おすすめ光プロバイダおすすめ格安SIM

システムエンジニアからシステムエンジニアへの転職で有利な転職サイトの書き方や気を付けたいことを完全解説!

現役システムエンジニア歴13年でエンジニアの採用も担当しているきのこくんです。

採用を担当していて転職サイトの書き方のせいで損している方がとても多いなと思うことです。

転職サイトの書き方よりも何をやってきたかが重要じゃないんですか?

もちろんどんな仕事をやってきたか、どんなスキルがあるのかはとても重要ですが、それが分からない方がとても多いんですよね。

転職したいのであれば転職サイトへのプロフィール、職務経歴、自己PRや志望動機などの書き方に注意することで採用担当者の目に留まりやすくなります。

そこで本記事ではシステムエンジニア(SE)からシステムエンジニアへ転職するための転職サイトへの書き方を採用担当が具体例を交えて解説します。

転職サイトでのプロフィール / 職務経歴 / 自己PR / 志望理由の書き方

早速、採用担当者の目に留まりやすい転職サイトの書き方をご紹介します。

何か特別な書き方があるんですか?

特別ということはありません。誠実にITに詳しくない方に解説するように記入することが大切です。

プロフィール欄の書き方

プロフィール欄で私がよく見ているポイントがこちらです。

  • 希望年収は高すぎないか。
  • 希望職種は的外れでないか。

転職活動をしている理由が「年収をアップしたいから」という方も多いと思います。

ですが、スキルや経験に見合わない希望年収を書いてもなかなかうまくいきません

例えば、26歳で大卒後、プログラマー(PG)として製作(プログラミング)と単体テストを担当、現在年収400万の方が希望年収600万円などと書かれている方がいます。

申し訳ないですが、プログラミングと単体テストしか経験の無い方に600万円という大金を払うことはできません

本当に600万以上じゃなければ転職したいというのでなければ良いですが、そうでなければあまり無理な希望年収は書かないようにしてください。

希望年収を適正にするだけでプロフィールを採用担当者に見てもらえる可能性が高くなります

企業もいくらでもお金があるわけではないですもんね。

他にとても魅力的なスキルや経験があれば別ですがそうでなければいきなり多額の年収アップは難しいです。

希望職種についても同様でスキルや経験に見合わない希望職種は書かないようしてください

例えば、先ほどの例で製作と単体テストしか担当をしてこなかった方がプロジェクトマネージャー(PM)希望と書いても転職成功は難しいです。

SEのキャリアとしては一般的にPG→SE→プロジェクトリーダー(PL)→PMとなりますのでPGしかやってことなかった人がいきなりPMになるのは難しいです。

そのため、現在の職場でPGばかりでSEにキャリアアップしたいというのであれば分かりますが、いきなりPM志望は難しいと思ってください

IT業界だからといってどの職種に転職できるってわけではないんですね。

年収同様、キャリアアップも飛び級は難しいと考えてくださいね。

ちなみに資格って取ったほうがいいんですか?

SEの仕事をするためには資格は必須ではありませんが、採用担当者の目に止まりやすくなります!

資格を取得することで採用担当者にあなたが努力していることが間違いなく伝わるため、資格はあって損はありません。

おすすめの資格は、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が実施している情報処理技術者試験の中の応用情報技術者試験以上です。

取得する資格によっては、あまりプラスに働かないものもありますので注意が必要です。

職務経歴の書き方

職務経歴ではこのような書き方をされている方を多く見かけます。

職務経歴のいまいちな例

2016年4月~2017年12月 〇〇株式会社△△システムの製作、単体テストを担当。

2017年12月~ 株式会社○○

客先常駐にて詳細設計~テストを担当。

どんなシステムを扱っていてどんな実績をあげたのか、どんなスキルがあるのか分かりませんね。

職務経歴は、採用担当者への最初のアピールです。機密なものを除いてできる限り詳しく書いてください。

例えばこんな書き方はいかがでしょうか。

職務経歴の修正案

2016年4月~2017年12月 〇〇株式会社

△△工場向けデータ収集/管理システム更新(2016年6月~2017年11月)

【プロジェクト概要】システム老朽化に伴うシステムの更新および機能増強。

【OS】Ubuntu 14.04

【言語】C言語 / shell

【役割】メンバー

【プロジェクト規模】要員3名(全体7名)

【担当フェーズ】プログラミング、単体テスト

【業務内容】
・データ伝送プログラムの開発、テスト
・組合せテスト、総合テストの評価
・テスト仕様書の作成

【実績・取り組み等】
・プログラムを製作するにあたってまず、要求仕様を正確に満たすよう意識しました。

・次に改造する方が改造しやすいようにすべての人が見やすいプログラム製作を心掛けました。

・システム立ち上げ後、私が担当した部分のプログラムの不具合はゼロでした。

2017年12月~ 株式会社○○

□□工場向け××システム更新(2018年1月~2020年1月)

