【JBL TOUR PRO+ TWSレビュー】売り切れ続出だったCLUB PRO+ TWSの後継2021年モデル完全ワイヤレスイヤホンを徹底レビュー!!

4.0

JBL TOUR PRO+ TWSは、2020年最高と評されたJBL CLUB PRO+ TWSに置き換わるフラッグシップモデルの全部入り完全ワイヤレスイヤホン(TWS)です。

全部入り完全ワイヤレスイヤホンは、アクティブノイズキャンセリング(ANC) / 外音取り込み(アンビエント) / 防水・防滴と言われていますが、JBL TOUR PRO+ TWSはこれに加えてワイヤレス充電にも対応しています。

JBL TOUR PRO+ TWSは、CLUB PRO+ TWSから機能が大きく増えたということはありません。

しかし、デザインやドライバーを一新し、音質やANC、通話性能が向上して更に完成度が上がっているので様々な方に合うモデルとなっています。

本記事では、この素晴らしいイヤホンを2021年に20個以上の完全ワイヤレスイヤホンをレビューしてきた管理人が徹底レビューします。

JBL TOUR PRO+ TWSを前作のCLUB PRO+ TWSと比較した動画を管理人が運営しているYouTubeチャンネルでもご紹介していますのでこちらもぜひご覧ください。

JBL TOUR PRO+ TWSのスペック・価格

JBL TOUR PRO+ TWSのスペック・価格一覧

ノイズキャンセリング対応
外音取り込み対応
ワイヤレス充電対応
片耳のイヤホンのみで使用対応
Bluetoothバージョンバージョン5.0
対応コーデックSBC / AAC
ドライバーサイズ6.8mm
充電時間約2時間
10分間の充電で1時間再生可能
バッテリー持続時間ANCオン時:最大6時間
ANCオフ時:最大8時間
イヤホンケース併用:最大32時間
サイズケース:約56.6 x 約52.6 x 約34.0mm
イヤホン本体:横19.6 x 縦19.6 x 厚み17.5 mm
カラーブラック
重量ケース+イヤホン:約72.6g、イヤホン両耳:約15.1g
イヤホン防水規格IPX5
充電ポートUSB-C
保証期間1年間
その他専用アプリによるファームウェアアップデート、
イコライザー設定、タッチ操作のカスタマイズなどに対応
価格(Amazon/税込み)23,000円(2021年10月現在)
定価(税込み)25,300円
発売月2021年10月

JBL TOUR PRO+ TWSは、2021年現在の完全ワイヤレスイヤホンに必要な機能は全て揃っているオールマイティなスペックとなっています。

また、フラッグシップモデルの完全ワイヤレスイヤホンは3万円近くするものも多い中、実売価格23,000円と比較的安価なのも良いポイントとなっています。

JBL TOUR PRO+ TWSレビュー

外観は少し大きめだが、シンプルで高級感があってかっこいい

JBL TOUR PRO+ TWSのイヤホンケース表面

イヤホンケースはメタリックな筐体がかっこいいです。

JBL TOUR PRO+ TWSは、シンプルながらとてもシックでかっこいい筐体をしています。

質感はさらっとしていて、プラスチック感も少なく高級感が漂っていて大人の方にもとても合います。

JBL TOUR PRO+ TWSはワイヤレス充電に対応

JBL TOUR PRO+ TWSはワイヤレス充電にも対応しています。

JBL TOUR PRO+ TWSは、ワイヤレス充電に対応しているため、ワイヤレス充電器の上に置くだけで簡単に充電することが可能です。

JBL TOUR PRO+ TWSのイヤホンケース下面

ケース下面にはリセットボタン、USB-C端子、インジケーターが付いています。

イヤホンケース下面には、リセットボタン、USB-C端子、インジケーターが付いています。

ワイヤレス充電だけでなく、USB-Cケーブルでも充電が可能です。

JBL TOUR PRO+ TWSのイヤホンケースを開けたところ

イヤホンケースやイヤホンのところどころにTOURの文字がかっこよく記載されています。

イヤホンケースを開けるとこのようにイヤホンをケースの上に乗っているだけのようにイヤホンが収納されています。

イヤホンケースのフタのマグネットは強力で大きく振っても外れることはありませんが、フタを開けたままで強く振ってしまうとイヤホンは外れてしまいますので注意が必要です。

