私は、前職がかなりのブラック企業でそのストレスからか散財してしまい、500万円ほどの借金をしていました。

※どんなブラック企業だったかはこの記事「転職のすすめ。ブラック企業はいますぐ辞めて転職しよう。」に書いていますのでご覧ください。

借金の内訳はいろいろですが、いくらブラック企業だったとはいえ、借金をしてしまったのは私の責任です。

それを何とか返していこうと思いましたが、500万円の借金があると毎月返済していても利息しか払えず、元本が減っていかなかったため、首が回らなくなり、結局、2015年4月に債務整理(任意整理)を行うことになってしまいました

任意整理とは、利息は勘弁してもらい元本だけを分割して返していくというものでコツコツと払っていますが、2018年10月現在も残り200万程度の支払いが残っています。

債務整理を行うと問答無用でブラック(信用情報機関に「事故情報」が載ってしまう)になり、本来、最低5年はクレジットカードを作ることやローンを組むことが出来なくなります

そんな私でも債務整理してから3年5カ月ほど経った2018年9月にクレジットカードを作ることができましたのでご紹介します

スポンサーリンク







債務整理経験者でも発行できたクレジットカード

私が発行できたクレジットカードは、ANA American Express Card(ANAアメックス)です。

私は、債務整理をするとクレジットカードが作れないことはネットで調べて知っていましたが、2年ほど前にダメ元で1度ほど申し込んでみたものの、やはり審査落ちしていました。

当時は「やっぱりな」という気持ちでその後は特に申し込みもせずそのままにしていたのですが、ふといろいろネットで調べているとANAアメックスはブラックという情報よりも現在の属性(年収や職業など)を優先するということでしたのでまたダメ元で申し込んでみることにしました。

【申し込み当時の私の属性】

  • 年収540万円
  • 正社員(勤続4年)
  • 独身(一人暮らし)
  • 賃貸(会社の寮)

申し込んだ直後は、「今回もやっぱりダメだろうな」と思っていましたが、ほんのわずかな望みをかけていました。

ANAアメックスと同時にこちらも審査がゆるいと言われているLifeカードの申し込みも行いました。

申し込んだ日が2018年9月17日のことでその時のメールがこちらです。

AMEX申し込み

その後、2、3日してすぐにLifeカードは審査落ちの連絡が来ました。

ANAアメックスも同様にダメだろうなと思っていましたが、審査落ちのメールは来ませんでした。

そして申し込みからちょうど1週間が経った2018年9月24日になんとこちらのメールがきました。

AMEXようこそ

このようこそ、アメックスへ。というメールは審査に通ったことを意味しています!

9月24日というと祝日でしかも20時という時間にメールが来たのはなぜだかよく分かりませんでしたが、審査に通って嬉しかったです。(海外で審査をしているからなのでしょうか)

しかも、利用限度額(AMEXでは全体で利用できる限度額ではなく、一度に使用できる金額)は、100万円でかなり多いなという印象でした。

ANAアメックス公式ページ

ANA American Express Card(ANAアメックス)とは?

ANAアメックスカード

ANAアメックスは、その名の通り、ANA(全日空)とアメックスが提携しているカードです。

年会費が7,000円+消費税(ポイントをマイルに交換するためのポイント移行コースは6,000円+消費税)となっており、安くはない金額ですが、毎月の固定費や買い物でポイントを貯めれば年会費分も回収できると思います。

ただ、年会費7,000円というのは通常のアメックスカード(グリーンカード)の12,000円よりも安くかなりお得な料金設定になっています。

また、ポイント移行コースは毎年加入する必要はなく、3年に1度加入すれば良いため、かなり年会費が抑えられます。

つまり、3年で7,000円 x 3 + 6,000円 = 27,000円 + 消費税を支払えば存分にサービスを受けられるということになります。

ANAアメックスはポイントを貯めやすいことでも知られており、ポイント制度についてはこちらの「ANAアメックスカードで貯まるポイントは2種類!複雑なポイント制度を理解してしっかり貯めよう!」に記載していますのでこちらもぜひご覧ください。

その他の特徴としてはANAと付いているだけあって全国約30箇所の空港ラウンジが無料で使えたり、ショッピング保険が充実していたり、アメックス会員向けの有料イベントに参加できたりと他のゴールドカード並みの待遇が得られます。

クレジットカードはどれだけ利用したかが分かりづらく、ついつい使いすぎてしまいがちですが、アメックスではカードの利用状況をスマホのアプリですぐ確認可能であるため、使いすぎる心配もありませんね。

また、ANAアメックスカードそのものに楽天Edyを搭載しているため、予めチャージをしておけばコンビニなどの少額決済時にクレジットカードは出しにくいという方でもキャッシュレスで支払いを行うことができます。

スマホを用いてANAアメックスカードから楽天Edyへのチャージはこちらの「ANAアメックスカードの楽天Edyにスマホでチャージする方法をシェア!」に記載しています。

最後に

クレジットカード払い

債務整理をしてから3年半はクレジットカードを持っていなかったのでクレジットカードが無くてもなんとか生活できていた(どうしてもクレジットカードが必要な場面ではデビットカードで過ごしていた)のですが、クレジットカードで払うとお得なことも多く(東海道新幹線のEXPRESS予約やETCなど)今回アメックスカードが作れたので生活費を抑えられます

アメックスカードといえばステータス性の高いカードと呼ばれていますが、それを作ることができたということはリアルの知人に債務整理経験者でブラックであるということをバレる心配も無さそうです。

今回の結果から評判通りANAアメックスは現在の属性を審査の基準にするようですね。私が審査に通ったということは安定した収入がある方であれば審査に通る可能性が高いと思われますので他のカードの審査落ちしてしまった方も一度ANA AMEXを申し込んでみてはいかがでしょうか。

私がANAアメックスを作ったときは年収が540万円でしたが、ネットの口コミを見ると300万円以上なら審査に通るという話もよく見ますのでこれまで他のクレジットカードの審査が通らなかった人もチャレンジしてみる価値はあると思います。

先日、ニュースにもなっていましたが、日本では現金社会であるが、政府はキャッシュレス化を促進していくと発表していくるため、今後さらにクレジットカード払いをするとお得になる場面もでてくると思われます。

今のうちにクレジットカードを手にしてお得なサービスを活用しましょう。

ANAアメックス公式ページ

スポンサーリンク