ハイレゾも空間オーディオも対応のおすすめサブスク!

YAMAHA TW-E5Bは中音域の抜けが素晴らしい完全ワイヤレスイヤホン!1週間使用後の徹底レビュー!!

3.5

YAMAHA TW-E5Bは、ノイズキャンセリングは未搭載の音質重視の完全ワイヤレスイヤホン(TWS)です。

YAMAHA TW-E5B

日本を代表する楽器メーカーであるYAMAHAらしい中音域や高音域の音質が素晴らしく、ボーカル重視の楽曲や弾き語りなどにとても合うモデルに仕上がっています。

本記事では、そんなYAMAHA TW-E5Bをこれまで45個以上のTWSをレビューしてきた管理人が徹底レビューします。

本記事の内容は管理人が運営しているYouTubeチャンネルでも詳細にご紹介していますのでこちらもぜひご覧ください。

YAMAHA TW-E5Bのスペック・価格

YAMAHA TW-E5Bのスペック・価格一覧

ノイズキャンセリング未対応
外音取り込み対応
ワイヤレス充電未対応
片耳のイヤホンのみで使用対応(モノラル再生)
マルチポイント接続未対応
Bluetoothバージョンバージョン5.2
対応コーデックSBC / AAC / aptX / aptX adaptive
ドライバー7mmダイナミックドライバー
充電時間イヤホン本体:約1.5時間
イヤホンケース:約2.5時間
バッテリー持続時間イヤホン本体 最大8.5時間
イヤホンケース併用:最大30時間
サイズイヤホンケース:縦49.8 x 横65.5 x 厚み33.3 mm
イヤホン本体:縦20.3 x 横27.2 x 厚み21.6 x ノズル10.8 mm
カラーブルー、ブラウン、ブラック、グレー
重量ケース+イヤホン:約59.8g、イヤホン両耳:約13.1g
イヤホン防水規格IPX5
充電ポートUSB-C
保証期間1年間
その他専用アプリによるファームウェアアップデート、イコライザー設定などに対応
ゲーミングモード(低遅延モード)搭載
価格(Amazon/税込み)15,000円(2022年3月現在)
定価(税込み)オープン価格
発売日2022年3月25日