JBL TOUR PRO+ TWSのイヤホン本体正面

イヤホン本体もかなりシンプルでかっこいい作りをしています。

イヤホン本体を正面から見ると円形の筐体とメタリックな質感、そしてJBLのロゴがかっこよく、男性でも女性でも合うデザインとなっています。

JBL TOUR PRO+ TWSのイヤホン本体側面

TOUR PRO+ TWSは小さなイヤーウイングが付いています。

イヤホン本体側面から見ると厚さがある(約17.5mm)ことが分かります。

ノズルの長さは約11mmとなっており、標準的な長さとなっています。

JBL TOUR PRO+ TWSのイヤホン本体裏面

イヤホン裏面には脱着センサーが搭載されています。

ノズル先端の形状は通常の円形ですが、直径が約6.1mmありますのでサードパーティ製のイヤーピースに付け替える場合は注意が必要です。

外観やデザインは管理人が運営しているYouTubeチャンネルでも詳しくご紹介していますのでこちらもぜひご覧ください。

付属品はイヤーチップ x 5、イヤーウイング x 2、USB-Cケーブル、マニュアル類が同梱

JBL TOUR PRO+ TWSの付属品

イヤーチップ、イヤーウイング、USB-Cケーブル、冊子類が付属しています。

JBL TOUR PRO+ TWSには、イヤーチップ x 5(傘深めM/L、傘浅めS/M/L)、イヤーウイング x 2(ウイング有り/無し)、USB-A to USB-Cケーブル、冊子類が入っています。

イヤーチップの種類が多く、様々な方に合うイヤーチップが見つかります

マニュアル類は日本語での説明はあまり充実していませんが、イラストで書かれていますので直感的に分かりやすくなっています。

マニュアル類はJBL公式webサイトからもダウンロードできますのでチェックしてみてください。

装着感は軽めで耳の浅い位置でフィットするが、運動も十分可能な安定感

JBL TOUR PRO+ TWSを装着し、横から見たところ

大きくはみ出ることのないサイズです。

JBL TOUR PRO+ TWSの装着感は大きすぎず、カナル型ながらそこまで奥まで入り込まない軽めな装着感になっています。

軽めではあるものの、首を大きく振っても外れる心配もなく、運動時でも十分使用できます

JBL TOUR PRO+ TWSを装着し、前から見たところ

前から見ると少しはみ出ていうるように見えます。

TOUR PRO+ TWSは、厚みが約17.5mmほどありますので横から見るとはみ出ているように見えます。

しかし、形状がシンプルでシックな本体色であるため、ファッションの邪魔になるようなこともありませんし、マスクの紐などが引っかかる心配もあまりありません

アプリでのカスタマイズ性は十分必要な機能が揃っている

JBL Headphonesアプリのホーム画面

JBL Headphonesアプリは必要なカスタマイズを行うことができます。

JBL TOUR PRO+ TWSのカスタマイズは、JBL Headphonesアプリで行うことができます。

JBL Headphonesアプリでできること

  • ファームウェアアップデート
  • イヤホン本体、ケースのバッテリー残量の確認
  • ANC / 外音取り込み / ANCオフのモード切り替え
  • オーディオモード(ノーマル / オーディオ / ビデオの切り替え)
  • イコライザー設定
  • イヤホンタッチ操作のカスタマイズ
  • オートオフ時間の設定
  • イヤホンを外したときの自動再生 / 一時停止のON/OFF
  • ボイスアシスタント設定
  • フィット感チェック機能
  • マイアラーム機能設定
  • イヤホン本体の探索

