【AVIOT TE-D01qレビュー】7,590円でノイキャン・外音取り込み入り・専用アプリでカスタマイズも可能な高コスパ完全ワイヤレスイヤホンを徹底レビュー!

3.5

AVIOT TE-D01qは、定価7,590円ととても安価ながら全部入りの完全ワイヤレスイヤホン(TWS)です。

全部入り完全ワイヤレスイヤホンは、ノイズキャンセリング(ANC) / 外音取り込み(アンビエント) / 防水・防滴と言われています。

1万円以下で全部入り完全ワイヤレスイヤホンにはEarFun Free Proなどがありますが、カスタマイズを行うことができません。

しかし、AVIOT TE-D01qには、専用アプリによるカスタマイズ機能も備わっているなどとてもコスパの高いイヤホンとなています。

本記事では、そんなコスパ最高のAVIOT TE-D01qのスペックをご紹介するとともに徹底レビューしていきます。

AVIOT TE-D01qのスペック・価格

AVIOT TE-D01qのスペック・価格一覧

ノイズキャンセリング対応
外音取り込み対応
ワイヤレス充電未対応
片耳のイヤホンのみで使用対応
Bluetoothバージョンバージョン5.2
対応コーデックSBC / AAC
ドライバー10mmダイナミック
充電時間イヤホン本体:1.5時間
15分充電で3時間再生可能
バッテリー持続時間ANCオン時:最大8.8時間
ANCオフ時:最大11時間
サイズケース:約49.8 x 約49.8 x 約32.3mm
イヤホン本体:横26.6 x 縦17.5 x 厚み17.8
カラーレッドスピネル、ブラックオニキス、パールホワイト、
ラピスブルー、ピンククオーツ
重量ケース+イヤホン:約48.3g、イヤホン両耳:約12.6g
イヤホン防水規格IPX4
充電ポートUSB-C
保証期間1年間
その他専用アプリによるファームウェアアップデート、イコライザー設定などに対応
ゲーミングモード(低遅延モード)搭載
価格(Amazon/税込み)7,590円(2021年7月現在)
定価(税込み)7,590円
発売月2021年7月30日

AVIOT TE-D01qは、ワイヤレス充電には対応していないものの、アクティブノイズキャンセリング(ANC)や外音取り込みなど十分な機能を備えています。

また、特徴的な機能としてゲームプレイ時や動画再生時などの遅延を軽減できるゲーミングモードを搭載していることも大きな特徴です。

AVIOT TE-D01qレビュー

外観はプラスチック感はあるもの、色やデザインがとても良い

AVIOT TE-D01qのイヤホンケース

今回購入したレッドスピネルはとてもシックな色となっています。

AVIOT TE-D01qのイヤホンケースは、触るとマットめな感触でプラスチック感はあるものの、デザインや色味は子供から大人まで使えるようなかっこいい感じに仕上がっています。

サイズはコンパクトですが、厚みは3cm以上あるため、ポケットに入れるには少し分厚くなっています

AVIOT TE-D01qのイヤホンケース前面

AVIOT TE-D01qのイヤホンケース前面

TE-D01qのイヤホンケース前面にはインジケータが4つ付いており、イヤホンケースの充電状態やバッテリー残量が分かります。

AVIOT TE-D01qのイヤホンケース裏面

AVIOT TE-D01qのイヤホンケース裏面

イヤホンケース背面には充電用のUSB-Cケーブルポートが付いています。

TE-D01qは、ワイヤレス充電には対応していないため、USB-Cケーブルを繋いで充電することになります。

AVIOT TE-D01qのイヤホンケースを開けたところ

イヤホンケースを開けるとこのようにイヤホンが収納されています。

TE-D01qは左右のイヤホンの形状が違うため、左右のイヤホンを逆に入れることはできないようになっています。

AVIOT TE-D01qのイヤホン本体表面

金色の先端部分にマイクが搭載されています。

TE-D01qは、AirPodsに代表されるようなスティックのようなものがありますが、スティック型とは呼べないくらいの小さな突起があります。

AVIOT TE-D01qのイヤホン本体を横から見たところ

イヤホンのノズルはカーブを描いています。

イヤホン本体を横から見るとノズルがカーブを描いています。

ノズルは根元から1cm以上ありますので耳の奥のほうまで入り込むことになります。

AVIOT TE-D01qのイヤホン本体を裏から見たところ

イヤホンからイヤーチップを外すとこのようになります。

ノズル先端は通常の丸型になっていますので完全ワイヤレスイヤホン用のイヤーピースであれば他社のものでも付け替えることが可能です。

デザインやサイズは管理人のYoutubeチャンネルでしっかりとご紹介していますのでこちらもぜひご覧ください。

付属品はイヤーチップ x 4 / イヤーウイング x 4 / USB-Cケーブル / マニュアル

AVIOT TE-D01qの付属品

付属品はイヤーウイング、イヤーチップ、USB-Cケーブル、説明書類が入っています。

AVIOT TE-D01qには、イヤーウイング(2サイズ x 2色)イヤーチップ(SS / S / M / L)とUSB-Cケーブル(30cm)、取り扱い説明書、製品保証登録カードが入っています。

製品保証登録カードに従って製品を登録すると通常1年の保証期間が1年3カ月に延長されます

AVIOTは国内のオーディオメーカーのため、取り扱い説明書ももちろん日本語でしっかり書かれていて初めての方でも迷わず利用できます

装着感は耳から外れはしないものの、とても良いとは言えない

AVIOT TE-D01qを装着し、横から見たところ

イヤーウイングによってしっかりと耳に装着されます。

AVIOT TE-D01qは、イヤーウイングがあるイヤホンですのでこれにより、頭を振っても外れるような心配はありません。

ただ、ノズル部の装着感はしっかりフィットしているという感じではありませんでした。

AVIOT TE-D01qを装着し、前から見たところ

前から見るとあまりはみ出ていないのが良いポイントです。

前から見るとあまり耳からはみ出ることはありませんので突起部分がアクセサリーなどに引っかかってしまうということはなさそうです

専用アプリAVIOT SOUND MEは改善されているものの、更なる改善に期待

AVIOT SOUND MEの設定画面

操作のカスタマイズは開発中となっています。

AVIOT TE-D01qは、AVIOT SOUND MEアプリによってカスタマイズを行うことができます。

AVIOT SOUND MEアプリでできること

  • ファームウェアアップデート(開発中)
  • イヤホン本体のバッテリー残量の確認
  • ANC / 外音取り込み / オフのモード切り替え
  • ANC / 外音取り込みの強さ設定
  • イコライザー設定(一部開発中)
  • イヤホンタッチ操作のカスタマイズ(開発中)
  • ゲーミングモード(低遅延モード)設定
  • イヤホンの位置情報確認
  • 音声言語設定(開発中)

