【1万円以下のおすすめ完全ワイヤレスイヤホン】初心者にもおすすめの安くて音も良いTWSベスト5を厳選してご紹介!!【2021年版】

完全ワイヤレスイヤホン(TWS)には3万円を超えるハイエンド機から数千円の安いものまで様々で一昔前まではこれらのハイエンドモデルでないとオーディオファンには満足しづらいものが多かったです。

しかし、最近では、1万円以下でも音質や機能性が素晴らしいモデルが登場し、実用的なものも数多く発売されています。

そこで本記事では、2021年に20個以上の完全ワイヤレスイヤホンをレビューしてきた管理人が厳選した1万円以下で新品を購入できるTWSベスト5をご紹介します。

本記事の内容は管理人が運営しているYouTubeチャンネルでもご紹介していますのでこちらもぜひご覧ください。

コスパ最高な1万円以下のおすすめ完全ワイヤレスイヤホンベスト5

1万円以下のおすすめ完全ワイヤレスイヤホン一覧

製品名ANC外音取り込みワイヤレス充電ドライバーサイズBluetoothバージョン対応コーデック充電時間バッテリー持続時間サイズカラー重量イヤホン防水規格充電ポート保証期間その他価格(Amazon/税込み)定価発売月
Jabra Elite 3

Jabra Elite 3

未対応対応未対応6.0mmバージョン5.2SBC / aptX3.5時間イヤホン本体:最大7時間
イヤホンケース併用:最大24時間
ケース:約63.7 x 33.6 x 28.2mm
イヤホン本体:約21.0 x 17.5 x 16.1mm
ダークグレー、ネイビー、ライトベージュ、ライラックケース+イヤホン:約42.3g
イヤホン両耳:約9.7g
IP55USB-C1年間
アプリからの登録で水と埃による故障を2年間に延長可能
専用アプリによるファームウェアアップデート、イコライザーなど
Google Fast Pairによる簡単ペアリング
9,000円9,900円2021年9月、2021年10月
Anker soundcore Life P3

Anker soundcore Life P3

対応対応対応11mmバージョン5.0SBC / AAC3時間ANCオン時:最大6時間
ANCオフ時:最大7時間
イヤホンケース併用:最大35時間
ケース:約60.9 x 52.9 x 31.0mm
イヤホン本体:約23.1 x 14.9 x 18.7 x スティック26.1 mm
ブラック、オフホワイト、ネイビー、コーラルレッド、ライトブルーケース+イヤホン:約60.2g

イヤホン両耳:約10.4g

IPX5USB-C18ヶ月(Anker会員登録で24ヶ月)専用アプリによるファームウェアアップデート、
イコライザー設定、ゲーミングモード(低遅延モード)などに対応
8,990円〜9,990円2021年8月
ag COTSUBU

ag COTSUBU

未対応未対応未対応未公開バージョン5.2SBC / AAC / aptX2時間イヤホン本体:最大5時間
イヤホンケース併用:最大20時間
イヤホンケース:約56.3 x 40.4 x 24.6mm
イヤホン本体:約20.7 x 14.6 x 13.3mm
ブラック、ブラウン、ストーン、スカイ、
スノウ、クリーム、サクラ
ケース+イヤホン:約40.2g
イヤホン両耳:約7.3g
IPX4USB-C1年間指紋が目立ちにくい粉雪塗装6,480円6,480円2021年7月
AVIOT TE-D01q

AVIOT TE-D01q

対応対応未対応10mmバージョン5.2SBC / AAC1.5時間ANCオン時:最大8.8時間
ANCオフ時:最大11時間
イヤホンケース:約49.8 x 49.8 x 32.3mm
イヤホン本体:約26.6 x 17.5 x 17.8mm
レッドスピネル、ブラックオニキス、パールホワイト、
ラピスブルー、ピンククオーツ
ケース+イヤホン:約48.3g
イヤホン両耳:約12.6g
IPX4USB-C1年間専用アプリによるファームウェアアップデート、イコライザー設定などに対応
ゲーミングモード(低遅延モード)搭載
7,590円7,590円2021年7月
SOUNDPEATS MINI

SOUNDPEATS MINI

未対応未対応未対応未公開バージョン5.2SBC / AAC2時間イヤホン本体:最大7時間
イヤホンケース併用:最大27時間
イヤホンケース:約56.5 x 41.0 x 24.7mm
イヤホン本体:約18.0 x 16.2 x 15.1mm
ブラック、ホワイトケース+イヤホン:約33.2g
イヤホン両耳:約8.3g
IPX5USB-C1年間今回紹介するイヤホンの中で唯一の5,000円以下4,580円4,580円2021年7月

