先日、自宅に光インターネット回線(光回線)を引くとたくさんのメリットがありますよとお伝えしました。

家でインターネットをするのであれば光回線を引いてWi-Fiもしくは有線LANで接続することが一番速いですし、間違いなくコスパも高いです。

しかし、先ほどの記事の中で「1つ注意することがあるとすれば、マンションやアパートなどの集合住宅にお住まいの場合、光回線が引き込めない場合があります。」ともお伝えしています。

なぜ引き込めない場合があるかと言いますと、光回線をマンションやアパートなどに新たに引き込もうとすると建物に穴を開けたり金具を取り付けたりする必要が出てくるため、その建物の持ち主(大家さん)が建物に傷を付けられたくないという理由でOKを出さないということがあるからです。

そうなると残念ながら光回線を引くことはできなくなってしまいます。

そんな方には、モバイルルーター(Wi-Fiルーター)ホームルーターを契約することで通信量の節約を行うことが可能です。

モバイルルーター(Wi-Fiルーター)とは?

モバイルルーター

モバイルルーターとは、上の写真のようなものでスマホやパソコン(PC)などの通信機器とインターネットを繋ぐ際の中継役として動作する機器です。

スマホやPCとモバイルルーター間はWi-Fiで接続し、モバイルルーターがインターネットに接続してくれます。

モバイルルーターは「モバイル」という名の通り、持ち運び可能なものですのでマンションやアパートを傷付けることはありませんのでどんな物件でも使用することができます。(機種によっては直接コンセントに挿すことで動作するタイプもあります)

ホームルーターとは?

SoftBank Air

ホームルーターとは、上の画像のようなものでモバイルルーターと同様に工事不要で自宅のコンセントに挿すだけでWi-Fiが使用可能になる機器です。

ホームルーターの役割は、モバイルルーターと同じでスマホやPCなどの端末とインターネットを繋ぐ中継役となります。

これだけ聞くとモバイルルーターと同じように聞こえますが、ホームルーターはその名の通り、自宅専用となっており、自宅内の至る所に電波が届きやすい設計となっているところが大きなメリットとなっています。

モバイルルーター / ホームルーターのメリット・デメリット

モバイルルーター / ホームルーターのメリット・デメリットを簡単な表にまとめました。

モバイルルーター/ホームルーターのメリット・デメリット

モバイルルーター / ホームルーターのメリット

モバイルルーター メリット

光回線を引くメリットは「1. 通信スピードが速い」「2. 速度制限を気にしなくて良い(使い放題)」「3. 複数台の機器を接続可能」というものがありました。

ではモバイルルーターはこれらのメリットを享受できるのでしょうか。

結論から言いますとモバイルルーターの場合、上記2と3のメリットである速度制限を気にしなく良いはほぼ享受することができます。

まず、 2. 速度制限を気にしなくてよい(使い放題)についてですが、これは厳密に言うとモバイルルーターの場合、無制限に使い放題ではありません。

契約する会社やプランにもよりますが、有名なUQWimaxであれば月間の通信量に制限はありませんが、3日間で10GB(ギガバイト)以上を使用すると速度制限がかかります。(速度制限がかかってもYouTubeの標準画質は見れる程度の速度は出ます)

これを聞くと「微妙じゃん。」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、スマホの通信プランを見ると月間で10GBを提供しているプランはかなり容量の多いプランですよね。

それを3日間で使おうと思うとDVD画質の動画を丸ごと毎日1本ダウンロードしないと到達しない計算になります。

そう思うとほぼ速度制限は気にする必要が無くなりますね。

そして、3. 複数台の機器を接続可能については、そのままメリットを享受することが可能でスマホとPCとタブレットを接続したとしても問題ありません。

また、モバイルルーターは持ち運び可能であるため、自宅の中だけでなく、外出先で持ち運んでスマホやPCをモバイルルーターに接続することでWi-Fi環境がない場所でもインターネットに接続することができるのが、光回線には無いメリットになります。

そのため、自宅でも外出先でもモバイルルーター経由でスマホを利用していればスマホの通信量を使わずに1カ月まるまる過ごすということも可能になります。

5年ほど前の話になりますが、スマホの通信量によって毎月の料金が決まっていた(従量課金)ときにモバイルルーターでずっと通信することによって毎月のスマホ料金を抑えていました。

最近ではそのような料金体系はあまり見かけませんのでそこまでする必要はないと思いますが、たくさんの通信機器をお持ちの方や家ではたくさん動画を見たいなんていう方にはとてもオススメです。

また、モバイルルーター、ホームルーターの大きなメリットに工事不要で利用可能、そして引っ越し時に手続き不要でそのまま利用可能ですので転勤などでよく引っ越しされる方などにもとてもオススメです。

モバイルルーター / ホームルーターのデメリット

モバイルルーター通信スピードが遅い

モバイルルーターには残念ながらデメリットもあります。

光回線に比べるとやはり通信スピードという点においては遅くなってしまいます。

先日の記事でもお見せしたとおり、私のスマホを家のWi-Fiに繋ぎ通信スピードの計測をしたところ200Mbpsという計測結果が出ました。

ちょっとこれは出来すぎな速度なのですが、モバイルルーター(Wimax)ではこちらのサイトによると実質的には20Mbps程度の速度になるようです。

もちろん、時間帯や場所によってもっと速度が出る場合もあります。

光回線の場合、Wi-Fiから先は光ファイバーですが、モバイルルーターの場合、Wi-Fiから先も無線通信のため、どうしても速度が遅くなってしまうのは仕方ありません。

しかし、20Mbpsの速度は、重たいファイルのダウンロードには少し時間が掛かるかもしれませんが、YouTubeなどの動画サイトで動画を見る程度あれば特に困らない速度です。

このデメリットは、光回線と比べてしまうと見劣りするもののそこまで気にするほどのものではないと考えています。

また、モバイルルーターのデメリットである「電波が届きにくい」というデメリットは、一軒家のような大きな家庭でなければ問題無いレベルですが、もし一軒家にお住まいの方はホームルーターを選ぶことをおすすめします。

おすすめモバイルルーター(UQ WiMAX Speed Wi-Fi NEXT WX05)

UQ WiMAX Speed Wi-Fi NEXT WX05

深田恭子さん、多部未華子さん、永野芽郁さんがCMを務めているUQmobileと同じ会社が運営しているUQコミュニケーションズ株式会社のUQ WiMAX(Speed Wi-Fi NEXT WX05)です。

月額料金3,880円のギガ放題プランでは、その名の通り、WiMAX 2+と呼ばれる通信方式であればギガ使い放題(3日で10GBで速度制限)で使用することができるため、ギガを気にする必要が無いのが大きなメリットです。(LTEの場合は、7GB/月まで)

WX05は、下り最大440Mbps/上り最大75Mbpsのスペックがあり、十分な通信速度を出すことができます。

おすすめホームルーター(SoftBank Air Airターミナル)

SoftBank Air

上戸彩さんなどがCMを務めているSoftBankから発売されているSoftBank AirのAirターミナルです。

SoftBank Airは、下り最大962Mbpsという高速回線とギガ使い放題がウリのサービスです。

先ほどご紹介したUQ WiMAXと違い、完全にギガ使い放題で速度制限が無いこともとても大きなポイントです。

月額料金は、4,880円ですが、当サイトからお申込みいただくと最安1,717円(12カ月間)で使用することが可能です。

モバイルルーター / ホームルーターどっちを選ぶ?

モバイルルーターと外箱

冒頭で光回線を引くことを許してもらえないマンションやアパートがあるとお伝えしましたが、仮に引くことは許してくれたとしても退去する際にそれらを撤去してくれと言われる場合もあります。

基本的に撤去費用は自己負担ですのでそれは大変ですよね。

長期間その物件に住むのであればそれでも良いかもしれませんが、そんなに長く住む気がない場合、撤去費用は負担になってしまいます

そんなときにもモバイルルーターやホームルーターは活躍してくれます。

モバイルルーター、ホームルーターを自宅で活用するだけでも毎月の速度制限から解放されることは間違いありません

こんなメリットの大きいモバイルルーターやホームルーターですが、どちらを選ぶかは人によりますが、当サイトのおすすめはモバイルルーターです。

モバイルルーターは、いざとなれば外出先でも使用できますのでPCやタブレットなどSIMを搭載していない端末でもどこでも使用できます。

普段ギガが足りず困っている方、自宅に固定光インターネット回線を引くことが難しい方はぜひご検討ください。