※開発中のものは2021年8月現在の状況

AVIOT SOUND MEアプリはシンプルな見た目でどなたでも分かりやすい仕様になっています。

しかし、TE-D01qが発売された1ヵ月前に開発されたばかりでまだ開発中であったり、動作が不安定な機能もあります。

開発された当初はイヤホンの電源オフ→オンでイコライザー設定がデフォルトに戻ってしまったりしましたが、改善されています

ただ、開発中の機能もまだあり、今後のアップデートで改善されていくと思います。

音質は低音強めのいわゆるドンシャリ系で十分な音質

AVIOT TE-D01qのイコライザー設定

TE-D01qは低音がしっかり効いています。

AVIOT TE-D01qの音質は、デフォルトでも低音の迫力がある、いわゆるドンシャリと呼ばれる傾向の音となっています。

解像感はあまり高くはないものの、その迫力のある低音よってロックなどのハイテンポの曲などを聴くととてもテンションが上がります。

また、SOUND MEアプリのイコライザーで調整するとしっかりと音が変わることが実感できますので低音を抑えたいという方でもお好きな音を作り込むことができます

豊富な操作コマンドで必要な操作がイヤホン本体でしっかりできる

AVIOT TE-D01qのイヤホン本体表面

金色のAVIOTマークの部分がタッチセンサーとなっています。

AVIOT TE-D01qのイヤホン本体での操作はタッチセンサーにて行います。

AVIOT TE-D01qのデフォルトの操作コマンド一覧

‘            操作            ‘操作コマンド
音楽の再生/一時停止右もしくは左を1回タップ
曲送り右を2回タップ
曲戻し右を3回タップ
音量を下げる左を2回タップ
音量を上げる左を3回タップ
音声アシスト起動/解除
(Siri/Googleアシスタント)
左を3秒長押し
モード切替え左を3秒長押し
※ANCオフ→外音取り込み→ANC→ANCオフの順に繰り返し切り替わります。
電源オン・イヤホンケースから取り出す
・2.5秒間長押し(両耳を電源オンにする場合、どちらも操作が必要)
電源オフ右または左を7秒間長押し
(両耳を電源オフにする場合、どちらも操作が必要)
ペアリングモード右を4.5秒間長押し
電話を受ける/切る右または左を1回タップ

TE-D01qは、タッチでの操作コマンドがたくさんあり、スマホで操作をしなくても音楽の再生/停止、モード切替、音量調整といった必要な操作を行うことが可能です。

またイヤホン本体の操作で電源オン/オフも可能ですのでイヤホンケースを持ち歩かなくても未使用時にバッテリーが大きく減ってしまうということもありません

アクティブノイズキャンセリングはしっかり効果を実感できる

AVIOT TE-D01qのサウンドモード設定

ANCはアプリで強さを調整できます。

AVIOT TE-D01qは、ハイブリッドアクティブノイズキャンセリングによって騒音を軽減してくれます。

ハイブリッドアクティブノイズキャンセリングは、耳栓のように物理的に音を遮断するパッシブノイズキャンセリングと騒音をマイクで拾い、電気的に音を軽減するアクティブノイズキャンセリングを合わせたノイズキャンセリングです。

ハイブリッドアクティブノイズキャンセリングの内のアクティブノイズキャンセリングはオンにした瞬間にしっかりと効果を実感できる性能をしています。

ハイエンドクラスのイヤホンほどではありませんが、エアコンの音などはほぼ聞こえない程度、電車の走行音であれば音楽を聴いていれば少し音が聞こえる程度まで騒音を抑えることが可能です。

外音取り込みは会話も十分可能だが、音量が強制的に最小レベルになる

AVIOT TE-D01qのサウンドモード設定

外音取り込みもアプリで強さを調整できます。

AVIOT TE-D01qの外音取り込みは、コンビニやスーパーで十分に会話を行えるくらい優秀で快適です。

しかし、イヤホン本体で操作する場合もアプリで操作する場合も外音取り込みモードにしたときに強制的に音がほぼ最小まで小さくなってしまいます

そのため、仕事中など外音取り込みをしながら音楽を聴くことはできず、ANCオフで行う必要があります。

通話品質は機械音っぽさが大きくビジネスには向かない

AVIOT TE-D01qの通話の音声をzoomで録音したものがこちらです。

相手に届く音声は機械音っぽさがあり、少し音が割れているようにも聞こえます。

オンラインミーティングも可能ですが、ビジネスにはあまり向かないと感じています。

気になったところ

動作や表示には改善の余地が以前としてある

AVIOT SOUND MEアプリの注意事項

赤線のようにまだ開発中の機能があります。

AVIOT TE-D01qは、設定などを行うSOUND MEアプリに開発中の機能があったり、動作が不安定な部分があります。

今後改善されるかもしれませんが、2021年8月現在、このような点が挙げられます。

  • イヤホンの電源を入れるとANCや外音取り込みがオフに戻る
  • カスタムイコライザー設定でSaveしても反映されない
  • カスタムイコライザー設定でSaveするとイヤホンの接続が切れることがある(音が聞こえなくなる)
  • 操作ボタン設定変更機能、ソフトウェアアップデート、音声言語切り替え機能が開発中
  • Androidアプリでアプリに接続できないことがある

このSOUND MEアプリがリリースされてから1度アップデートがあり、改善された部分もあり、今後も改善されていくと思いますが、まだストレスが溜まる部分もあります。

モードの切り替えで必ずANC/外音取り込みオフが入ってしまう

AVIOT SOUND MEアプリのメイン画面

AVIOT SOUND MEアプリのメイン画面

AVIOT TE-D01qのイヤホン本体によるANC/外音取り込みのモード切替は左イヤホンの1.5秒長押しで行うことが可能です。

切り替わる順が、ANCオフ→ANCオン→外音取り込み→ANCオフとループするため、どうしてもANCオフが入ってしまいます

通常であればANCオフを使うシーンはあまり考えられないため、ANCオンと外音取り込みを行き来できると良かったです。

高音質コーデックのaptXには対応していない

AVIOT TE-D01qが対応しているオーディオコーデックはSBCとAACとなっており、高音質コーデックであるaptXには対応していません

しかし、最近の完全ワイヤレスイヤホンのハイエンドモデルでもaptXに対応していないものも多く、AVIOT TE-D01qが特別劣っているというわけではありません。

aptX未対応のTWS

Apple AirPods Pro、Bose QuietComfort Earbuds、Jabra Elite 85t、JBL Club Pro+ TWSなど

また、aptXはイヤホン側だけでなく、音楽などの送信側(スマホやPCなど)も対応している必要がありますが、最新のiPhone 12でもaptXは未対応ですのでiPhone用としては全く問題ありません。

AVIOT TE-D01qの総合評価は☆3.5

AVIOT TE-D01qは、コスパはとても高いものの、開発中の機能があったり、動作が不安定な部分があって使いづらい部分があるため、総合評価は☆3.5となりました。

ただし、今後のアップデートで改善されることで評価が上がっていくことは間違いありません。

AVIOT TE-D01qの評価
        • 高音域
          1
          2
          3
          4
          5
        • 中音域
          1
          2
          3
          4
          5
        • 低音域
          1
          2
          3
          4
          5
        • 解像感
          1
          2
          3
          4
          5
        • ノイズキャンセリング
          1
          2
          3
          4
          5
        • 外音取り込み
          1
          2
          3
          4
          5
        • 装着感
          1
          2
          3
          4
          5
        • 操作性
          1
          2
          3
          4
          5
        • アプリ
          1
          2
          3
          4
          5
        • サイズ
          1
          2
          3
          4
          5
  • 総合評価
    1
    2
    3
    4
    5

とにかく安くノイキャン・外音取り込み入りの完全ワイヤレスイヤホンを試したい方には十分オススメ!

AVIOT TE-D01q

最後にAVIOT TE-D01qの良いところ・気になるところをまとめます。

良いところ
  • 低音の迫力がしっかりしている
  • しっかり使えるANC
  • 子供にも大人にも合うデザイン
  • ゲーミングモード(低遅延モード)搭載
  • 安価ながらコスパがとても高い
気になるところ
  • 動作や表示には改善の余地が以前としてある
  • モードの切り替えで必ずANC/外音取り込みオフが入ってしまう
  • aptXには対応していない

AVIOT TE-D01qは、7,590円(税込み)ととても安価ながらANC/外音取り込み/防水性能を搭載し、更にアプリにも対応しているなどコスパの高い製品に仕上がっています。

アプリや動作に不安定さはあるものの、アプリは通常あまり使用するものではないため、十分コスパの高さを享受できます。

1万円未満でこのような機能満載の完全ワイヤレスイヤホンはまだほとんどなく、初めてのノイキャン入り完全ワイヤレスイヤホンにはもってこいの1台となっています。

ぜひ参考にしてください。

もし、あなたがノイキャンや装着感をより重視するのであれば3,000円程度値段は上がってしまいますが、同じくAVIOTから発売されているTE-D01tがオススメです。

関連記事 【AVIOT TE-D01tレビュー】-50dBのノイキャン&長時間バッテリー搭載の全部入り完全ワイヤレスイヤホンを徹底レビュー!!

コメント