※価格は2021年10月現在の情報

第1位 Jabra Elite 3

Jabra Elite 3

Jabra Elite 3は音質や通話品質がハイクオリティです。

Jabra Elite 3は、解像感と低音のアタック感がとても気持ち良く、Jabra製品らしい通話品質、外音取り込みがとても優秀な完全ワイヤレスイヤホンです。

ノイキャンは未搭載のモデルであるものの、搭載されている全ての機能がハイレベルで第1位となりました。

また、Jabra製品専用のSound+アプリにも対応しているのでカスタマイズも行うことができます。

Jabra Elite 3のイヤホン本体表面

イヤホン本体表面の全体に操作用の物理ボタンが配置されています。

イヤホン本体での操作は今回ご紹介する中で唯一の物理ボタンで行うことになり、操作ミスなどなく、快適に操作することができます。

Jabra Elite 3を装着し、横から見たところ

コンパクトなので耳の中にしっかりと収まります。

イヤホンを耳に装着するとこのように耳からはみ出ることないくらいコンパクトでしっかりと装着でき、IP55という防塵防水性能もあって運動時にももってこいのイヤホンとなっています。

1万円以下でも音質に妥協したくない方にはとてもおすすめできるモデルです。

関連記事 【Jabra Elite 3レビュー】1万円以下で購入可能な低音のアタック感抜群のJabraのエントリーモデル完全ワイヤレスイヤホンを徹底レビュー!

>>比較表に戻る

第2位 Anker soundcore Life P3

Anker soundcore Life P3

AirPodsのようなスティックがついたイヤホンです。

Anker soundcore Life P3は、長いスティックが特徴のノイキャン、外音取り込み、ワイヤレス充電、アプリでのカスタマイズにも対応した機能がとても豊富な完全ワイヤレスイヤホンです。

音質はとても低音が強く、低音が強調されている音が好きな方にはとてもおすすめなモデルとなっています。

Jabra Elite 3とどちらを1位にするかかなり迷ったのですが、音質のキレや解像感がJabraのほうがレベルが高いと判断しました。

Soundcoreアプリのホーム画面

Soundcoreアプリでは様々なカスタマイズを行うことができます。

soundcore Life P3の特徴は上位モデルと同じスマホアプリで様々なカスタマイズを行うことができます。

Anker Soundcoreアプリでできること

  • ファームウェアアップデート
  • イヤホン本体のバッテリー残量の確認
  • ANC / 外音取り込み / オフのモード切り替え
  • ANC / 外音取り込みのモード設定
  • イコライザー設定(プリセット22種、カスタムイコライザー)
  • タッチ操作のカスタマイズ
  • ゲーミングモード(低遅延モード)設定
  • 睡眠モード(ヒーリングサウンド再生機能)
  • イヤーチップ装着テスト
  • タッチ操作音のオン/オフ
  • イヤホンを探す機能(イヤホンからのビープ音再生)
  • クイックスタートガイドの閲覧

このようにハイエンドモデルに負けないくらいのカスタマイズ性はさすがAnkerと言えます。

Anker soundcore Life P3を装着し、横から見たところ

装着して横から見るとスティックの長さが際立ちます。

スティックが26.1mmほどありますのでイヤホンを装着するとその長さが際立ちますが、スティックのおかげで簡単に脱着することが可能です。

ノイキャンや外音取り込みも十分効果を実感できる性能をしていますので1万円以下でノイキャンや外音取り込み、ワイヤレス充電など全部入りのイヤホンをお求めの方には一番おすすめとなっています。

関連記事 【 Anker soundcore Life P3レビュー】1万円以下で全部入りで低音すごすぎのコスパ最高完全ワイヤレスイヤホンを徹底レビュー!!