JBL Headphonesアプリではこのように様々なカスタマイズが可能となっています。

JBL TOUR PRO+ TWSのイコライザー設定

TOUR PRO+ TWSはイコライザー設定がとても優秀です。

JBL Headphonesアプリは特にイコライザー設定がとても優秀です。

プリセットは少ないものの、カスタムイコライザーでは最大10バンドで設定ができますのであなたの理想の音質に近づけることができるのが大きなメリットです。

音質は低音のアタック感が強く、高音域の綺麗さも増している

JBL TOUR PRO+ TWSの音質は特に低音のアタック感が強く、更に音場の広さも十分感じられます

また、前作のCLUB PRO+ TWSに比べて高音域が前に出て綺麗になり、低音だけに頼った音質ではなくなって快適です。

JBL TOUR PRO+ TWSのイコライザー設定

イコライザーによって理想の音をつくることができます。

先ほどもご紹介した通り、カスタムイコライザーがとても優秀ですので低音を抑えめにしたい方でも調整することもできます。

そのため、ロックやクラブサウンドなどの低音が激しい曲だけではなく、様々な楽曲に合う音質を手に入れることができます

操作感は感度がとても良く、複数タップも快適だが、全ての操作がイヤホンで完結できない

JBL TOUR PRO+ TWSのタッチセンサー

イヤホン本体表面全体がタッチセンサーとなっています。

JBL TOUR PRO+ TWSの操作はイヤホン本体表面のタッチセンサーにより行います。

タッチセンサーの感度はとても高く、イヤホン全体がタッチセンサーになっていますのでとても操作しやすく誤タッチも無く快適です。

JBL CLUB PRO+ TWSのデフォルトの操作コマンド一覧

‘            操作            ‘操作コマンド
音楽の再生/一時停止右を1回タップ
曲送り右を2回タップ
曲戻し右を3回タップ
音声アシスト起動/解除
(Siri/Googleアシスタント)
右もしくは左を長押し
モード切替え左を1回タップ
(ANC→外音取り込み(アンビエント)→ANC OFF→ANCの順に切り替わります)
トークスルーのON/OFF左を2回タップ
電話を受ける/切る右もしくは左を2回タップ
通話中のミュート通話中に右もしくは左を長押し
着信拒否右もしくは左を長押し

デフォルトの操作コマンドではこのように音量の上げ下げを行うことはできません。

JBL TOUR PRO+ TWSのイヤホン操作設定(左)

操作コマンドのカスタマイズはグループ単位で行います。

また、アプリでの操作のカスタマイズはコマンド単位で行うことはできず、左がアンビエントサウンドの操作、右が再生コントロールといった、片側ずつグループ単位で設定することなります。

そのため、音楽の再生/一時停止・次の曲/前の曲、音量調整、ANC・外音取り込み設定のいずれかはイヤホン本体ではなく、スマホ本体で行うことになります。

アクティブノイズキャンセリング(ANC)は十分強く音楽に没入できる

JBL Headphonesアプリのホーム画面

ANCのオン・オフはアプリからも行うことができます。

JBL TOUR PRO+ TWSには、ハイブリットアクティブノイズキャンセリングと呼ばれるイヤホンの外側と内側の両方から騒音を拾って軽減することができるノイキャンが搭載されています。

ノイキャンの効果はしっかりと感じることはできますが、マイルドな性能で静寂が訪れるような性能ではありません。

しかし、音質の迫力が十分にあるため、音楽を再生しておけば十分騒音はさほど気にならない程度となります。

外音取り込みは音量を下げるトークスルーの調整が絶妙で快適

JBL TOUR PRO+ TWSの外音取り込み設定

外音取り込み設定には2つのモードが搭載されています。

JBL TOUR PRO+ TWSの外音取り込みには、音楽の音量はそのままのアンビエントアウェアと音量を小さくするトークスルーの2種類が搭載されています。

電車のアナウンスを聞くなど一方的に外音を聞きたい場合はアンビエントアウェアでも十分ですが、会話をする際はトークスルーがおすすめです。

トークスルーの際は音楽の音量が小さくなりますが、CLUB PRO+ TWSはほぼミュートだったのに対し、TOUR PRO+ TWSではBGM程度に聞こえるため、会話もしながら音楽も楽しめます

この調整具合が絶妙で他のイヤホンにはない、とても快適な外音取り込みとなっています。

通話はビジネスシーンでも十分通用する音質で快適

JBL TOUR PRO+ TWSの通話音声をzoomで録音したものがこちらです。

JBL TOUR PRO+ TWSの通話音声は完全ワイヤレスイヤホンの中ではかなりクリアな音質です。

そのため、ビジネスでのオンラインミーティングでも安心して会話をすることができます

JBL TOUR PRO+ TWSの気になったところ

aptX以上の高品質コーデックに対応していない

JBL TOUR PRO+ TWSの対応コーデックはSBC/AACのみとなっている

aptX以上の高品質コーデックには未対応となっています。

JBL TOUR PRO+ TWSの対応コーデックはSBC/AACとなっており、LDACやaptX adaptiveといったハイレゾ対応コーデックやaptXにも未対応となっています。