YAMAHA TW-E5Bは、ノイキャンやワイヤレス充電は未搭載であるものの、アプリでのカスタマイズや外音取り込みなど必要な機能が揃っているモデルです。

また、動画の試聴時やゲーム時に遅延を軽減してくれるゲーミングモード(低遅延モード)も搭載されています。

YAMAHA TW-E5Bレビュー

外観・サイズは大きめだが、スピーカーのようなデザインがかっこいい

YAMAHA TW-E5Bのイヤホンケース

上部はメッシュのようになっています。

YAMAHA TW-E5Bのイヤホンケースは、飯盒炊爨の飯盒のような形をしています。

上部は、スピーカー表面のようにメッシュになっていてとてもかっこよく、YAMAHAのロゴも主張しすぎないところがとても良いです。

YAMAHA TW-E5Bのイヤホンケース

ケース前面にはインジケーターがあります。

ケース前面にはインジケーターが4つ搭載されて充電残量や充電状況が分かります。

YAMAHA TW-E5Bのイヤホンケース背面

ケース背面にはUSB-Cポートがあります。

ケース背面にはUSB-Cポートがあり、こちらから充電することになります。

YAMAHA TW-E5Bのイヤホン本体表面

イヤホン本体表面もメッシュのようになっています。

イヤホン本体の表面もケースと同様にメッシュのようになっていてとてもかっこいいです。

また、表面にインジケーターも備わっています。

YAMAHA TW-E5Bのイヤホン本体側面

側面から見るとかなり特殊な形状となっています。

イヤホン本体を側面から見るとかなり特殊な形状をしていることが分かります。

YAMAHA TW-E5Bのイヤホン本体裏面

裏面にはL/Rの表記と充電用の接点があります。

ノズル先端は通常の円形ですのでサードパーティ製のイヤーピースに付け替えることも可能です。

付属品はイヤーピース、USB-Cケーブル、スタートアップガイドと一般的

YAMAHA TW-E5Bの付属品

イヤーピース、ケーブル、冊子類が付属しています。

YAMAHA TW-E5Bには、イヤーピース(XS/S/M/L)、USB-A to USB-Cケーブル、スタートアップガイドなどの冊子類が同梱されています。

イヤーピースはシリコンが分厚めでしっかりとした作りで耳に入れていても違和感がなく、好感が持てます。

スタートアップガイドには日本語での記載はほとんどありませんが、アプリや公式webサイトにて日本語の詳細なマニュアルを閲覧することができます。

装着感はしっかり耳にフィットするが固めで大きなものがぶら下がっている感じがある

YAMAHA TW-E5Bを装着し、横から見たところ

本体が大きいため、かなり目立ちます。

YAMAHA TW-E5Bは、しっかりと耳にフィットし、頭を大きく振っても外れてしまうようなことはありません。

しかし、本体が大きいせいかプラスチック部分の固いものが耳にあたり、大きなものがぶら下がっている感じはかなりあります。

また、サイズが大きいため、耳からもはみ出ているように見えます。

YAMAHA TW-E5Bを装着し、前から見たところ

前から見てもサイドにはみ出しています。

装着したところを前から見てもサイドにはみ出ていてかなり目立ちます。

TW-E5Bはかなりいびつな形状をしているため、ネックレスやマスクの紐が引っかかってしまう可能性がありますので注意が必要です。

耳が痛いなどといった装着感が悪いということはありませんが、固く大きいものが耳にぶら下がっている感じはかなり感じました。

アプリでのカスタマイズは最低限でできることを少ない

YAMAHA Headphone Controlアプリのホーム画面

Headphone Controlアプリでカスタマイズを行うことが可能です。

YAMAHA TW-E5Bは、新アプリであるHeadphone Controlに対応していてカスタマイズを行うことができます。

YAMAHA Headphone Controlアプリでできること

  • ソフトウェアアップデート
  • LISTENING CAREのON/OFF
  • 外音取り込みのON/OFF
  • ゲーミングモードのON/OFF
  • イコライザー設定
  • オートパワーオフ時間設定
  • ユーザーガイドの閲覧
  • 装着方法の動画閲覧

イコライザーは、プリセットなどは用意されておらず、5バンドのカスタムイコライザーを1つのみ設定することが可能となっています。

また、TW-E5Bの特徴的な機能としてLISTENING CARE(リスニングケア)と呼ばれる機能が搭載されていてアプリからON/OFFすることができます。

LISTENING CARE:人間の特性上、小さな音量の時に高音域や低音域が聴こえにくくなるため、自動で高音域や低音域を持ち上げて、しっかり聴くことできるようになる機能。

このように他の完全ワイヤレスイヤホンに比べるとカスタマイズできることは最低限でできることは少なめです。

音質は低音域のアタック感は物足りなさを感じるが中音域のボーカルの抜けが最高

YAMAHA Headphone Controlアプリのイコライザー設定

アプリのイコライザー設定で調整することができます。

YAMAHA TW-E5Bの音質は、中音域のボーカルの抜けが素晴らしく、アーティストの歌声や息遣いや直接頭に響いてくるようでとても気持ちが良いです。

また、高音域の解像感も高いため、ボーカル重視の楽曲やギターやキーボードでの弾き語りなどにはとても合う音質に仕上がっています。

低音域については優しい感じでアタック感や重厚感はあまりないという印象を受けますのでロックなどの激しい楽曲を好む方には若干物足りなさを感じるかもしれません。

TW-E5Bには、LISTENING CAREが搭載されていますが、こちらもしっかりと機能し、管理人のスマホの場合、音量が30%以下くらいになると効果が実感できました。

