先日、パソコンでTwitterを快適に使用できるwebアプリのTweetDeckをご紹介しました。

TweetDeckは、ブラウザ(インターネットを見るやつ)でアクセスするアプリでしたが、実はほぼ同等の使い勝手のであるTweetenという無料アプリも存在しています。

今回はこちらのTweetenについてご紹介します。




Tweetenでできること

PCとOKサイン

TweetenもTweetDeck同様、便利な機能を豊富に備えています。

  • 複数アカウントのタイムライン(TL)を同時に表示可能。
  • 背景のダークモード、ライトモードの切り替えが可能。
  • カラムの幅の調整が可能。
  • 文字サイズの調整が可能。
  • TLの自動更新。

やはり、純正のTwitterとの一番の違いは複数アカウントのTLやTLと通知、DMなどを1画面でパッと見れるところですね。


TweetDeckとTweetenの違い

Tweeten TweetDeck比較

TweetDeck(左の青枠)とTweeten(右の赤枠)を並べて表示してみました。

ボタンの位置などの違いは多少あるものの見た目もほぼ同じですね。

カラムや表示の設定方法もほぼ同様ですのでTweetDeckをお使いの方は簡単に使用できると思います。

この辺りの設定はTweetDeckをご紹介した際に書いていますのでこちらの「パソコンでTwitterを使うなら複数アカウントのタイムラインも1画面で見れるTweetDeckが快適!」をご覧ください。

また、先ほどもお伝えした通り、TweetDeckはブラウザアプリなのでインストールは不要でブラウザにURLを打ち込むかブックマークなどから開けばアクセスできますが、Tweetenはインストールが必要になります。


Tweetenのインストール

TweetenはMicrosoft Store公式のアプリですので簡単にインストールが可能です。(Windows 10の場合で説明します)

Windowsマークをクリックしてメニューを開き、Microsoft Storeをクリックします。

Tweeten Microsoft Store

右上の検索ボタンをクリックし、Tweetenと入力後、検索マーク(虫メガネ)をクリックします。

Tweeten Microsoft Store検索

検索結果が出ますのでTweetenを選択します。

Tweeten Microsoft Store選択

インストールボタンをクリックします。

Tweeten インストール

説明に従ってインストールを完了すると起動ボタンが出ますのでクリックして起動します。

Tweeten 起動

GET STARTEDをクリックするとTwitteのログイン画面が出ますのでご自身のID、パスワードを入力してログインします。

Tweeten

ログインが完了するとTLなどが表示されます。

Tweeten TL

ちなみにTweetenはTweetDeckと連携していますのでこれまで同じアカウントでTweetDeckを使用したことある方はTweetDeckと同じカラム設定で表示されます。


最後に

Twitter いいね

TweetDeckでも十分便利なのですが、ブラウザアプリですので他のタブと一緒にブラウザを閉じてしまってもう一度開かなければいけないということも起こりがちです。

しかし、Tweetenであればそのような心配もないですね。

また、ブラウザのタブ部分やアドレスバーがTweetenには無いため、画面を有効活用できるところも良いところだと思います。

ただ、どちらも機能としてはほぼ変わりませんのでご自分の好みの見た目のほうを使っていただくと良いかと思います

便利なTwitterクライアントを活用し、Twitterを有意義に活用しましょう。