ANAアメックスカードには、楽天Edy(Edy)の機能が搭載されています。

みなさんご存知の通り、Edyは、SUICAなどの交通系ICカードと同じように対象のカードにあらかじめチャージしておくことでコンビニなどに設置している端末にカードをかざすだけで決済を行うことができます。

Edyへのチャージは、コンビニのレジやセブンイレブンのATMでも行うことができますが、それではわざわざクレジットカードにEdyが搭載されている意味がありませんよね。

今回はチャージのためにコンビニに行く必要もなく、スマホANAアメックスカードがあればどこでもチャージをできる方法をシェアします。

スポンサーリンク







スマホからANAアメックスの楽天Edyにチャージする方法

必要なもの

スマホを使ってANAアメックスの楽天Edyにチャージするためには必要なものが3つあります。

  • ANAアメックスカード
  • NFC対応スマホ
  • 楽天会員アカウント

多くのスマホにはNFCと呼ばれる近距離無線通信が行える機能を搭載しているものが多いです。

今回の方法ではこのNFCに対応しているスマホが必要になります。

お使いのスマホがiPhoneであれば問題なく行えます。Androidスマホであればスペック表やメニュー(通知欄を上から引っ張ると出来るあれです)にNFCという表記があるかご確認ください。

楽天会員情報の設定

楽天会員アカウントにログインし、「お買い物で通常使うカード」にANAアメックスカードを登録します。

楽天通常使うカード


スマホの設定

楽天Edyアプリ

  1. Google Playストアにて楽天Edyを検索し、楽天Edyアプリをインストールします。
  2. NFC機能をONにします。

機種によって違うと思いますが、私のスマホでNFCをONにする手順をご紹介します。

設定画面を開き、その他をタップします。

NFC 設定・その他

NFCをタップします。

NFC

NFCのスイッチをONにします。

NFC スイッチ

楽天EdyアプリへEdyカードの登録

楽天Edyアプリ起動画面

楽天EdyアプリへEdyカード(ANAアメックス)の登録を行います。

※Edyカードに登録はアプリを起動すると親切なチュートリアルが出ますのでそれに沿って進めます。

楽天Edyアプリを起動し、「はじめる」ボタンをタップします。

説明を読んでいくとカードを登録する画面になりますのでスマホにANAアメックスをかざします

登録する」ボタンをタップすることで登録することができます。


チャージ設定

カードの登録後、そのまま「チャージ設定をする」ボタンをタップするかトップ画面から「チャージ」ボタン→「チャージ設定をする」を選択します。

楽天会員アカウントのパスワードを入力し、「次へ進む」をタップすることでチャージ設定は完了です。

チャージ

楽天Edyアプリへのチャージ

トップ画面の「チャージ」ボタンを選択します。

チャージしたい金額をプルダウンから選択し、楽天会員アカウントのパスワードを入力し、「チャージ」ボタンをタップします。

スマホにANAアメックスをかざします

するとカードへ選択した金額がチャージされ、トップ画面の残高に反映されることが分かります。

残高確認

楽天Edy残高確認

アプリの残高は、Edyを使用しても自動では反映されません

そのため、カードにチャージされている残高を確認するには、自分で更新する必要があります。

NFCをONにしておき、残高が表示されている右にある更新マークをタップします。

スマホにANAアメックスをかざすことで残高が更新されます。


最後に

ANAアメックスカード

ANAアメックスで買い物をするとポイントが貯まりますので全てANAアメックスで買い物をしたほうがお得なのですが、コンビニなどの少額の場合、クレジットカードで支払うのは少し面倒です。

しかし、事前にEdyにチャージをしておけばANAアメックスを端末にかざすだけで簡単に決済できますのでとても便利です。

このような決済方法はSUICAなどの交通系ICカードでもおこなうことができますが、VIEWカードなどの特別なクレジットカードを持っている場合を除き、駅などで現金でチャージしなければいけません。

しかし、今回の方法であれば家や外出先などどこでもチャージを行うことができます

2019年にキャッシュレス元年と言われて久しいですが今後も今以上に電子決済が進んでいく流れになりますのでいろいろ覚えていくとより便利にお買い物ができると思います。

簡単にEdyを使用してスピーディに決済していきましょう。

スポンサーリンク