大きい音量で長時間音楽を聴いていると耳を痛める危険性がありますが、音量が小さくても細かい音までしっかりと聴くことができるのはとても良いポイントです。

ギターやキーボードなどの楽器を数多く製作・販売しているYAMAHAらしい気持ちの良い音質となっていました。

操作感は物理ボタンが合計3個搭載されており誤操作なく快適

YAMAHA TW-E5Bの物理ボタン

右に2つ、左に1つの物理ボタンが搭載されています。

YAMAHA TW-E5Bのイヤホン本体での操作は物理ボタン(右2つ、左1つ)で行いますのでしっかりと操作したことが分かりやすいのが良いポイントです。

また、ボタンが上側に搭載されており、耳に負担がかからないのもメリットの1つと言えます。

YAMAHA TW-E5Bの操作コマンド一覧

‘            操作            ‘操作コマンド
音楽の再生/一時停止左を1回押す
曲送り右上を2回押す
曲戻し右下を2回押す
音量ダウン右下を1回押す
音量アップ右上を1回押す
音声アシスト起動/解除
(Siri/Googleアシスタント)
右下を1秒間長押し
AMBIENT SOUNDオン/オフ左を2回押す
電話を受ける着信中に左を1回押す
着信拒否着信中に左を1秒間長押し
電話を切る左を1秒間長押し

このようにほとんどの必要な操作はイヤホン本体で操作することができます。

しかし、GAMING MODEのオンオフは他の完全ワイヤレスイヤホンだとイヤホン本体の操作でできるものが多いものの、TW-E5Bはアプリからのみ操作が可能な仕様となっています。

