ設定と同様に会社などによっては固定IPアドレスや固定DNSの設定を行っている場合があり、DNS設定が間違っているとwebサイトを表示した際、上の画像のような表示になります。

  • IPアドレス:IPアドレスとは端末を特定するための住所の役割を果たしているアドレス
  • DNS:ドメインネームシステムの略でURLからIPアドレスに変換してくれるシステム

そのままでは家のWi-Fiに接続してもインターネットには繋がりませんので解除する必要があります。

こちらもWindows 10の場合の解除方法をご紹介します。

  1. 左下の検索窓でネットワークと共有センターを検索します。

ネットワークと共有センター検索

2. アダプターの設定の変更をクリックします。

アダプター設定の変更

3. Wi-Fiを右クリックし、プロパティを選択します。

Wi-Fiプロパティ

4. インターネット プロトコル バージョン4を選択し、プロパティをクリックします。

Wi-Fiのプロパティ

5. IPアドレスを自動的に取得するDNSサーバーのアドレスを自動的に取得するを選択し、OKボタンをクリックします。

インターネットプロトコルのプロパティ

Wi-Fiを接続し直してみる

基本的に端末に問題がある場合、上記2つが問題の場合が多いですが、単純にWi-Fiを一度接続し直すことで解決する場合があります

Wi-Fiは、一定時間ごとにゴミが溜まらないように綺麗にするようになっていますが、何かしらで通信がうまくいかない場合、それがうまくいかない場合があります。


アプリは立ち上げすぎていないか

実はインターネットには繋がっているが、アプリを立ち上げすぎていてインターネットに繋がっていないというほど遅くなっている可能性もあります。

その場合、端末を再起動するなどして無駄なアプリを閉じることでインターネットに繋がる可能性があります。


3. Wi-Fiが問題の場合

Wi-Fiが原因

Wi-Fiが問題の場合、以下をチェックする必要があります。

  • Wi-Fiに端末を繋ぎすぎていないか
  • Wi-Fiの電波が十分に届いているか
  • ネットワーク機器(Wi-Fiルーター、回線終端装置)を再起動してみる
  • Wi-Fiルーターの再設定をしてみる



Wi-Fiに端末を繋ぎすぎていないか

Wi-Fiに接続するにはWi-Fiルーターという機器が必要になります。

1つのWi-Fiルーターには複数の端末を繋ぐことができますが、その数は高価なものでも20台程度が限界です。

端末をたくさん所有していたり、家族みんなで一斉に繋いでいるとインターネットに繋がりにくくなりますので使っていない端末はWi-FiをOFFにするか電源を切ることをおすすめします。

Wi-Fiの電波が十分に届いているか

Wi-Fiの電波はWi-Fiルーターから発せられ、それなりに遠くまで届きますが、家の材質や広さによっては家全体には届かない可能性があります。

また、Wi-Fiの電波の周波数には2種類(2.4GHz帯と5GHz帯)がありますが、5GHz帯は障害物に弱いため、部屋を隔てるとうまく繋がらない可能性があります。

そのため、Wi-Fi中継器を設置してWi-Fiを家全体に電波を届くようにする、もしくはそこまで広い家でない場合は、2.4GHz帯のWi-Fiに繋ぐと良いでしょう。

ここではWindows 10でどちらの帯域のWi-Fiに繋がっているか調べる方法をご紹介します。

右下のタスクトレイからWi-Fiマークを右クリックし、ネットワークとインターネットの設定を開くをクリックします。

ネットワークとインターネットの設定を開く

Wi-Fiを選択します。

Wi-Fi

接続しているWi-Fiをクリックします。

接続しているWi-Fi

下のほうにあるプロパティのネットワーク帯域を確認します。

ネットワーク帯域

この場合、5GHzとなっていますので部屋を隔てるとインターネットに繋がりにくくなる可能性がありますので同じWi-Fiから出ている2.4GHz帯のWi-Fiに接続することで解消する可能性があります。

ただし、2.4GHz帯は別の電波(例えばBluetoothなど)と干渉する可能性がありますので基本は5GHz帯で接続し、ダメなときのみ2.4GHz帯に接続するのが良いでしょう。



ネットワーク機器(Wi-Fiルーター、回線終端装置)を再起動してみる

Wi-Fiルーターやその先にある回線終端装置(ONU)といったネットワーク機器の調子が悪くてインターネットに繋がらないといった場合も意外とよくあります。

その場合、これらのネットワーク機器の再起動であっさり直ったりします

これらの機器はスイッチは付いていないと思いますので電源を抜き、数秒待ってからもう一度電源を接続してみてください。

壊れないの?と思うかもしれませんが、それでは壊れませんので大丈夫です。

Wi-Fiルーターの再設定をしてみる

PPPoE設定画面

インターネットに繋がっていたのに急に繋がらなくなった場合、Wi-Fiルーターの再設定をすることで改善する可能性があります。

上記画像は、私が利用しているWi-Fiルーターの設定画面です。

プロバイダから指定されたユーザーID、パスワードを入力することでインターネットに接続できるようになりますが、こちらを一度変更して保存し、再度正規のユーザーID、パスワードに戻してみてください。



4. その他

残念な点

上記1~3までを試してみてもインターネットに繋がらない場合、別の問題がある可能性が高いです。

  • 端末が壊れている
  • ネットワーク機器が壊れている
  • インターネット回線自体がメンテナンスやトラブルで不調



端末が壊れている

そもそも端末が壊れてしまっている可能性があります。

スマホやパソコンは電子機器ですのでちょっとしたことであっさり壊れてしまうこともあります。

家でだけインターネットに繋がらないのであればこの可能性はないですが、どこのWi-Fiに接続しても(例えばスタバのフリーWi-Fiに接続しても)インターネットに繋がらない場合は、端末の故障の可能性が高いです。

ネットワーク機器が壊れている

どの端末をWi-Fiに繋いでもインターネットに繋がらない場合、ネットワーク機器が壊れている可能性もあります。

以前に書きましたこちらの記事をご覧いただき、機器の買い替えも検討してみてください。

インターネット回線自体がメンテナンスやトラブルで不調

まれにインターネット回線のメンテナンスでそもそも使用できなかったり、工事で光回線を間違えて切ってしまったといった人為的なミスによってインターネットに繋がらない場合もあります。

これは契約している回線のホームページなどに情報が出ている場合がありますのでチェックしてみたり、問い合わせしていただくことをおすすめします。

大手のプロバイダであれば回線自体がメンテナンスやトラブル続きで不調なことはほとんどないと思いますが、もし頻発するようであれば乗り換えることも検討してみてください。

おすすめのプロバイダをこちらの「光インターネット回線のおすすめプロバイダをケース別に3つご紹介します!」に記載していますのでぜひ参考にしてください。

また、回線を引き直すのは面倒という方や何らかの理由は回線が引けないという方はモバイルルーターなどを設置するというのも手です。

モバイルルーターとは何ぞや?という方にはこちらの「光インターネット回線が引けない方でもモバイルルーターで通信量を節約!」に記載していますので参考にしてください。

最後に

スマホ 多くの機能

家にせっかくWi-Fiがあって通信量も節約できて通信スピードも速いはずなのにインターネットに繋がらないのでは勿体ないですよね。

そんなときはこの記事を参考していただいてWi-Fiを有効活用してください。

Wi-Fiを有意義に活用して快適なインターネットライフにしましょう。

スポンサーリンク