このブログではパソコン(PC)のデータバックアップやスマホの容量が足りないときはクラウドストレージを活用することで解決できるとご紹介してきました。

ただ、クラウドストレージはとても便利なのですが、無料の場合、2GB(ギガバイト)~15GB程度の無料容量しか使うことができず、これ以上の容量を使いたい場合は課金する必要があります。

そのため、複数のクラウドストレージを駆使してなんとか無料でやり繰りしている方もいらっしゃると思います。

しかし、その場合、見たいデータをどのクラウドストレージに入れたのか分からなくなって探すのが大変だったりします。

そんなときに便利なパソコン向け無料アプリAir Explorerをご紹介します。

スポンサーリンク







Air Explorerとは?

Air Explorerとは?

Air Explorerは、1つのアプリで各種クラウドストレージに接続してファイルの確認はもちろん、アップロードやクラウドストレージ間のファイル移動などを行うことが可能です。

Air Explorer(無料版)でできること

  • 各種クラウドストレージ(DropBoxOne DriveGoogle DriveAmazon Driveなど)に接続可能
  • PCからクラウドストレージへのデータのアップロード/ダウンロード可能
  • ネットワークストレージ(NAS)に接続可能
  • クラウドストレージ間のファイルのコピーが可能
  • スケジュール機能で自動でファイルのアップロードが可能

無料版でも十分な機能が使用できますが、有料版にすることで1つのクラウドストレージに複数アカウントで接続することができたり、スケジュール機能を使用することが可能です。


Air Explorerのインストール

Air Explorer公式ページからダウンロードを行います。

Air Explorer ダウンロード

ダウンロードしたAirExplorer-Installer.exeをクリックし、インストールを行います。

Air Explorer インストール

インストール時には日本語は選べませんのでEnglishを選択しておきます。(インストールが終われば日本語で表示されます)

Air Explorer 言語選択

他のソフトと同じようにNextを選択していけばインストールすることが可能です。


Air Explorerへのクラウドストレージの接続

Air Explorerを使用するためにはまず、アカウントの登録を行う必要があります。

Air Explorerを起動するとこのようなアカウントの登録画面出ますので接続したいクラウドストレージを選択します。(今回はOne Driveに接続します)

Air Explorer ストレージ選択

アカウント情報を入力し、「次へ」をクリックします。

Air Explorer OneDriveアカウント

パスワードを入力し、「サインイン」をクリックします。

Air Explorer OneDriveパスワード

「このアプリがあなたの情報にアクセスすることを許可しますか?」と聞かれますので「はい」をクリックします。

Air Explorer OneDriveアクセス許可

これでアカウントの登録を行うことができました。

他のクラウドストレージのアカウントも同じ様に「追加」から登録しておきます。

Air Explorer 他ストレージ追加


Air Explorerの使い方

ファイルのコピー

アカウント管理の画面を閉じるとこのようにPCおよび登録したクラウドストレージの一覧が表示されます。

例えばOneDriveをダブルクリックすると接続されてOneDrive内のデータを見ることが可能になります。

Air Explorer データ確認

そして右側のウインドウでPCを開いてみます。

Air Explorer 右ウインドウ

するとこのようにフォルダやファイルの一覧が表示されます。

Air Explorer ファイル表示

ここでPCにある「AirExplorerテスト.docx」をOneDriveにアップロードする場合、PCのウインドウで「AirExplorerテスト.docx」を選択し、両ウインドウの間にある左矢印ボタンをクリックすることとで簡単にアップロードすることができます。

Air Explorer ファイルアップロード

アップロードが完了したかどうかは下部に出てくる進捗状況で確認することができます。

Air Explorer アップロード進捗

今回は、PCとクラウドストレージのファイルのアップロードでしたが、クラウドストレージを両ウインドウに表示しておけばクラウドストレージ間のファイルのコピーも可能になります。

また、ドラッグ&ドロップでもファイルのアップロードを行うことできます。

クラウドストレージをまたいだファイルの検索

どこのクラウドストレージにファイルをアップロードしたか分からない場合でもファイル名が分かっていれば探すことができます。

検索ボタンをクリックし、検索窓にキーワードを入れ、検索ボタンをクリックすることで検索が可能です。

Air Explorer ファイル検索

これでクラウドストレージをまたいで該当のファイルを見つけることが可能です。

Air Explorer ファイル検索結果

検索結果からファイルを開くには直接ダブルクリックをすることで行うこともできますし、右クリックから「ファイルの場所を開く」を選択することでフォルダを表示することもできます。


最後に

Air Explorer 最後に

クラウドストレージは冒頭でもお伝えしました通り、無料の場合は、容量が限られているため1つのクラウドストレージでは足りなくなるため複数のクラウドストレージを使用することになります。

そんなときにAir Explorerを使用することでそれぞれのクラウドストレージをまたいで検索することもできますし、整理も簡単に行うことが可能になりますのでおすすめです。

スケジュール機能や1つのクラウドストレージに複数アカウントを登録するのは有料になってしまいますが、もし必要になったら契約してみてはいかがでしょうか。

便利なクラウドストレージ一元管理アプリを使用してクラウドストレージをどんどん活用しましょう。

スポンサーリンク