先日、いろいろなプロテインの種類について「プロテインの種類を知って目的に合ったプロテインを見極めよう!」の記事でシェアしました。

その中で私のおすすめはホエイプロテインですとお伝えしました。

しかし、ホエイプロテインといってもいろいろあるため、高品質なプロテインを選ぶことが大事です。

高品質なプロテインを摂取することでトレーニング効果を高めることができます。

そこで今回は、海外製 / 日本製それぞれの安くて品質が高いホエイプロテインをシェアします。

スポンサーリンク







海外製プロテイン

海外製のプロテインと聞くと変な成分が入ってるんじゃないかと心配になるかもしれませんが、全く問題ありません。

海外製のプロテインは私も含めて多くのトレーニーが使っていますが、副作用などは聞いたことありませんし、ドーピングに引っかかったなんて話も聞いたことありません。

それどころか、海外製のプロテインのほうがたんぱく質の含有量が高かったり、値段も安いです。

値段が安い理由は、日本に比べて海外のほうがプロテインを消費する量が多く、大量生産することになるため値段を安くすることができるからです。

また、Amazonなどでこれらの海外製プロテインを購入することもできますが、海外から個人輸入したほうが値段が安いです。

そのため、私は海外製のプロテインをオススメします。

私も海外製のプロテインを飲んでいます。

1. Optimum Nutrition ゴールドスタンダード

Optimum Nutrition ゴールドスタンダード

たんぱく質含有量(100gあたり):78.9g

値段(1kgあたり):2,899円(iHerbで5ポンドを購入した場合)

海外製のホエイプロテインといえばまずは、このOptimum Nutrition(ON)のゴールドスタンダードです。

トレーニングをする人なら誰でも知っているプロテインで味も良いのが特徴です。

ONのプロテインは、Amazonや楽天でも購入可能ですが、iHerbといういろいろなサプリメントなどを取り扱っているサイトから購入すると安く購入することが可能です。

iHerbで購入すると海外から発送されるため、数日~1週間程度の期間を要しますが、少し待つだけで安く購入できるならそのほうが良いですね。

iHerbでONのプロテインを確認する。 

2. MYPROTEIN IMPACT ホエイプロテイン

MYPROTEIN IMPACT ホエイプロテイン

たんぱく質含有量(100gあたり):82g

値段(1kgあたり):1,680円(公式ショップで5kgを購入した場合)

とにかく安くて品質の高いプロテインならMYPROTEINのIMPACTホエイプロテインです。

ただ、MYPROTEINは注文してから手元に届くまでiHerbに比べると少し時間がかかる(注文から9日で到着)こと、梱包されている段ボールがちょっとボロボロなのが気になるところです。(公式ショップから購入した場合)

※中身がこぼれているなんてことはもちろんありません。

味は美味しいですが、少し溶けにくいため、しっかりとシェイクしたり、電動シェイカーなどを使うと良いでしょう。

MYPROTEINのImpactホエイプロテインはこちらの「新パッケージのMYPROTEIN Impactホエイプロテインをレビュー!」でレビューしていますのでぜひご覧ください。

私はとにかく値段の安さとたんぱく質含有量を重視しているため、このプロテインを愛用しています。

created by Rinker
MyProtein(マイプロテイン)
¥2,086 (2019/02/20 06:10:47時点 Amazon調べ-詳細)

MYPROTEINのプロテインもAmazonや楽天よりも公式ショップから購入したほうが値段が安いため、公式ショップから買うことをオススメします。

MYPROTEIN公式ショップを確認する。 

3. MusclePharm コンバット100%ホエイプロテイン

MusclePharm コンバット100%ホエイプロテイン

たんぱく質含有量(100gあたり):75.75g

値段(1kgあたり):2,215円(iHerbで5ポンドを購入した場合)

こちらも定番のMusclePharm(マッスルファーム)のホエイプロテインです。

ONのゴールドスタンダードと同様にたんぱく質含有量が高いことが特徴です。

MusclePharmのプロテインは海外製だけあり、かなり甘いため、甘いものが好きな方にはおすすめです。

こちらもAmazonや楽天でも購入することが可能ですが、iHerbから購入するととてもお得に購入することが可能です。

iHerbでMusclePharmのプロテインを確認する。 

日本製(国産)プロテイン

いくら海外製が安いし、品質も高いからオススメと言われてもやはり海外製には抵抗あるという方もいらっしゃるでしょう。

そんな方には国産のプロテインをオススメします。

1. RealStyle be LEGEND(ビーレジェンド) ホエイプロテイン

RealStyle be LEGEND(ビーレジェンド)

たんぱく質含有量(100gあたり):75g

値段(1kgあたり):3,980円

ビーレジェンドは、公式HPを見るとちょっと怪しい感じがしますが(笑)とても品質の高いプロテインです。

ビーレジェンドのプロテインは、たんぱく質含有量が100gあたり75gと少なめですが、何より溶けやすく味が美味しいことが特徴です。

また、味のバリエーションもどんどん増え、この記事の執筆時点で16種類もあります。

そして他のプロテイン業者は、3kg、5kgの大容量パッケージを販売しているものがほとんどですが、ビーレジェンドは大容量パッケージを販売すると空気に触れる時間が長くなり、品質劣化を起こしやすいという理由から1kg単位でしか販売していないという品質にこだわりを持っています。

国産でとにかく品質が高いプロテインを飲みたいという方には一番おすすめです。

私は現在、海外製のプロテインを飲んでいますが、海外製のプロテインを飲む前はビーレジェンドのプロテインを飲んでいました。

今でももし国産のプロテインを飲むとしたらビーレジェンドを選びます。

2. バルクスポーツ ビッグホエイ

バルクスポーツ ビッグホエイ

たんぱく質含有量(100gあたり):75.2g

値段(1kgあたり):2,880円(5kgを購入した場合)

ビッグホエイも国産プロテインではとても人気の高いプロテインです。

ビーレジェンドでは扱っていない大容量パッケージも取り扱っており、5kgで購入することでビーレジェンドよりも安価で購入することができます。

3. エクスプロージョン 100%ナチュラルホエイプロテイン

エクスプロージョン ホエイプロテイン

たんぱく質含有量(100gあたり):78g(プレーン味)、69.2~75.6g(味付き)

値段(1kgあたり):1,998円(3kgを購入した場合)

エクスプロージョンのプロテインは、とにかく安価なことが特徴です。

国産でたんぱく質含有量も多く、安価なプロテインを求めている方にはエクスプロージョンがおすすめです。

ただ、味や溶けやすさはいまいちという難点があります。

国内製プロテインのほうが海外製プロテインよりも安い?

改めて今回ご紹介したプロテインの1kgあたりの値段を比較してみます。

国内製 / 海外製
名称
1kgあたりの値段
100gあたりのたんぱく質含有量
海外製Optimum Nutrition ゴールドスタンダード2,899円78.9g
海外製MYPROTEIN IMPACT ホエイプロテイン1,680円82g
海外製MusclePharm コンバット100%ホエイプロテイン2,215円75.75g
国内製RealStyle be LEGEND ホエイプロテイン3,980円75g
国内製バルクスポーツ ビッグホエイ2,880円75.2g
国内製エクスプロージョン 100%ナチュラルホエイプロテイン1,998円78g(プレーン味)
69.2~75.6g(味付き)

このように比較してみるとMYPROTEINはとにかく安くたんぱく質含有量も多いことが分かりますが、国内製のエクスプロージョンに比べるとOptimum Nutrition ゴールドスタンダードやMusclePharm コンバット100%ホエイプロテインはそんなに安くないと思うかもしれません。

ただ、この値段はiHerbの定価です。実際には頻繁にセールをやっていたり、セールはやっていなくてもこちらのコード「FPQ298」を会計時に入力いただくことで5%オフで購入することが可能です。

そしてiHerbでショッピングをすると次回使えるクーポンがさらに10%付いてきますので定期的に購入する方はお得に購入することが可能です。

エクスプロージョンのプロテインは品質は良いものの、味や溶けやすさがいまいちで味付きのプロテインの場合、たんぱく質含有量が落ちてしまうのが残念なところです。

それらを鑑みると海外製のプロテインを愛用されている方が多いことも納得がいきます。

注意点としましては海外製プロテインは為替の影響で金額が変わることがよくありますので金額が高いときは国内製のプロテインを購入し、金額が安くなった時に海外製プロテインをまとめ買いするというのも良いと思います。

最後に

プロテインパウダー

多くのプロテインを紹介してきましたが、みなさんが聞いたことがあるザバスやウイダー、DNSなどが入っていませんね。

なぜ紹介しなかったかといいますと残念ながらこれらのプロテインは、とにかく値段が高いです。(値段が高いからといってたんぱく質含有量が多いわけでもない)

たまにしかプロテインを飲まないのであればよいのですが、たんぱく質はトレーニングをしない日でもしっかり摂取したほうが良いため、意外とすぐ消費してしまいます

そうするとやはり金額が大きくなってきますのでできれば安いプロテインが良いですよね。

そこで今回のラインナップとさせていただきました。

安くて高品質なプロテインを摂取してより効果的に理想の体を目指しましょう。

※今回ご紹介した金額は、為替の影響等で変更になることがあります。

スポンサーリンク