【プロジェクト概要】システム老朽化に伴う更新およびクレーン自動化機能の増強。

【OS】Red Hat Linux

【言語】C / shell

【役割】メンバー

【プロジェクト規模】要員3名(全体10名)

【担当フェーズ】詳細設計、プログラミング、単体テスト、結合テスト、総合テスト

【業務内容】
・仕様凍結後の詳細設計~プログラミング、テスト
・オンライン後のオペレータサポート

【実績・取り組み等】

これまでオペレータが手動操作していたクレーンを自動化する機能の詳細設計からを担当しました。(ランダムに積まれている製品を優先度に従ってどうすれば効率よくラインが使用できるか判断し搬送する機能)。その中で、クレーンが自動化することで、オペレータから製品の搬送理由の問い合わせが来ることからなぜその理由を解析できる仕組みを設計し、オペレータからの問い合わせに迅速に対応できる仕組みを構築しました。

かなり長くなりましたが、具体的に書くことであなたの経験やスキルを採用担当者に的確に伝えることができます。

具体的に何をやってたか分かりますね。

経験が長くなるほど記載量が増えてしまいますが、キャリアの中でキーとなるプロジェクトや業務を重点的に記載してください。

実績については、小さな改修案件が多いと書きづらいとは思いますが、案件の中で工夫したこと、苦労したこと、それをどう乗り越えたかなどを具体的に書いてアピールしてください

自己PRの書き方

自己PRにはこのような書かれ方をしている方がとても多いです。

自己PRのいまいちな例

【現在の業務】××システム更新案件で詳細設計~製作、テストまでを担当しています。

【長所】細かい作業、確認作業を行うための集中力と忍耐力です。

【使用言語】C言語を主に利用しています。テストツール作成のためにshellを使用しています。

PRのはずなのにやってきた事実を書いているだけに見えますね。

自己PRですから今までやってきた業務で何を得て何が自分の強みなのか、転職後どう生かせると思うのか書くといいですね。

例えばこんな書き方はいかがでしょうか。

自己PRの修正案

これまで従事してきました工場は、24時間稼働であり、トラブルによるライン停止は、莫大な損害を生み、それを取り戻すことは困難です。そのため、システム起因によるトラブルは絶対に避けなければならないことから設計の際には、異常ケースやレアケースを十分に検討し、品質向上に努めてきました。

また、エラーとなった場合のトレーサビリティを重視し、早期に復旧可能な設計を行ったことでライン停止を伴うトラブルはゼロ、エラーの際にもすぐに対応可能となりました。

クレーン自動化案件では、ただ機能の設計を行うだけでなく、案件の目的であるオペレータの削減という目的を十分に理解し、オペレータが少なくなっても対応可能となるよう、画面レイアウトの設計や分かりやすいメッセージの表示を心がけました。

これにより、当初の計画よりも更に一人のオペレータの削減を達成することができました。

私はこれまでトラブルは絶対に許されない環境で業務を行ってきたころから品質の高いシステムを構築することができ、今後の業務にも生かせると感じています。

私はこれまで詳細設計~テストまでを担当してきましたが、今後は更に上流工程を経験し、キャリアアップを図りたいと考えています。

かなり具体的になりましたね。

担当したプロジェクトの細かい内容は職務経歴に書いていますのでここでは自分がどういう成果を上げたか、今後どうなりたいかを伝えています。

IT業界の方は、箇条書きで簡単に書いている方がとても多いです。

あなたのことをよく知っている人(同僚や上司など)であればそれでも理解してくれるかもしれません。

ただ、採用担当者はあなたのことを何も知りませんので箇条書きは率直に「雑だな」と感じてしまいます

あなたの人柄もこれらから想像しますので丁寧に書くことをオススメします。

志望理由の書き方

志望理由にはこのような書かれ方をしている方がとても多いです。

志望理由のいまいちな例

志望動機としては20代のうちに様々な案件に携わりスキルを磨きたいと考えました。一層頑張って仕事の幅を広げていきたいと思い志望いたしました。宜しくお願い致します。

え、何で応募したのかさっぱり分かりません・・・

そうなんです、採用担当になって本当にびっくりしたのですが、コピペで応募してくる方がとても多いんですよね・・・

新卒の時には、必ず応募する企業のことを研究し、その企業に入りたい理由を書いたはずです。

しかし、転職になると突如、それを書いていない人が多いです。

しっかりと応募する企業になぜ入りたいか、入って何がしたいのか書いてください

志望理由の修正案

御社を志望した理由は、上流工程から下流工程まで幅広い業務を担当できること、自社製品の開発に携われることに魅力を感じたからです。私はこれまで詳細設計以降を担当してきましたが、今後更に上流工程を担当し、一貫したシステム開発を行いたいと考えています。

