格安SIMは、3大キャリア(docomo、au、ソフトバンク)から回線を借りつつ、毎月のスマホ代が安くなることで知られています。

しかし、格安SIMにはそれぞれ特徴があり、選び方を間違えると後悔することになりかねません。

そこで本記事では、これを選べば間違いないというおすすめの格安SIMを厳選してまとめました。

格安SIMについて詳しく知りたい方は、こちらの「自宅でインターネットを使うならIIJmioの格安SIMとセットで月額料金が合計6,000円に!お得に使おう!」内に記載していますのでぜひご覧ください。

おすすめ格安SIM一覧

おすすめの格安SIMを3つ選定しました。

どの格安SIMも特徴が違いますのでぜひよくご覧ください。

※表は左右にスクロールできます。

 UQmobileロゴIIJmioロゴLINEモバイルロゴ
格安SIM名UQmobileIIJmioLINEモバイル
初期費用/月額料金3,300円/2,980円3,394円/1,600円3,400円/1,480円
国内通話料20円 / 30秒20円 / 30秒20円 / 30秒
回線audocomo
au
docomo
au
ソフトバンク
特徴・通信速度が最速
・節約モードならSNSデータ消費ゼロ
・モバイルルーターとのセットで割引
・光回線とセットで割引
・運用企業の信頼が高い
・LINEの全機能が使用可能
・月額料金が最安
・SNS使い放題プラン有り
主なキャンペーン・学割で月額980円~
・家族割で月額1,480円~
・初期費用1円キャンペーン
・音声SIMとセットでスマホ本体100円~
・MNP乗り換えで最大15,000円キャッシュバック
・SNS使い放題最大2カ月無料
・最大5,000円相当ポイント進呈

※月額料金は、全て音声通話機能付きSIM(3GBプラン)で比較。

※キャンペーン情報は、2020年4月6日時点の情報です。最新の情報は公式webサイトをご確認ください。

1. 速度重視の方ならUQmobile

UQmobile

こんな方にオススメ!!

  • 格安SIMの中で最速を誇るため、速度重視の方
  • 初期費用を抑えたい、現在、auと契約している方

深田恭子さん、多部未華子さん、永野芽郁さんがCMを務めていることでお馴染みのUQコミュニケーションズ株式会社が運営しているUQmobileです。

UQmobileは、auの回線を使っているため、auのスマホを使用している方はUQmobileに乗り換えてもそのまま使用することが可能です。

逆にdocomo、ソフトバンクを使用している方がUQmobileに乗り換える場合、スマホのSIMロックを解除するか、SIMフリーの端末を購入する必要があります。

UQmobileの一番のメリットは3大キャリアにも引けを取らない通信速度で平均して20Mbps以上の速度を出すことができます。

20MbpsというとYouTubeで4K動画を見るのに推奨される通信速度(YouTubeヘルプより)ですので動画のストリーミングサービスも快適に視聴することができます。

以前、実際にUQmobileのSIMを利用し通信速度を測定した結果をこちらの「UQmobileとIIJmioの回線速度を実際に測定!UQmobileが速いという噂は本当だった!」に記載していますのでご覧ください。

デメリットとしては、UQmobileは、他の格安SIMに比べて契約後2年目以降は1,000円以上高くなることです。

ただ、3大キャリアを使用している方よりは十分安いため、格安SIMの恩恵を受けることはできます。

UQmobile公式ページはこちら 

2. 固定光インターネット回線を使用する方なら割引きされるIIJmio

こんな方にオススメ!!

  • 自宅の固定光インターネット回線とセットでお得に利用したい方
  • 初期費用を抑えたい、現在、docomo、auと契約している方

IIJmioは、株式会社インターネットイニシアティブ(Internet Initiative Japan、略:IIJ)が発行、運営している格安SIMです。

IIJという企業は聞き慣れないかもしれませんが、東証一部上場している電気通信事業者で、主に法人向けにネットワークやクラウドサービスの事業を行っている企業です。

更にMM総研による2019年9月末時点でのMVNO回線契約数の調査(国内MVNO市場規模の推移(2019年9月末))で2年連続シェアNo.1(MVNE提供分含む)を獲得している安心して利用できる格安SIMとなります。

IIJmioの最大のメリットは、固定光インターネット回線とセットで契約することで6,000円以下になることです。

固定光インターネット回線とセットで契約することで自宅ではWi-Fiで快適にインターネットができ、3大キャリアを使用するよりも安価に利用することが可能です。

IIJmioについてはこちらの「格安SIM「IIJmio」(アイアイジェイミオ)を5年使って分かったメリット・デメリットを徹底解説!」に詳しく記載していますので合わせてご覧ください。

IIJmio公式ページはこちら 

3. LINEの機能を完全に利用したい方はLINEモバイル

LINEモバイル

こんな方にオススメ!!

  • LINEの年齢確認を行い、全てのLINEの機能を完全に利用したい方
  • どの3大キャリアをお使いでも初期費用を抑えられる

LINEモバイルは、LINEとソフトバンクの合弁子会社であるLINEモバイル株式会社が発行、運営している格安SIMです。

格安SIMは、どれもそうなのですが、LINEの年齢確認ができず、ID検索により連絡先の交換ができないというデメリットを抱えてします。(QRコード等で交換すればLINEは使用可能)

しかし、LINEモバイルは、「LINE」と名前が付いている通り、年齢確認もできますのでLINEの全ての機能が利用できるメリットがあります。

また、これまでご紹介した2つの格安SIMは、ソフトバンクの回線を持っていませんでしたが、LINEモバイルは、ソフトバンクを含め、3大キャリアの回線も利用できますのでどのキャリアを利用していても初期費用として端末代を抑えることができ、3大キャリアを使っていたときと変わらず利用することができます

そしてこれまでご紹介した3つの格安SIMの中で最安(音声通話機能付き3GBプラン:1,480円)で利用することができるのも大きなメリットです。

LINEモバイル公式ページはこちら

最後に

格安SIMは、月々の固定費を大きく抑えることができる反面、多くのブランドがあり、様々な特徴があります。

現在、3大キャリアをお使いの方であればどれを選んでも月額料金は安くなりますが、ご自身に合ったものを選ぶことによってメリットが大きくなります。

もし、この記事を自身に合っているものがよく分からないという方は、LINEモバイルを選ぶことによって月額料金を安くでき、更にこれまでと使い勝手が変わらず利用することができますので参考にしてください。

LINEモバイル公式ページはこちら