【スティック無し】スティック(うどん)が邪魔にならないオススメの完全ワイヤレスイヤホンをご紹介!【2021年最新版】

完全ワイヤレスイヤホン(TWS)には大きく分けてスティックがあるタイプスティックが無いタイプの2種類があります。

スティックがあるデザインとスティックが無いデザイン

左:スティックがあるPaMu Quiet Mini、右:スティックがないJabra Elite 85t

Apple AirPodsの登場によって市民権を得たスティックがあるタイプは通称うどん型とも呼ばれ、スティック部分にマイクが搭載できて通話品質が上がるなどのメリットがあります。

しかし、スティックがあるとピアスなどに不意に引っかかってしまったり、どれも似通っていたり、そもそもデザインが…という方もいらっしゃると思います

そこで本記事では、管理人が実際に使用したスティック無しの完全ワイヤレスイヤホンの中から厳選したオススメのものをご紹介します

スポンサーリンク

スティック無しのおすすめ完全ワイヤレスイヤホン

SONY WF-1000XM4

SONY WF-1000XM4のイヤホンケースとイヤホン本体

SONY WF-1000XM4は2021年最強と言っても過言ではない実力のTWSです。

SONY WF-1000XM4は、2021年6月25日に発売されたSONYのフラッグシップモデルの全部入り完全ワイヤレスイヤホン(TWS)です。

全部入り完全ワイヤレスイヤホンは、アクティブノイズキャンセリング(ANC) / 外音取り込み(アンビエント) / 防水・防滴と言われています。

WF-1000XM4は、高品質コーデックであるLDACに対応しているため、正式にハイレゾ音源を再生することが可能で、綺麗で解像感抜群の音質をしています。

また、ANCもとても強力で日常生活の様々な騒音もほとんど抑えてくれるため、音楽に没入させてくれ、毎日の通勤や通学などのスキマ時間が楽しくなります

SONY WF-1000XM4を装着し、前から見たところ

耳からはみ出ているように見えるが、外れるような心配はありません。

WF-1000XM4は装着感もとても良く、新開発したノイズアイソレーションイヤーピースのおかげでしっかりと耳にフィットし、長時間使用していも耳が痛くなるようなこともありませんでした。

音質・ANC・外音取り込み・装着感・デザインなど全てがハイクオリティで2021年最高のイヤホンと言っても過言ではないです。

価格が33,000円と高価ですが、この価格に負けない品質をしているため、予算が許すのであれば買って損はないと自信を持って言えますのでぜひチェックしてみてください。

SONY WF-1000XM4の評価
        • 高音域
          1
          2
          3
          4
          5
        • 中音域
          1
          2
          3
          4
          5
        • 低音域
          1
          2
          3
          4
          5
        • 解像感
          1
          2
          3
          4
          5
        • ノイズキャンセリング
          1
          2
          3
          4
          5
        • 外音取り込み
          1
          2
          3
          4
          5
        • 装着感
          1
          2
          3
          4
          5
        • 操作性
          1
          2
          3
          4
          5
        • カスタマイズ性
          1
          2
          3
          4
          5
        • サイズ
          1
          2
          3
          4
          5
  • 総合評価
    1
    2
    3
    4
    5

↓本サイトではレビューページでスペックや特徴などを詳しくご紹介しています↓

関連記事 【SONY WF-1000XM4レビュー】2021年最高イヤホンが爆誕!全てにおいて進化したSONYのフラッグシップ完全ワイヤレスイヤホンをレビュー!!

Jabra Elite 85t

Jabra Elite 85tの外観

Jabra Elite 85tは完成度最高の完全ワイヤレスイヤホンです。

Jabra Elite 85tは、デンマークのオーディオブランドであるJabra(ジャブラ)のフラッグシップモデルの全部入り完全ワイヤレスイヤホン(TWS)です。

Elite 85tの肝心の音質は、綺麗で上品な音を出してくれ、どの音域もまんべんなくバランスが良いです。

デフォルトのままですとフラットぎみですが、専用アプリのSound+にてイコライザーの調整を行うと深みのある、あなた好みの音にすることができます

Jabra Elite 85tを装着し、前から見たところ

装着感は耳の浅い位置でフィットする軽めのタイプです。

装着感は軽めで長時間使用していても疲れにくいセミオープン型であるものの、ANCや外音取り込みが強力で音楽に没入することができます。

また、専用アプリのカスタイマイズ性が業界トップでイヤホン本体の操作はボタン式でミスなく快適に行うことができるのも大きなポイントです。

Elite 85tは、音質はもちろん、カスタマイズ性能など含めてガジェットとしての完成度が高いことでとても人気のイヤホンとなっています。

価格は、Amazonで22,000~26,000円程度と高価ですが、お金は惜しまないから良いイヤホンが欲しいという方はとても満足のできるイヤホンになっています。

Jabra Elite 85tの評価
        • 高音域
          1
          2
          3
          4
          5
        • 中音域
          1
          2
          3
          4
          5
        • 低音域
          1
          2
          3
          4
          5
        • ノイズキャンセリング
          1
          2
          3
          4
          5
        • 外音取り込み
          1
          2
          3
          4
          5
        • 装着感
          1
          2
          3
          4
          5
        • 操作性
          1
          2
          3
          4
          5
        • カスタマイズ性
          1
          2
          3
          4
          5
  • 総合評価
    1
    2
    3
    4
    5

↓本サイトではレビューページでスペックや特徴などを詳しくご紹介しています↓

関連記事 【Jabra Elite 85tレビュー】総合力No.1の全部入り完全ワイヤレスイヤホン!ガジェットとしての完成度を求めるならこれ一択!!

JBL CLUB PRO+ TWS

JBL CLUB PRO+ TWSのイヤホンケースを開けたところ

JBL CLUB PRO+ TWSは音質が素晴らしいイヤホンです。

JBL CLUB PRO+ TWSは、アメリカのオーディオブランドであり、コスパが高く音質が良いことで有名なJBLのフラッグシップモデルの全部入り完全ワイヤレスイヤホンです。

先ほどご紹介しましたJabra Elite 85tとよくライバル視され、後から発売されたJBL CLUB PRO+ TWSを推す方もとても多いです。

関連記事 【Jabra Elite 85t vs JBL CLUB PRO+ TWS】最強と名高い全部入り完全ワイヤレスイヤホン2機種を徹底比較!!

JBL CLUB PRO+ TWSの音質は、とても迫力があり、イコライザーで低音を強調するとズンズンと振動が伝わってくるほどです。

JBL CLUB PRO+ TWSのイコライザー設定

JBLのイコライザーで低音を強調すると迫力バツグンです。

専用スマホアプリであるMy JBL Headphonesのイコライザーがとても優秀でかなり細かく音質を調整することが可能です。

イコライザーを設定するとそれまでとは別のイヤホンと思えるほど音質を変えることができるため、あなた好みの音質を簡単に作ることができます

JBL CLUB PRO+ TWSを装着し前から見たところ

前から見ると少し出っ張っているように見えますが、落ちるような心配はありません。

装着感はカナル型らしく、しっかりと耳の中に収まってくれますが、圧迫されるような収まり方ではなく、長時間着けていても快適です。

アクティブノイズキャンセリング(ANC)の性能は十分でどの音域もまんべんなく軽減してくれ、電車の走行音も音楽を聞いていて邪魔にならない程度にまで抑えられます

JBL CLUB PRO+ TWSはの外音取り込みモード

外音取り込みはアンビエントアウェアとトークスルーの2種類が用意されています。

外音取り込みは、2種類用意されています。

  • アンビエントアウェア:音楽の音量はそのままで外音取り込み
  • トークスルー:音楽をミュートにし、外音取り込み

外部音の音質も優秀で機械っぽさもなく、自然に聞こえますのでコンビニやスーパーなどでの会話の際も聞き逃すということはありません

価格は、Amazonで20,000~23,000円程度と全部入り完全ワイヤレスイヤホンのフラッグシップモデルとしては安価なのもJBL CLUB PRO+ TWSの大きなポイントとなっています。

JBL CLUB PRO+ TWSの評価
    • 高音域
      1
      2
      3
      4
      5
    • 中音域
      1
      2
      3
      4
      5
    • 低音域
      1
      2
      3
      4
      5
    • ノイズキャンセリング
      1
      2
      3
      4
      5
    • 外音取り込み
      1
      2
      3
      4
      5
    • 装着感
      1
      2
      3
      4
      5
  • 総合評価
    1
    2
    3
    4
    5

↓本サイトではレビューページでスペックや特徴などを詳しくご紹介しています↓

関連記事 【JBL CLUB PRO+ TWSレビュー】音質バツグンで全部入り完全ワイヤレスイヤホン!売り切れ続出TWSの実力はやっぱり凄かった!

Jabra Elite 75t

Jabra Elite 75tのケースとイヤホン本体

Jabra Elite 75tは価格が下がり、コスパ最高のイヤホンになっています。

Jabra Elite 75tは、無料アップデートでアクティブノイズキャンセリング(ANC)が追加されたことで評価が上がったコスパ最高の全部入り完全ワイヤレスイヤホンです。

音質は、Jabraらしい綺麗で上品な音となっていますが、専用アプリのSound+のイコライザーで設定すると迫力ある音も出すことが可能です。

Jabra Elite 75tを装着し正面から見たところ

Elite 85tに比べてかなりコンパクトなので耳からもほとんど出ていません。

最初にご紹介しましたElite 85tと比べるとコンパクトでカナル型らしい耳の中でしっかりとフィットする装着感が心地良いです。

ANCは後から無料アップデートで付いたとは思えないほどとても強力で電車やバスの走行音の雑音もしっかりと軽減してくれます。

外音取り込み(HearThrough)はとても自然で強力なので音楽を聴きながらでもコンビニやスーパーなどでの会話も快適に行うことができます

価格はかなり下がってきていてAmazonで13,000~15,000円程度となっていて同じ価格帯の最新モデルと比べても完成度が高く、コスパが高いイヤホンとなっています。

Jabra Elite 75tの評価
  • 高音域
    1
    2
    3
    4
    5
  • 中音域
    1
    2
    3
    4
    5
  • 低音域
    1
    2
    3
    4
    5
  • ノイズキャンセリング
    1
    2
    3
    4
    5
  • 外音取り込み
    1
    2
    3
    4
    5
  • 総合評価
    1
    2
    3
    4
    5

↓本サイトではレビューページでスペックや特徴などを詳しくご紹介しています↓

関連記事 【Jabra Elite 75tレビュー】2021年でもまだまだ現役!アップデートと値段が下がってコスパ最高で高性能な全部入り完全ワイヤレスイヤホン!!

EarFun Free Pro

EarFun Fee Proのケース内部

EarFun Free Proはコスパ最高の完全ワイヤレスイヤホンです。

EarFun Free Proは、5,000円台という低価格ながら全部入りと高コスパモデルとしてとても人気の完全ワイヤレスイヤホンです。

音質はどちらかと言えば低音よりもシンセサイザーや電子音がよく響くため、テクノ系の曲に良く合います

EarFun Free Proを装着したところ

EarFun Free Proはしっかり耳に収まるコンパクトサイズです。

EarFun Free Proは、とてもコンパクトで耳の中にしっかりと収まるため、存在感も少なく、ファッションの邪魔をしにくいのがとても良いポイントです。

アクティブノイズキャンセリング(ANC)は、静寂が訪れるというほどの性能はありませんが、どの音域の騒音も程よく軽減してくれ、しっかりと効果を実感できます

外音取り込みは、電車のアナウンスをしっかりと聞くことのできる性能はありますが、スーパーやコンビニで会話するには少し不安が残る精度です。

価格は、Amazonで5,999円と全部入り完全ワイヤレスイヤホンの中では圧倒的に安価でワイヤレス充電にも対応しているなど全部入り完全ワイヤレスイヤホンを初めて購入する方にはもってこいのモデルとなっています。

EarFun Free Proの評価
  • 高音域
    1
    2
    3
    4
    5
  • 中音域
    1
    2
    3
    4
    5
  • 低音域
    1
    2
    3
    4
    5
  • ノイズキャンセリング
    1
    2
    3
    4
    5
  • 外音取り込み
    1
    2
    3
    4
    5
  • 総合評価
    1
    2
    3
    4
    5

↓本サイトではレビューページでスペックや特徴などを詳しくご紹介しています↓

関連記事 【EarFun Free Proレビュー】5,000円台で全部入り完全ワイヤレスイヤホン!YouTubeで話題のイヤホンをレビューします!!

ag TWS04K

ag TWS04Kのイヤホンケースとイヤホン本体

ag TWS04Kはシンプルな機能ながら音質、フィット感が最高やイヤホンです。

ag TWS04Kは、日本のオーディオブランドであるag(エージー)のハイエンド完全ワイヤレスイヤホンです。

agは、抜群の音質で評価の高い日本のオーディオブランドfinalが全面監修したブランドで安価ながら音質に重点を置いていることで有名です。

モデル名の最後に付けられている「K」シリーズはマニアのサブ機にふさわしい音質を目指していてag TWS04Kは2021年5月現在、agブランドのイヤホンの中では最高級のモデルとなっています。

音質は、キレがあって解像感が高く、マニアのサブ機に相応しい音質で高音/中音/低音が絶妙なバランスでチューニングされています

音の遠近感が再現されているように感じ、ライブハウスの中にいるような雰囲気を味わえます。

また、バスドラのような低音は音の振動が来ているように感じるくらいしっかりとした迫力があります。

ag TWS04Kはスマホアプリには対応していないため、イコライザー設定で自分で音質の調整はできないものの、ロックから弾き語りまでどんな音楽も満足出来る音質に仕上がっています。

ag TWS04Kを装着し、前から見たところ

ag TWS04Kは厚みがあるため、はみ出ているように見えます。

装着感は、ノズルは長く、耳のかなり奥でフィットしますのでかなり強く頭を振ったりしても外れてしまうような心配はありません

ただ、オープンイヤー型のような軽い装着感が好きな方にはあまり向いていません。

ag TWS04KでAndroidスマホを充電しているところ

USB-C to USB-Cケーブルで充電しています。

イヤホンケースは、2,600mAhの大容量バッテリーを搭載していてモバイルバッテリーとして使用可能になっているのが大きな特徴です。

他にもIPX7という高い防水性能をしていますので一時的にイヤホン本体を水没させても故障の心配はありません。

価格は、Amzonで14,100円と高価ですが、ふるさと納税を活用することで実質2,000円でゲットすることが可能です。

ag TWS04Kの評価
          • 高音域
            1
            2
            3
            4
            5
          • 中音域
            1
            2
            3
            4
            5
          • 低音域
            1
            2
            3
            4
            5
          • 装着感
            1
            2
            3
            4
            5
          • 操作性
            1
            2
            3
            4
            5
          • サイズ
            1
            2
            3
            4
            5
          • 遮音性
            1
            2
            3
            4
            5
  • 総合評価
    1
    2
    3
    4
    5

↓本サイトではレビューページでスペックや特徴などを詳しくご紹介しています↓

関連記事 【ag TWS04Kレビュー】final全面監修の音質強化型ハイエンド完全ワイヤレスイヤホンをレビュー!ふるさと納税対象でお得にゲット可能!!

ag TWS03R

ag TWS03Rのイヤホンケースとイヤホン本体

ag TWS03Rはコンパクトで可愛いデザインかつ高音質です。

ag TWS03Rは、日本のオーディオブランドであるag(エージー)の安価で小型さがウリの完全ワイヤレスイヤホンです。

モデル名の最後に付けられている「R」シリーズは価格の安さと使いやすさがウリでag TWS03Rは2021年5月現在、agブランドのイヤホンで最も安価なモデルとなっています。