>>比較表に戻る

 第3位 ag COTSUBU

ag COTSUBUのイヤホンケースとイヤホン本体

とても小さく、可愛いデザインとなっています。

ag COTSUBUは、日本のオーディオメーカーであるfinalが全面監修していることで音質がとても良いのが特徴のイヤホンを多数発売しています。

このCOTUSUBUも成人男性の人差し指よりも小さいサイズながら解像感が高い素晴らしい音質を鳴らしてくれます。

ag COTSUBUとスマホとのサイズ比較

スマホと比べても相当サイズが小さいことが分かります。

イヤホンケースも6.44インチのスマホと比べてもかなりコンパクトであることが分かります。

ag COTSUBUを装着し横から見たところ

COTSUBUはとてもコンパクトなので耳にしっかりと収まります。

装着すると耳に余裕ができるほどコンパクトですので耳の小さな女性や子供でも装着することが可能です。

ag COTSUBUはノイキャンや外音取り込みなどには対応していないシンプルに音楽を楽しむイヤホンです。

解像感の高い綺麗な音質やコンパクトな筐体、可愛いデザインなど手軽に音楽を楽しむにはもってこいのイヤホンとなっています。

関連記事 【ag COTSUBUレビュー】超小型・超軽量なのにfinal監修で音質も良くてかわいい完全ワイヤレスイヤホンを徹底レビュー!【女性にもおすすめ】

>>比較表に戻る

第4位 AVIOT TE-D01q

AVIOT TE-D01q

質感やデザインが素晴らしいノイキャン入りTWSです。

AVIOT TE-D01qは、8,000円以下にも関わらず、ノイキャンや外音取り込み、アプリでのカスタマイズにも対応するなどコスパのとても高い完全ワイヤレスイヤホンです。

音質も定評のあるAVIOTだけあって解像感の高い音質が気持ち良いです。

AVIOT TE-D01qのイヤホン本体表面

特殊な形状がとてもかっこいいです。

イヤホン本体は、他にはない特殊な形状ですが、シックな本体色もあってかなりかっこいいです。

AVIOT TE-D01qを装着し、横から見たところ

イヤーウイングによってしっかりと耳に装着されます。

装着する際はイヤーウイングを引っ掛けることでしっかりと耳に固定され、外れる心配もありません。

AVIOT TE-D01qは、アプリや本体の動作に不安定さがあるものの、2位のsoundcore Life P3よりも2,000円ほど安いため、ノイキャン入りで安さを求めるならおすすめのモデルとなっています。

関連記事 【AVIOT TE-D01qレビュー】7,590円でノイキャン・外音取り込み入り・専用アプリでカスタマイズも可能な高コスパ完全ワイヤレスイヤホンを徹底レビュー!

>>比較表に戻る

第5位 SOUNDPEATS MINI

SOUNDPEATS MINIのイヤホンケースとイヤホン本体

名前の通りかなりコンパクトな筐体となっています。

SOUNDPEATS MINIは、ag COTSUBU同様、ノイキャンや外音取り込みなどは搭載していない純粋に音楽を楽しむための完全ワイヤレスイヤホンです。

価格は4,580円と5,000円を切っているにも関わらず、安易に低音に頼らず、高音域〜低音域までバランスが良いので様々な楽曲に合う音質です。

SOUNDPEATS MINIのイヤホン本体表面

イヤホン操作はタッチセンサーで行います。

イヤホン本体もかなりコンパクトで指先よりも小さいことが分かります。

イヤホンでの操作は表面に搭載されているタッチセンサーによって行いますが感度も十分でしっかり操作可能です。

SOUNDPEATS MINIを装着し、横から見たところ

耳からはみ出ることがないのがとても良いです。

イヤホンを装着しても耳から全くはみ出ることないため、ファッションの邪魔になりにくいのも良いポイントです。

SOUNDPEATS MINIは、ケースやイヤホンにはプラスチック感があるものの、とてもバランスの良い音質は5,000円以下という価格には十分コスパの高いイヤホンとなっています。

とにかく安いイヤホンをお探しの方にはとてもおすすめです。

created by Rinker
SoundPEATS(サウンドピーツ)

>>比較表に戻る

もう少しお金を出しても良いからもっと良いものが欲しいという方にもおすすめ

1万円以下のおすすめ完全ワイヤレスイヤホン

今回は1万円以下のおすすめ完全ワイヤレスイヤホンベスト5をご紹介しました。

これらはとても良いイヤホンであることは間違い無いのですが、1万円を超えるとこれらとはレベルが違う高音質・高機能なイヤホンを手に入れることが可能です。

本サイトでは、2021年上半期におすすめの完全ワイヤレスイヤホンもご紹介していますのでこちらもぜひチェックしてみてください。

合わせて読みたい 【2021年上半期】予算別に選ぶオススメの完全ワイヤレスイヤホン!実際に使用したTWSの中から厳選してご紹介!!

本記事の内容は管理人が運営しているYouTubeチャンネルでもご紹介していますのでこちらもぜひご覧ください。

 

コメント