外音取り込みは電車のアナウンス程度であれば良いが会話は難しい

YAMAHA Headphone Controlアプリのモード設定

外音取り込み(AMBIENT SOUND)の強さは調整できません。

YAMAHA TW-E5Bの外音取り込み(AMBIENT SOUND)は電車のアナウンスなどの大きい音であれば音楽を聴きながらでも聞き取ることができます。

しかし、コンビニやスーパーでの会話は音楽を聴きながらだと難しいため、音楽を停止するかイヤホンを外す必要があります。

通話品質は機械音っぽく普段とは若干違う感じに聞こえる

YAMAHA TW-E5Bのzoomでの通話音声を録音したものがこちらです。

音声はしっかり聞こえますが、機械音っぽい感じがあり、声質も普段とは違って聞こえるため、若干違和感はあります。

会話としては十分成り立ちますが、ビジネスなどの重要なシーンでの通話には若干心許ないと感じます。

GAMING MODE(低遅延モード)はしっかりと動作し、ゲーム中もずれをほとんど感じない

YAMAHA Headphone Controlアプリのモード設定

GAMING MODEのオンオフはアプリからのみ可能です。

YAMAHA TW-E5Bには、動画やゲーム時の遅延を軽減するGAMING MODEが搭載されています。

通常(GAMING MODEオフ状態)、TW-E5Bを装着しゲームをするとワンテンポからツーテンポほど遅れて音が聞こえます。

GAMING MODEをオンにすると遅延が全く気にならないほど遅延が解消され、快適にゲームを行うことができました。

しかし、途中でもご紹介した通り、イヤホン本体のボタン操作ではGAMING MODEのオンオフすることができないため、若干使い勝手は悪いと感じました。

YAMAHA TW-E5Bの気になったところ

イヤホン本体、ケース共に大きめで目立つ

YAMAHA TW-E5Bとスマホ、500円玉との比較

6.44インチのスマホや500円玉と比べるとサイズが大きいのが分かります。

YAMAHA TW-E5Bは、イヤホンケース、本体ともにサイズが大きめで装着していても結構目立ちます。

デザインはかっこいいため、変な見た目には見えませんが、顔や耳が小さい方だとより目立つと感じますので一度試着してみることをおすすめします。

GAMING MODE(低遅延モード)のON/OFFはアプリからしかできない

YAMAHA Headphone Controlアプリのモード設定

GAMING MODEのオンオフはアプリからのみ可能です。

YAMAHA TW-E5BのGAMING MODEは優秀で遅延を気にせずオンラインゲームなども快適に行うことができます。

しかし、専用アプリからのみGAMING MODEのオンオフをすることになってしまっています。

ケース上部の接着部に接着剤が出ていた

YAMAHA TW-E5Bのフタの上部

綺麗にしたが、完全には接着剤は取れませんでした。

管理人が購入したTW-E5Bは、ケース上部に接着剤のようなものがほんの少しだけはみ出ししており、綺麗に取りきることができませんでした。

これは個体差だと思われますので全てがこのようになっているわけではないと思いますが、このような個体も発生しうるようです。

YAMAHA TW-E5Bの総合評価は☆3.5

YAMAHA TW-E5Bは、1万円台中盤のミドルレンジの完全ワイヤレスイヤホンながら音質は素晴らしくボーカル重視の楽曲を聴くにはとても良いモデルです。

一方で本体のサイズや外音取り込み、通話性能などガジェットとしての完成度は他のイヤホンに比べると劣るといった印象で点数を上げきれず総合評価は☆3.5となりました。

YAMAHA TW-E5Bの評価
            • 高音域
              1
              2
              3
              4
              5
            • 中音域
              1
              2
              3
              4
              5
            • 低音域
              1
              2
              3
              4
              5
            • 解像感
              1
              2
              3
              4
              5
            • 音場の広さ
              1
              2
              3
              4
              5
            • 外音取り込み
              1
              2
              3
              4
              5
            • 装着感
              1
              2
              3
              4
              5
            • 操作性
              1
              2
              3
              4
              5
            • 通話品質
              1
              2
              3
              4
              5
            • コスパ
              1
              2
              3
              4
              5
        • 総合評価
          1
          2
          3
          4
          5

YAMAHA TW-E5Bはボーカル重視の楽曲をよく聴く方、音質にこだわりたい方におすすめ!!

YAMAHA TW-E5B

最後にYAMAHA TW-E5Bの良いところ・気になったところをまとめます。

良いところ
  • 中音域の抜けをはじめとした素晴らしい音質
  • スピーカーの表面のようなかっこいいデザイン
  • 物理ボタンによる誤操作のない快適な操作感
気になったところ
  • イヤホン、ケースが共に大きめ
  • 全ての操作がイヤホン本体でできない
  • ケース上部に接着剤が残っていた

YAMAHA TW-E5Bは、中音域の抜け、高音域の解像感が素晴らしい音質重視の完全ワイヤレスイヤホンです。

その他にもデザインや操作性も良く、これらが気に入る方にとってはとてもマッチするモデルとなっています。

一方、気になった部分も多めであることからガジェット的な完成度を求める方には物足りなさも感じると思います。

もし、同価格帯のノイキャン入りでガジェット的な完成度を求める方はJBL LIVE FREE2 TWSJabra Elite 4 Activeなどがおすすめです。

参考にしてください。

本記事の内容は管理人が運営しているYouTubeチャンネルでも詳細にご紹介していますのでこちらもぜひご覧ください。

この記事の著者
きのこくん

完全ワイヤレスイヤホン(TWS)を中心にレビューや比較をしている「きのこくん」といいます。
これまで45個以上のTWSをレビューしました。レビューでは良かった点はもちろん、気になった点も正直にお伝えすることで見ていただいた方の役に立てるように意識しています。
また、YouTubeでも完全ワイヤレスイヤホンについての情報を発信していますので本サイトとともにチェックいただけると嬉しいです!
本業はシステムエンジニア(経験15年)のため、アプリの良し悪しや動作検証も得意です!

きのこくんをフォローする
完全ワイヤレスイヤホン
スポンサーリンク
きのこくんをフォローする
A Better Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました