早いもので2018年ももう12月の中旬ですね。

多くの方がお仕事で年末の締めなど慌ただしくされていると思います。

締めといえばお仕事もそうですが、ふるさと納税の締めも12月までです。

ふるさと納税って聞いたことあるけどよく分からないという方に簡単に説明させていただきます。

  • ふるさと納税は地方自治体に寄附した金額に応じてその自治体から返礼品と呼ばれるいろいろな品物が貰えます
  • 寄附できる金額は自身の収入などによって変動します。
  • 手続きをすることで寄附した金額 – 2,000円が所得税や住民税から控除されます。(50,000円寄附した場合、48,000円が控除対象)
  • 控除の手続きは確定申告もしくはワンストップ特例制度で行うことができます。(ワンストップ特例制度は確定申告しなくても寄附した自治体に書類を返送するだけで簡単に手続き可能なものです)

このため、実質2,000円でいろいろな返礼品をもらうことができるお得な制度でなかなか節税が難しい私のようなサラリーマンにも簡単に行うことができるものになっています。

ふるさと納税についての詳細はふるさと納税が簡単に行えるサイトである「ふるなび」で説明されていますのでそちらをご覧ください。

私ももちろんお得なふるさと納税で毎年寄附を行っており、今年で3回目でした。

そんな私がこれまでどんな返礼品をもらったかご紹介します。

ふるなび公式ページ

2016年 福島県いわき市 DNS サプリメントセット

DNS プロテインホエイ100

2016年は、福島県いわき市に寄附を行い、DNSサプリメントセットをいただきました。寄附した金額は40,000円でした。

DNSは、株式会社ドームが販売しているサプリメントブランドでプロテインなど数多くの商品を販売しています。

私はウエイトトレーニングを行うとともにプロテインも多く摂取しているため、この返礼品を選びました。

サプリメントセットとありますが、内容はプロテイン1kg(味は選べますが、私はチョコレート味を選びました)とR4というトレーニングで酷使した体のリカバリーに効果的なサプリメントです。

このプロテインとR4を普通に購入すると11,000円程度しますが、寄附金額の内38,000円は控除されますので9,000円程度お得にこれらの商品をゲットできました。

また、この時はふるさとチョイスというサイトからふるさと納税の申し込みを行いました。

ふるさとチョイスでDNSサプリメントセットを確認する。

2017年 長野県飯山市 iiyama製 25型液晶ディスプレイ「iiyama ProLite XU2590HS」

iiyama ProLite XU2590HS

2017年は、長野飯山市へ寄附を行い、iiyama製のパソコン用の外付けディスプレイをいただきました。寄附した金額は、50,000円です。

iiyamaは、マウスコンピューターのディスプレイのブランドで品質が良いことで知られています。

また、マウスコンピューターは、乃木坂46のメンバーがCMをやっているのでご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私はそれまで自宅ではノートパソコンの画面のみで作業をしていたのですが、会社ではもちろん外付けディスプレイを使用しており、やはり外付けディスプレイが欲しくなったのでこの返礼品を選びました。

このiiyama ProLite XU2590HSディスプレイを普通に購入すると22,546円ですので20,000円以上お得にディスプレイをゲットできたことになりますね。

この年からは、ふるなびからふるさと納税を行いました。

2018年12月現在は、規制もあって私がゲットしたディスプレイと同様のものを申し込むことはできますが、iiyama製のディスプレイを申し込むことは可能になっています。

ふるなび公式ページ 

2018年 佐賀県吉野ヶ里町 日本旅行ギフトカード(3万円分)

日本旅行ギフトカード

2018年は、佐賀県吉野ヶ里町に寄附を行いました。日本旅行ギフトカードをいただける予定です。寄附金額は60,000円でした。

こちらは2019年に入ってから発送されるようなのでまだ手元にはありません。

2018年はとてもこのギフトカードがとてもお得ということでしたので申し込みを行いました。

こちらのギフトカードは30,000円分ということですので28,000円お得にゲットできたことになります。

2018年12月現在は、佐賀県吉野ヶ里町はこのギフトカードの募集はしていませんが、和歌山県高野町では同様のギフトカードがもらえるようです。

2018年もふるなびからふるさと納税を行いました。

ふるなび公式ページ

最後に

田舎の風景

ふるさと納税は、お得な制度に間違いないのですが、年末ぎりぎりになってしまうとワンストップ特例制度が使えなくなってしまいます

ワンストップ特例制度が使えなくても確定申告を行えばいいのですが、普段自分で確定申告を行わないサラリーマンにとってはとても面倒な作業ですのでワンストップ特例制度が使えるように早めに行うことをおすすめします。

私は、初めてふるさと納税を行った2016年はこのことを知らずに12月24日にふるさと納税の手続きを行ってワンストップ特例制度が使えず、確定申告を行うことになってしまいました。

また、ふるさと納税が安心してできる有名サイトは、今回ご紹介しましたふるなびふるさとチョイスをの他にもさとふる楽天ふるさと納税などサイトによって選べる返礼品が違ったりしますのでいろいろ見てみるときっと気に入る返礼品が見つかりますよ。

ふるさと納税には地域名産の食品などがたくさんラインナップされていますのでぜひいろいろ見比べてお得な返礼品をゲットしてください。

ふるなび公式ページ