また、御社の○○アプリは普段から利用しており、どんどん新たな製品を世に送り出している御社の××という理念に強く共感しております。

前職では、トラブルの許されない職場で業務を行っており、その中でもトラブルゼロを達成するなど品質の高いシステムが評価されてきました。

多くの人が利用する御社の製品開発にもこの品質の高いシステム開発能力は貢献できると確信しております。

ちゃんと企業研究しているなと感じますね。

その企業に入ったわけではないのだからその企業のことを100%理解することはできません。しかし、ちゃんと研究してそれに合わせて志望理由を書くのは当然だと思ってください。

転職サイトでは、ボタンをクリックするだけで応募することができます。

だからといって「数打ちゃ当たる」と思って応募しているんじゃないかと思われる志望理由は絶対にやめてくださいね。

転職サイトを上手に使うコツ

プロフィールなどをしっかり書くのはもちろん重要ですが、他にも転職サイトを上手に活用するコツがありますのでご紹介します。

スカウト / オファーはしっかりチェック

企業からのスカウトってあれは自動で送られてくるんですか?

自動で送ってるんじゃないかと思う企業もありますが、ちゃんとあなたのプロフィールを見て送っていますよ。

転職サイトによって呼び方は違いますが、スカウトやオファーといった機能があります。

年齢が若い方やしっかりとプロフィールを書いているとたくさんのスカウトが来ることも多いです。

ただ、採用担当者も時間を掛けてあなたのプロフィールを見て送っていますので目を通していただくことをオススメします。

遡ってスカウトを見直してみたらスカウト特典で面接確定というものもありました。

スカウトによって新しい企業を知ることもできますし、見ていて損はありません!

スカウト登録しているのに職務内容や自己PRが非公開となっている方もいますのでスカウトを受けたいけど何も来ないという方は設定を確認してください

また、定期的に転職サイトにログインすることでオファーを受けやすくなります。

どういうことですか?

スカウトをするために採用側画面でプロフィール検索などをするのですが、基本的に表示順は「最終アクセス日」順に並ぶためです。

最終アクセス日が直近ということは積極的に転職活動をしているということになりますからスカウトを送って応募してもらえる可能性が高いと判断します。

そのため、忙しくて平日は転職活動できないという人でもログインだけでもしておくことをおすすめします。

転職エージェントを活用する

転職エージェントってどうなんですか?

転職エージェントでしか公開していない求人もありますし、うまく活用できれば良い転職ができると思います。

転職エージェントは、専門の方があなたに合った企業を紹介してくれてり、履歴書のアドバイスをしてくれたりしますので活用して損はないです

ただ、転職エージェントの方もビジネスで転職させることで成果となりますので転職成功率の高い同業種、同職種への転職を進められがちということを知っておいてください。

web系からweb系への転職を考えています。

そういう方には転職エージェントはとてもおすすめです。逆に制御系からweb系への転職を目指す場合はあまり向かないといえます。

別職種に転職したい方でも相談に乗ってもらえたり、履歴書を見て貰えたりするだけでもメリットは大きいです。

ただ、同職種への転職でキャリアアップしたいという方にとてもオススメなのが転職エージェントです。

登録しておきたい転職サイト / 転職エージェント

転職サイトはいくつ登録していますか?

1つだけ登録しています。

コピペで良いので複数サイトに登録しておくことをオススメします。

転職サイトはたくさんありますが、企業によっては1つの転職サイトでしか募集をしていないこともあります。

SEに転職するなら登録しておきたい転職サイト / 転職エージェントをまとめました。

転職サイト名特徴
GreenIT企業専門の転職サイト
typeGreenほどではないが、IT企業やエンジニア求人が多い
ミイダス企業からのスカウト、面接確約オファーが多い
マイナビ転職ITエンジニア求人専門転職サイトも持つ大手転職サイト
エン転職エンだけの求人も多数掲載の大手転職サイト
リクナビNEXT大手で転職成功ノウハウが充実している転職サイト
doda転職エージェントが充実している転職サイト
マイナビAGENTIT業界も多い転職エージェント
RECRUIT AGENT求人がとても多い転職エージェント
type転職エージェントIT企業、エンジニア求人に力を入れている転職エージェント
BIZREACH年収アップに重点を置くテレビCMにも力を置く転職サイト

特にGreenとtypeはSEの求人に力を入れていますのでぜひ登録しておくことをおすすめします。

最後に

転職サイトの書き方も重要なんですね。

あなたのことを最初に知るのが転職サイトに記載のある情報です。丁寧にあなたがこれまでやってきたことを書いてください。

転職の上限年齢は35歳までなどと言われていたこともありましたが、SEはどの会社も足りていないため、あなたがしっかりと業務を行ってきたのであれば転職は可能だと思います。

あなたがご希望の企業へ転職するためにも「転職サイトはしっかり書く」「多くの転職サイト/エージェントへ登録する」などをしっかりやってぜひ成功させてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました