現在の日本では実に40%の人が花粉症ともいわれていますが、みなさんは鼻炎に苦しめられていませんか?

年中鼻炎の人は少なくても花粉症の方はたくさんいると思います。

花粉症の症状である鼻水や鼻づまりって本当につらいですよね。

私は、いろいろなアレルギーを持っており、幼少期から一年中通して鼻水、鼻づまりが絶えない慢性アレルギー性鼻炎でした。

この慢性アレルギー性鼻炎というのはやっかいで基本的にはずっと治ることはありません。

しかし、お気づきのように「でした」いう過去形を使用していることから私は慢性アレルギー性鼻炎が完治したのです。

完治した方法というのは内視鏡下後鼻神経切断術という手術を受けたことですのでご紹介します。

スポンサーリンク







慢性アレルギー性鼻炎との関係

ティッシュ

この鼻炎は幼児のころからずっとでした。(記憶がある限りずっとです)

鼻水、鼻づまりが本当にひどく、鼻の中が腫れてしまっていて空気の通り道がほとんどないため、鼻で息をしたり、鼻をかむこともできませんでした。

親戚にはこの鼻炎を理解してもらえなかったため、鼻水出てるから鼻をかみなさいとよく怒られましたね・・・

そのため、ずっと口呼吸でしたしティッシュが手放せなかったのです

といっても鼻をかめるわけではないので鼻水をぬぐうことしかできませんでした。

私の周りで私ほどのひどい鼻炎の方は見たことないので相当酷かったのだと思います。

たぶん周りの人からも私がずっと鼻をズルズルさせているので鼻くらいかめよと思われていたでしょうね。

内視鏡下後鼻神経切断術の存在

内視鏡下後鼻神経切断術

こんな状態で20年以上生きていましたが、あるときネットで鼻炎について調べていたところ、サージセンター名古屋(現在は浜松と東京で展開)という病院で慢性アレルギー性鼻炎の手術があることを知りました。

ネットの情報を見るとこの手術は、鼻の中が腫れてしまっている部分は神経がバカになっているせいだということでそのバカになっている神経を切断した上で腫れている部分を切除するものだということでした。

そしてこの手術は日帰り手術が可能ということで当時ブラック企業に勤めていた私でも会社を休むことなく受けることができるということでした。

どんなブラック企業だったかはこちらの記事に書いています:転職のすすめ。ブラック企業はいますぐ辞めて転職しよう。

私はこんな手術があってもしかしたら20年以上苦しめられていた鼻炎から解放されるならと思い、受診することを決めました。

スポンサーリンク



サージセンター名古屋での診療内容

医者

サージセンター名古屋で早速受診しました。

まずは、鼻の状態の検査です。

初めは匂いがどの程度分かるかという検査でした。

小瓶の中の匂いを嗅いで匂いが分かるかどうかという検査です。

私自身は匂いは普通に分かっていたつもりだったのですが、その検査では全然分かりませんでした。

そして先生に鼻の中を診てもらうと先生の第一声がこれは酷いねぇ…でした。この言葉はとても印象に残っています。

鼻炎専門の病院の先生がそのように言うくらいなので他の方と比べても私は症状が酷かったんだと分かりました。

そして空気の通り道が無いくらい鼻の中がぱんぱんに腫れてしまっていることを教えてもらいました。

先生から内視鏡下後鼻神経切断術の説明をされ、手術を行えばよくなるよと言われたため、手術を受けることを決めました。(HPを見て受診した時点で手術を受けようと決めていたのですが)

金額は20万円程度だったと記憶しています。

手術は片方の鼻ずつ一週間空けて行いました。

手術は、全身麻酔をかけて行います。

私は全身麻酔の経験が無いため(虫歯治療の麻酔くらいです)ちょっと不安でしたが、特に問題も無く手術は終了しました。

そして手術が終わり、麻酔が切れると鼻の中にガーゼが詰められており、ガーゼはもう片方の鼻の手術を行う際に取るということでした。(もちろんこのときは鼻で息はできません)

手術後の結果

認可されて嬉しい

ガーゼを取ったときのの感動は忘れられません。

普通に鼻で呼吸ができたのですから。

普通の人からしたら鼻で息ができるのが当たり前でしょうが、私にとってはこんなことはありませんでした。

さらに鼻水もなくなったため、ティッシュを使う量が激減しました。

とても嬉しかったですね。イメージ的には柔軟剤のボールドのCMで外国人の方の周りに花が出てきたパーッとなっているような感じです。

ただ、手術後1カ月程度は出血する可能性があるので運動はできないということは注意が必要です。

最後に

笑顔

先生にはまれに再発する人がいると言われていましたので心配していました。

しかし、手術を受けてから10年ほど経ちましたが、その後特に副作用や再発などはありません

もちろん今もしっかり鼻呼吸できていますし、アレルギーの検査をすると花粉にも反応は出るものの、鼻の症状はほとんどありません。

鼻で息ができることで集中力も上がった気もしますし、喉を痛めることも少なくなりました。

たまに風邪を引いたときに鼻水や鼻づまりになることがあり、逆に懐かしく感じます。そしてこの状態で20年以上もよく生きてきたなと思ってしまいます。苦笑

それくらい改善したことは私の人生を大きく変えた出来事でした。

もし、昔の私と同じように鼻炎で苦しんでいる方がこんな治療法もあることを知っていただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク