おすすめ光プロバイダおすすめ格安SIM

楽天ひかりを使うなら必須のIPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)接続の申し込み方法とWi-Fiルーター設定方法を画像付きで完全解説!

楽天モバイルが提供している光回線である楽天ひかりを利用すれば自宅で高速なWi-Fiが使い放題で利用できます。

光回線の接続方法には、IPv4(PPPoE)とIPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)があり、IPv6で接続するとIPv4に比べて通信が安定し、3倍程度の通信速度が出るなど大きなメリットがあります。

そのため、Wi-FIルーターの設定を変更してIPv6接続を行うことは快適なインターネット接続にはかかせません。

そこで本記事では楽天ひかりでIPv6接続を行うための申し込み方法とWi-Fiルーターの設定方法を画像付きで完全解説します。

関連記事 楽天ひかりのスペックやメリット・デメリットをご紹介!楽天モバイルとセット利用で1年間無料の光回線!!

楽天ひかりメンバーズステーションでIPv6接続オプションの申し込みを行う

IPv6接続を行うには楽天ひかりメンバーズステーションでIPv6接続オプションの申し込みを行う必要があります。(楽天ひかり申し込み時に一緒にIPv6接続オプションも申し込むことも可能です)

楽天ひかり契約時に送付された「楽天ひかり アカウントのお知らせ」という書類を準備します。

楽天ひかり アカウントのお知らせ

楽天ひかり アカウントのお知らせに記載されているユーザID/パスワードを確認します。

楽天ひかりメンバーズステーションにアクセスし、先ほど確認したユーザIDとパスワードでログインします。

楽天ひかりメンバーズステーションログイン

楽天ひかり契約時に送付されたIDとパスワードでログインします。

ログイン後の画面中央部にある各種オプションご利用状況内のIPv6接続(IPoE)のステータスを確認します。

利用中」となっている場合は何もせず、「Wi-FiルーターでIPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)接続を行う」に進んでください。

未利用」となっている場合は下部の「お申込みへ」ボタンを選択し、申し込みを行ってください。

IPv6オプションの申し込み

このように利用中になっていれば既にIPv6接続が利用できる状態です。

別の回線から乗り換えた場合、「利用中」のステータスになっていても前の回線の状況によってIPv6接続が使えるまでにタイムラグが生じる場合があります。
管理人の場合、楽天ひかり利用開始日の2日後にIPv6接続が使えるようになりました。

Wi-FiルーターでIPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)接続を行う

今回は、本サイト管理人が使用しているI-O DATA WN-DAX1800GRというWi-Fi 6、IPv6対応でコスパの良いWi-Fiルーターの画面を例に説明します。

1.Wi-Fiルーターのアドレスを調べる

Windowパソコンの例で説明していきます。

左下のWindowsマーク→Windowsシステムツール→コマンドプロンプトをクリックします。

コマンドプロンプトの開き方

コマンドプロンプトを開きます。

コマンドプロンプトが開いたらipconfigと入力し、Enterキーを押します

デフォルトゲートウェイの調べ方

デフォルトゲートウェイのアドレス(192.168.0.1)がWi-Fiルーターです。

デフォルトゲートウェイのアドレスをメモしておきます。

2.Wi-Fiルーターにログインする

ブラウザ(Google Chrome、Microsoft Edgeなど)で先ほどメモしたアドレス(192.168.0.1)にアクセスし、ユーザー名、パスワードを入力、ログインします。

※ユーザー名、パスワードは楽天ひかりのものではありません。ご自身で変更されていない場合、Wi-Fiルーター購入時に付属している設定情報シートに記載されています。

Wi-Fiルーターログイン

ユーザー名、パスワードは製品に付属されている設定情報シートを参照ください。

3.IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)の接続設定を行う

インターネット(手動)画面を開き、IPv4 over IPv6(DS-Lite)を選択、AFTRアドレスに「dgw.xpass.jp」と入力し、設定ボタンをクリックし、180秒ほど待つと設定完了です。

I-O DATA WN-DAX1800GRのIPv6設定

AFTRアドレスに「dgw.xpass.jp」と入力してください。

 

IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)、IPv4それぞれで接続できているか確認する

IPv6接続テストサイトにアクセスし、IPv6アドレス、IPv4アドレスのどちらも表示されていることを確認してください。

IPv6接続テストサイトの結果

「IPv6アドレスは…」「IPv4アドレスは…」の両方にアドレスが表示されていれば正常です。

これで快適なインターネット接続を行うことができるはずです。

最後に:同じ料金を払うならIPv6接続は必須

IPv6接続は、快適なインターネットを行うには今や必須といっても過言ではありません。

楽天ひかりでは、この快適なIPv6接続の利用料は無料(月額基本料に含まれる)のため、少し面倒でも設定しておくことを強くおすすめします。

その際にWi-FiルーターがIPv6接続に対応している必要があります。

管理人が利用しているI-O DATA WN-DAX1800GR/Eはとてもコスパの良いWi-Fiルーターのため、お使いのルーターが対応していない場合、こちらはいかがでしょうか。

他にどんなWi-FiルーターがIPv6接続に対応しているかは楽天ひかり公式サイトに記載されていますのでご確認してください。

楽天ひかりを利用するなら楽天モバイルも一緒に利用することで1年間月額基本料が無料になりますのでこちらもチェックしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました