先日の記事で筋トレを行うならたんぱく質をしっかり摂ってトレーニング効果を最大化しましょうという記事を書きました。

この中では、たんぱく質は食事から十分な量を摂ることが望ましいが、なかなか難しいのでプロテインを飲みましょうということをお伝えしました。

実は一口にプロテインと言ってもいろいろな種類があることをご存知ですか?

プロテインによって特徴や効果も違ってきますので今回はプロテインの種類についてシェアします。

スポンサーリンク







プロテインの種類

市販されているプロテインは主にこの図のように分類されます。

プロテイン比較

プロテインの比較

ここでは、名称毎に特徴をご説明します。

ホエイプロテイン

ホエイプロテインは、牛乳から作られるプロテインです。

ホエイプロテインは、牛乳の上澄み液から作られるものでたんぱく質の含有量が高く、吸収が早いのが特徴です。

そのため、トレーニング直後に素早くたんぱく質を摂取したい場合などはとても効果的です。

ホエイプロテインの中でもたんぱく質の含有量が90%を超えるものをホエイプロテインアイソレート(WPI)と呼びます。

たんぱく質含有量が多くなる分、脂質の量が少なくなり、最高級のプロテインとなります。

また、お腹がゆるくなる元になる乳糖も一緒に多く取り除かれるため、お腹がゆるい人にもおすすめです。

そしてホエイプロテインの中でもたんぱく質の含有量が90%未満のものをホエイプロテインコンセントレート(WPC)と呼びます。

WPCは、流通量も多く、トレーニングを行っている方には最もポピュラーなプロテインとなります。

ホエイプロテインと書かれていてもたんぱく質の含有量が75%未満になっているものは他の目的が無い限り、効果が薄くなってしまうため、気を付けましょう。

カゼインプロテイン

カゼインプロテインもホエイプロテインと同じく牛乳を原料にして作られるプロテインです。

牛乳に含まれているたんぱく質のうち、吸収の早い20%程度がホエイプロテインとなり、残りがカゼインプロテインとなります。

カゼインプロテインはホエイプロテインに比べて吸収がゆっくり(7~8時間)であるという特徴を持っています。

そのため、寝る前や長時間食事ができない場合などに向いています。

スポンサーリンク



ソイプロテイン

ソイプロテインは大豆を原料にして作られるプロテインです。

ソイプロテインは、価格も多少安く、満腹感が高いため、ダイエットしている方や女性に好まれています

一時期流行った朝食の置き換えダイエットで使われたのがソイプロテインですね。

たんぱく質含有量に関しては、80%程度とホエイプロテインよりも少なめとなっています。

価格は安いものの、粉っぽくなりがちであまり美味しい印象はありません。

ソイプロテインは、植物性のたんぱく質であるため、一部の人からはソイプロテインは効果が無いと言われています。

しかし、ベジタリアンやビィーガンの人でもムキムキの人は多くいるため、効果はあると私は考えています。

エッグプロテイン

エッグプロテインは、卵を原料にして作られるプロテインです。

あまり流通していないので飲んでいる人は少ない印象です。

ホエイプロテインではどうしてもお腹を壊してしまう人はエッグプロテインを飲むというのもいいと思いますが、少し値段が高いのとホエイプロテインよりもたんぱく質含有量が少ないことがネックになります。

ちなみに私は卵アレルギーのため、エッグプロテインは飲んだことはありません。

その他

プロテインは、大きく分けるとここまで書いたような分け方になるのですが、メーカーによっては体重を増やしたい人用や体重を減らしたい人用のプロテインなどが売られていたりしますが、体重の増減はプロテインで行うものではそもそも無いため、気にしなくても良いでしょう。

スポンサーリンク



 

おすすめのプロテインは?

おすすめのプロテイン

いろいろご紹介してきましたが、おすすめのプロテインの種類をご紹介しておきます。

私のおすすめのプロテインは、ずばりホエイプロテイン(WPC)です。

たんぱく質の含有量も高く、値段も手ごろであり、たくさんのメーカーがいろいろな味のプロテインがを出しているため、飽きずに楽しめます。

もし、フィットネスのコンテストに出るような体を目指しているような方はWPIも良いかもしれませんが、WPCでも少し食事に気を使えば十分に補えます。

WPCでお腹の調子が悪くなってしまった場合は、無理に飲み続けないで別のプロテインに変えてみてくださいね。

最後に

オッケー

プロテインの種類や特徴はご理解いただけましたでしょうか。

プロテインは、たんぱく質を効率的に摂取するためのものですのでどのプロテインを購入するにしてもたんぱく質の含有量の表示は、きちんと確認しましょう。

たんぱく質含有量は、75%以上のものが良いでしょう。

粗悪なものでは、ホエイプロテインと謳いながらも実は60%程度しかたんぱく質が含まれていないものなどもあります。

その辺りは、ご自身の目で確かめることをおすすめします。

今後は具体的なおすすめ製品もお伝えしていきたいと思います。

良いプロテインの見極め方を理解してより良い生活を送っていきましょう。

スポンサーリンク