ハイレゾや空間オーディオを聴くならAmazon MusicUnlimitedがおすすめ!

AVIOT TE-BD21j-ltdとTE-BD-21j-ltdpnk(ピヤホン5)の違いは?両方使って分かった機能や音質を徹底比較!

AVIOTの音質重視フラッグシップモデルには、TE-BD21j-ltdTE-BD21j-ltdpnk(通称ピヤホン5)があります。

AVIOT TE-BD21j-ltdとTE-BD-21j-ltdpnk(ピヤホン5)の比較

左:AVIOT TE-BD21j-ltd、右:TE-BD-21j-ltdpnk(ピヤホン5)

 

ピヤホン5は、TE-BD21j-ltdをベースに作られていて基本スペックは似ているものの、バンド凛として時雨のピエール中野さんが監修された音質はとても素晴らしいものに仕上がっています。

ただ、その他の部分など公式webサイトを見ていても違いが分かりづらいと感じる方もいらっしゃるでしょう。

そこで本記事では、40個以上の完全ワイヤレスイヤホンをレビューしてきた管理人が徹底比較します。

TE-BD21j-ltdはプレシードジャパン様から提供いただいております。

関連記事 【AVIOT TE-BD21j-ltdpnk / ピヤホン5レビュー】Snapdragon Sound対応でハイレゾ再生可能な音質重視完全ワイヤレスイヤホンを徹底レビュー!

AVIOT TE-BD21j-ltdとTE-BD-21j-ltdpnk(ピヤホン5)を徹底比較

基本スペックで見るとほぼ共通だが、スペック表に現れない部分で違いがある

AVIOT TE-BD21j-ltdとTE-BD-21j-ltdpnk(ピヤホン5)のスペック比較

製品名価格(Amazon/税込み)ANC外音取り込みワイヤレス充電片耳のみのイヤホンの使用ドライバーBluetoothバージョン対応コーデック充電時間バッテリー持続時間サイズカラー重量イヤホン防水規格充電ポート保証期間その他定価
AVIOT TE-BD21j-ltd

AVIOT TE-BD21j-ltd

17,820円(2022年3月)未対応対応未対応対応(モノラル再生)2BA x 1DD(8mm)バージョン5.2SBC / AAC / aptX / aptX adaptive約1.5時間SBC・AAC再生時:最大9.5時間(イヤホンケース併用:最大57時間)
aptX・aptX adaptive再生時:最大7.6時間(イヤホンケース併用:最大45.6時間
イヤホンケース:縦36.3 x 横71.8 x 厚み28.1mm
イヤホン本体:横18.0 x 縦14.7 x 厚み19.2 x ノズル7.3 mm
ローズゴールド
ドーンブルー
ケース+イヤホン:約83.4g
イヤホン両耳:約11.5g
IPX4USB-C1年間
(製品登録で+3ヶ月無料延長)
Snapdragon Sound対応
専用アプリによるファームウェアアップデート、イコライザー設定、
タッチ操作のカスタマイズなどに対応
19,800円
AVIOT TE-BD21j-ltdpnk(ピヤホン5)

TE-BD-21j-ltdpnk(ピヤホン5)

23,980円(2022年3月)未対応対応未対応対応(モノラル再生)2BA x 1DD(8mm)バージョン5.2SBC / AAC / aptX / aptX adaptive約1.5時間SBC・AAC再生時:最大9.5時間(イヤホンケース併用:最大57時間)
aptX・aptX adaptive再生時:最大7.6時間(イヤホンケース併用:最大45.6時間
イヤホンケース:縦36.3 x 横71.8 x 厚み28.1mm
イヤホン本体:横18.0 x 縦14.7 x 厚み19.2 x ノズル7.3 mm
ダークブロンズケース+イヤホン:約83.4g
イヤホン両耳:約11.5g
IPX4USB-C1年間
(製品登録で+3ヶ月無料延長)
Snapdragon Sound対応
専用アプリによるファームウェアアップデート、イコライザー設定、
タッチ操作のカスタマイズ、ボイスガイダンスの変更などに対応
26,950円

