この記事は2018年秋版の記事となっております。

2019年春版の最新おすすめスマホをこちらの「2019年春版3万円以下で購入可能なおすすめsimフリー格安スマホをランキング形式ご紹介!!」でご紹介していますのでぜひご覧ください。

先日、格安スマホの選び方のポイントをご紹介しました。

しかし、安いスマホは欲しいけどたくさんある格安スマホの中でいろいろスペックを見比べて自分で選ぶのは面倒という方もいらっしゃるでしょう。

そんな方のためにおすすめの格安スマホをランキング形式で選びましたのでご紹介します。

スポンサーリンク







第1位 HUAWEI P20 Lite

HUAWEI P20 Lite

こんな方におすすめ! とにかく安価で余分な機能はいらないから使いやすいスマホを求めている方!

HUAWEI(ファーウェイ)は、中国のスマホメーカーで2018年現在、Samsung(サムスン)と並んでsimフリースマホ(どのキャリアのsimカードでも使えるスマホ)で世界中で大きな人気を誇っています。

HUAWEIのスマホは、SOC(CPU)というスマホの頭脳と呼べる部品を自社で開発していますので無駄がなく、完成度のとても高い端末となっており、動作も軽快で無駄な機能などなく、とても使いやすいです。(私もHUAWEIのスマホを使用しています)

2018年11月現在、Amazonで29,300円ととても安価ですが、前回の記事で書いたポイントをすべて網羅しており、とてもバランスのとれたスマホとなっています。

P20 Liteは、最近よくあるノッチ付きのディスプレイ(インカメラの部分が出っ張っているスマホ)を搭載しており、このノッチ部分で顔認証を行うことが可能です。

顔認証とともに指紋認証も使用できることが特徴で顔認証はマスクをしているとうまく認識することができませんが、そんなときに指紋認証が活躍します。

これから寒い時期になってきますので顔認証でなく、指紋認証が役に立ってくるでしょう。

また、急速充電に対応しており、時間が無いときでも素早く充電することが可能です。

ただ、バッテリーはあくまでも標準的な容量ですのでよくスマホをチェックする方はモバイルバッテリーを携帯することをおすすめします。

スペック表

発売日:2018年6月15日

OS:Android 8.0

サイズ:幅:約71 mm / 縦:約149 mm / 厚さ:約7.4 mm / 重さ:約145 g

SOC:HUAWEI Kirin 659 オクタコア (2.36 GHz / 4 + 1.7 GHz / 4)

メモリ:4GB

ストレージ:32GB

バッテリー:3,000mAh

ディスプレイ:5.84インチ(2280 x 1080)

インカメラ:インカメラ: 約1600万画素

メインカメラ(ダブル)レンズ:約1600万画素 + 約200万画素

第2位 OPPO R15 Neo

OPPO R15 Neo

こんな方におすすめ! スペックよりもバッテリー持ちが良くモバイルバッテリーを持ち歩きたくない方!

OPPO(オッポ)もHUAWEI同様に中国のスマホメーカーで2018年2月より日本でスマホ販売を開始したため、まだ日本での認知度は低いですが、有力なスマホメーカーです。

このOPPO R15 Neoは、P20 Liteと同様のメモリ4GBモデルの場合、少し高価になりますが、ストレージのサイズ画面サイズでP20 Liteより優れています。

さらにP20 Liteに比べてバッテリー容量が1.44倍という大容量ですのでモバイルバッテリーがなくても十分に一日使うことができるでしょう。

ただ、その他の全体的なスペックはP20 Liteには敵わないというところは注意するべきポイントです。

そのため、このR15 Neoには、メモリが3GBモデルと4GBモデルがありますがスペックを少しでも引き上げるために4GBモデルの購入がおすすめです。

スペック表

発売日:2018年8月31日

OS:Android 8.1に基づいて開発されたColorOS5.1

サイズ:幅:75.6 mm / 縦:約156.2 mm / 厚さ:約8.2 mm / 重さ:約168 g

SOC:Qualcomm Snapdragon 450 オクタコア(1.8GHz)

メモリ:3GB または 4GB

ストレージ:64GB

バッテリー:4,230mAh

ディスプレイ:6.2インチ(1520 x 720)

インカメラ:インカメラ: 約800万画素

メインカメラ(ダブル)レンズ:約1300万画素 + 約200万画素

第3位 モトローラ Moto G6

モトローラ Moto G6

こんな方におすすめ! ノッチ付きディスプレイが苦手な方!物理ボタンが好きな方!

iPhone Xがノッチ付きスマホとなって登場してから他のメーカーもこぞってノッチ付きスマホを発売しています。

しかし、ノッチ付きのスマホがあまり得意でない方もいらっしゃるでしょう。

そして液晶が画面ギリギリになっており、物理ボタンが無くなっているため、押した感覚がないためにしっくりこない方もいらっしゃるでしょう。

そんな方におすすめのスマホがノッチ無し、物理ボタン採用のこちらのモトローラ Moto G6です。

Moto G6を発売しているモトローラ・モビリティはもともとGoogle傘下でしたが2014年にパソコンメーカーで有名な中国のLenovoに買収された企業で最近では日本でも積極的にスマホを販売しています。

Moto G6にはバッテリー容量が4,000mAhと大容量のG6 Play高スペックのG6 Plus標準的なG6の3モデルが販売されています。

どのモデルも指紋認証に対応しており、簡単にロックを外すことが可能です。

ブラウザでのwebページ閲覧やSNS、電子書籍などでしかスマホを使わない方はG6、ゲームなどもしたいということであればG6Plus、モバイルバッテリーを持ち歩きたくない方はG6 Playをおすすめします。

スペック(G6)表

発売日:2018年6月8日

OS:Android 8.0

サイズ:幅:72.3 mm / 縦:約153.8 mm / 厚さ:約8.3 mm / 重さ:約162.5 g

SOC:Qualcomm Snapdragon 450 オクタコア(1.8GHz)

メモリ:3GB

ストレージ:32GB

バッテリー:3,000mAh

ディスプレイ:5.7インチ(2160 x 1080)

インカメラ:インカメラ: 約1200万画素

メインカメラ(ダブル)レンズ:約1200万画素 + 約500万画素

まとめ

スマホ選びのポイント

今回、3万円前後のおすすめsimフリー格安スマホを3機種紹介させていただきました。

ランキング形式でご紹介しましたが、どのスマホも特徴があるスマホですのでお好みの端末を選んでみてください。

それでも迷ってしまう方にはやはり第1位のHUAWEI P20 Liteがおすすめです。

HUAWEIは、先ほどもお伝えした通り、スマホ業界でかなりの大きな地位を占めていますのでとにかく完成度が高く、HUAWEIのスマホはどれを買っても外れはありませんよ。

もし、もう少し予算があるのであればP20を選ぶとさらに快適にスマホを使うことができますのでご検討ください。

安価で良いスマホを購入し、より良い生活をしましょう。

スポンサーリンク