2021年現在のフラッグシップイヤホンであればこれらの高品質コーデックに対応して欲しかったところでした。

ただ、iPhoneはそもそもSBC/AACしか利用できませんのでaptX以上の高品質コーデックに対応していなくても全く問題ありません

イヤホンケースにイヤホンが収納できたように見えて収納できていないことがある

JBL TOUR PRO+のイヤホンが収納されているところ

収納されているように見えるが実はうまくはまっていない。

JBL TOUR PRO+ TWSは、ケースの上に乗っているように収納しますが、少し角度が違ってもマグネットでくっつき、ケースのフタも閉めることができます。

しかし、この状態ではイヤホン本体の充電もできませんし、電源も切れず、スマホと接続されたままになってしまいます。

そのため、イヤホンをケースに収納する際は、充電ランプが点灯することを確認する必要があります

イヤホン本体で必要な全ての操作を行うことができない

JBL TOUR PRO+ TWSのイヤホン操作設定

イヤホン本体の操作では必要な操作を全て行うことができません。

イヤホン操作のカスタマイズは、左がアンビエントサウンドの操作、右が再生コントロールといった、片側ずつグループ単位で設定することになります。

そのため、この場合だと音量のコントロールを行うことができず、音量の上げ下げはスマホ本体で行う必要があります。

JBL TOUR PRO+ TWSの総合評価は☆4.0

JBL TOUR PRO+ TWSは、前モデルのCLUB PRO+ TWSから順当に進化していて完成度が高くなっています。

しかし、劇的な進化とまでは言えず、大きな弱点は見つからないものの、他のフラッグシップモデルと比べると秀でているものもあまりありません。

そのため、あまり評価が伸びず、総合評価は☆4.0となりました。

JBL TOUR PRO+ TWSの評価
          • 高音域
            1
            2
            3
            4
            5
          • 中音域
            1
            2
            3
            4
            5
          • 低音域
            1
            2
            3
            4
            5
          • 解像感
            1
            2
            3
            4
            5
          • 音場の広さ
            1
            2
            3
            4
            5
          • ノイズキャンセリング
            1
            2
            3
            4
            5
          • 外音取り込み
            1
            2
            3
            4
            5
          • 装着感
            1
            2
            3
            4
            5
          • 操作性
            1
            2
            3
            4
            5
          • アプリ
            1
            2
            3
            4
            5
        • 総合評価
          1
          2
          3
          4
          5

JBL TOUR PRO+ TWSは、音質はもちろん外観やデザイン、操作性を重視する方におすすめの完全ワイヤレスイヤホン!!

JBL TOUR PRO+ TWS

最後にJBL TOUR PRO+ TWSの良いところ・気になるところをまとめます。

良いところ
  • シンプルで高級感のあるデザイン
  • 様々な楽曲に合うようになった綺麗な音質
  • 柔軟に変更可能なカスタムイコライザー
  • 絶妙な調整の外音取り込み
  • ミスなく快適な操作性
  • ビジネスでも使用可能な通話品質
気になるところ
  • aptX以上の高品質コーデックに未対応
  • ケースに収納する際は注意が必要
  • 全ての操作をイヤホン本体で行うことができない

JBL TOUR PRO+ TWSは、2020年末時点でも完成度が高かったCLUB PRO+ TWSよりも完成度が高くなり、更に完成度が上がっています。

特にデザインや操作性、通話品質が特に進化していますのでテレワークやオンライン授業も快適に行えます

TOUR PRO+ TWSは、JBLのフラッグシップ完全ワイヤレスイヤホンですが、他メーカーのフラッグシップモデルと比べると安価で手に取りやすくなっているのも良いポイントです。

ぜひチェックしてみてください。

関連記事 【JBL CLUB PRO+ TWSレビュー】音質バツグンで全部入り完全ワイヤレスイヤホン!売り切れ続出TWSの実力はやっぱり凄かった!

JBL TOUR PRO+ TWSを前作のCLUB PRO+ TWSと比較した動画を管理人が運営しているYouTubeチャンネルでもご紹介していますのでこちらもぜひご覧ください。

 

コメント