ピヤホン5は、TE-BD21j-ltdをベースに作られているため、基本スペックはほぼ共通となっていて価格ボイスガイダンスの変更可否以外の違いは見られません。

しかし、スペック表に現れない以下の部分で違いがあります。

スペック表に現れない違い
  • ドライバーそのものは同じだが、より厳選したドライバーを使用
  • デザインなどの外観
  • ピエール中野さんによる独自のサウンドチューニング

特にドライバーは、同じものがされているものの、ピヤホン5にはワンランク厳しい審査基準を設け、それをクリアしたのもののみが使われているというこだわりとなっています。

外観はサイズ・重量は同じだが、デザインでピヤホン5は特別感がある

AVIOT TE-BD21j-ltdとTE-BD-21j-ltdpnk(ピヤホン5)の比較

左:AVIOT TE-BD21j-ltd、右:TE-BD-21j-ltdpnk(ピヤホン5)

TE-BD21j-ltdピヤホン5のイヤホンケースはサイズや重量は同じ仕様となっていますが、カラーやデザインに違いがあります。

TE-BD21j-ltdには本記事でご紹介するドーンブルーとその他にローズゴールドのカラーが展開されていますが、ピヤホン5はダークブロンズの1色のみとなっています。

また、ピヤホン5のケース上面にはピエール中野さんのロゴが印刷されています。

イヤホン本体もサイズや形状、重量は同じですが、カラーの違いと左のイヤホンを表面から見た際のデザインに違いがあります。

AVIOT TE-BD21j-ltdとTE-BD-21j-ltdpnk(ピヤホン5)の左耳のイヤホンの比較

左耳のイヤホン本体のサイズや形状は同じですが書かれているロゴが違います。

TE-BD21j-ltdにはAVIOTのロゴがあり、TE-BD21j-ltdpnkはピエール中野さんのキャラクターのロゴとなっています。

右耳用のイヤホンはどちらもAVIOTのロゴとなっています。

左耳のイヤホン本体はロゴも同じです。

付属品はイヤホンケースがピヤホン5は特別なものが用意されている

AVIOT TE-BD21j-ltdとTE-BD-21j-ltdpnk(ピヤホン5)のイヤホンケース比較

左:AVIOT TE-BD21j-ltd、右:TE-BD-21j-ltdpnk(ピヤホン5)

付属品のイヤーピース、USB-Cケーブル、左右のイヤホンを繋ぐことが可能なストラップ、マニュアルはどちらも同じものが付属しています。

違いは、イヤホンケースなどを収納できるケースです。

TE-BD21j-ltdは薄手のポーチが付属していて容量は多いですが、イヤホンケースを守るには若干強度が弱いです。

ピヤホン5は固めのケースが付属しており、ピエール中野さんコラボであることやロゴが印字されています。

こちらのケースにはイヤホンケースは収納可能であるものの、若干容量は小さめですが、イヤホンケースを傷から守るならピヤホン5のケースが有利となっています。

音質は低音の重厚感が圧倒的にピヤホン5が優っている

AVIOT TE-BD21j-ltdとTE-BD-21j-ltdpnk(ピヤホン5)のイヤホン本体比較

左:AVIOT TE-BD21j-ltd、右:TE-BD-21j-ltdpnk(ピヤホン5)

TE-BD21j-ltdピヤホン5は、どちらもダイナミックドライバー1基とバランスドアーマーチュアドライバー2基を搭載したハイブリッド型です。

そのため、TE-BD21j-ltdの音質も解像感や臨場感、音の重なり、バランスなど素晴らしく一般的な完全ワイヤレスイヤホンに比べると素晴らしい音質です。

ピヤホン5と聴き比べてみるとピヤホン5は低音の重厚感が素晴らしく、TE-BD21j-ltdがあっさりした感じに聞こえます。

また、シンバルなどの高音域も少し持ち上がっていてより煌びやかな印象を受けました。

一方、ボーカルあたりの中音域は違いは感じられませんでした。

しかし、低音域や高音域が強調されていても中音域は埋もれることはないため、バランスが取れていてより素晴らしい音質に仕上がっています。

そのため、デフォルトで更に素晴らしい音質を体感したい方はピヤホン5をおすすめします。

アプリでのカスタマイズ性はピヤホン5はボイスアシスタントのカスタマイズが可能で一歩リード

AVIOT SOUND XXXアプリのホーム画面

AVIOT SOUND XXXアプリのホーム画面

TE-BD21j-ltdピヤホン5は、AVIOT SOUND XXXアプリとUpdaterアプリでカスタマイズをすることができます。

どちらのイヤホンでも可能なカスタマイズはこちらです。

TE-BD21j-ltdとピヤホン5でカスタマイズできること

  • ソフトウェアアップデート(Updaterアプリ)
  • 外音取り込み時の動作(音量)設定(SOUND XXXアプリ)
  • イコライザー設定(SOUND XXXアプリ)
  • イヤホンボタン操作設定の割り当て変更(SOUND XXXアプリ)
  • GPSを用いたイヤホン探索機能(SOUND XXXアプリ)
  • 端末の音量操作(SOUND XXXアプリ)
  • 言語設定(2021年12月現在は日本語のみ)(SOUND XXXアプリ)
  • イヤホン本体の充電残量確認(SOUND XXXアプリ)

これに加えてピヤホン5では、PNK CHANGERという3つめのアプリを用いることでボイスガイダンスの変更を行うことができます。

AVIOT PNKCHANGERアプリのボイスガイダンス設定画面

PNKCHANGERアプリでアニメPSYCHO-PASSの音声にすることができます。

PNK CHANGERでは、アニメPSYCHO-PASSの常守朱(cv.花澤香菜)、ドミネーター(cv.日髙のり子)に変更でき、スマホとイヤホンの接続時などのガイダンスを変えることができます。

装着感・操作性・外音取り込み・通話品質は同等と考えて良い

TE-BD21j-ltdピヤホン5の違いはこれまでご紹介した通りですが、その他の装着感や操作性、外音取り込み、通話品質についてもご紹介します。

これらの項目については違いは無く、同等の性能と考えて良いです。

スペックを見ても同じですし、実際に使用しても同じだと感じました。

音質にこだわりたい方、特別感がほしい方はピヤホン5、コスパを重視したい方はTE-BD21j-ltdがおすすめ

AVIOT TE-BD21j-ltdとTE-BD-21j-ltdpnk(ピヤホン5)

本記事では、TE-BD21j-ltdピヤホン5を比較しました。

デフォルトでとにかく良い音質で音楽を聴きたいという方や特別感が欲しい方、ピエール中野さんやアニメPSYCHO-PASSのファンの方はピヤホン5がおすすめです。

TE-BD21j-ltdも他の完全ワイヤレスイヤホンに比べたら十分音質は素晴らしいため、コスパを重視して良い音質で音楽を楽しみたいという方はTE-BD21j-ltdがおすすめです。

ぜひ参考にしてください。

本記事の内容は管理人が運営しているYouTubeチャンネルでも詳細にご紹介していますのでこちらもぜひご覧ください。

ピヤホン5のレビュー記事はこちら。

この記事の著者
きのこくん

完全ワイヤレスイヤホン(TWS)を中心にレビューや比較をしている「きのこくん」といいます。
これまで50個以上のTWSをレビューしました。レビューでは良かった点はもちろん、気になった点も正直にお伝えすることで見ていただいた方の役に立てるように意識しています。
また、YouTubeでも完全ワイヤレスイヤホンについての情報を発信していますので本サイトとともにチェックいただけると嬉しいです!
本業はシステムエンジニア(経験15年)のため、アプリの良し悪しや動作検証も得意です!

きのこくんをフォローする
完全ワイヤレスイヤホン
スポンサーリンク
きのこくんをフォローする
きのこのTWS

コメント

タイトルとURLをコピーしました