音質は、本体のコンパクトさからは想像できないほどバランスが良く、キラキラしているという印象を受けました。

低音も十分強力ですが、よくあるような機械的に低音を無理やり協調したような音ではく、しっかりとチューニングされていて自然ですが迫力で素晴らしい音になっています。

ag TWS03Rもスマホアプリには未対応ですのでイコライザー設定で自分で音質を調整することはできませんが、元々のチューニングが素晴らしいので十分満足できる音質に仕上がっています。

ag TWS03Rを装着し横から見たところ

コンパクトなのでしっかりと耳に収まります。

ag TWS03Rはとてもコンパクトで装着感も軽く、耳の中にしっかりと収まるため、耳の小さい方や女性でも耳が痛くなることはありません

また、イヤホン本体の操作はボタン式でミスなくできることもとても良いです。

価格はAmazonで5,980円ですが、ag TWS04Kと同様にふるさと納税を活用することで実質2,000円でゲットすることが可能です。

もし、Amazonなどで購入する場合、先ほどご紹介しましたEarFun Free Proと同じ価格帯ですが、ANCや外音取り込みを重視する方は、EarFun Free Pro、音質を重視する方はag TWS03Rをオススメします。

ag TWS03Rの評価
          • 高音域
            1
            2
            3
            4
            5
          • 中音域
            1
            2
            3
            4
            5
          • 低音域
            1
            2
            3
            4
            5
          • 装着感
            1
            2
            3
            4
            5
          • 操作性
            1
            2
            3
            4
            5
          • サイズ
            1
            2
            3
            4
            5
          • 価格
            1
            2
            3
            4
            5
  • 総合評価
    1
    2
    3
    4
    5

↓本サイトではレビューページでスペックや特徴などを詳しくご紹介しています↓

関連記事 【ag TWS03Rレビュー】final全面監修の小型軽量な完全ワイヤレスイヤホンをレビュー!ふるさと納税対象で実質2,000円でゲット可能!!

特にオススメはJabra Elite 85tとag TWS04K

スティック無しのおすすめ完全ワイヤレスイヤホン一覧

製品名ANC外音取り込みワイヤレス充電ドライバーサイズBluetoothバージョン対応コーデック充電時間バッテリー持続時間サイズカラー重量イヤホン防水規格充電ポート保証期間その他価格(Amazon/税込み)定価
SONY WF-1000XM4

SONY WF-1000XM4

対応対応対応6.0mmバージョン5.2SBC / AAC / LDAC1.5時間
ANCオン時:最大8時間
ANCオフ時:最大12時間
約66.6 x 29.5 x 39.4mmブラック、プラチナシルバーケース+イヤホン:約54.5g
イヤホン両耳:約14.3g
IPX4USB-C1年間
(ソニーストアで購入すると3年間)
ハイレゾ対応
専用アプリによるファームウェアアップデート、イコライザー設定、
タッチ操作のカスタマイズなどに対応
DSEE Extremeによるハイレゾ級の高音質な音楽再生
360 Reality Audioによる臨場感ある音楽再生
33,000円33,000円
Jabra Elite 85t

Jabra Elite 85t

対応対応対応12mmバージョン5.1SBC / AACイヤホン:ケースによる15分充電で1時間
充電ケース:3時間
ANCオン時:最大5.5時間(ケース込みで最大25時間)
ANCオフ時:最大7時間(ケース込みで最大31時間)
約64.8 x 41.1 x 28.5mmチタニウムブラック、ブラック、カッパーブラック、グレー、ゴールドベージュケース+イヤホン:約59.1g
イヤホン両耳:約14g
IPX4(汗程度の水滴には保護される)USB-C防塵防水に対して2年間保証
(アプリから登録が必要)
専用アプリによるイコライザ設定、アップデートなどに対応
イヤホンを外した際の音楽の自動一時停止
GPSを用いたイヤホン探索機能
パーソナライズされた音質へのカスタマイズ
マルチポイント接続(2台)
26,800円29,480円
JBL CLUB PRO+ TWS

JBL CLUB PRO+ TWS

対応対応対応6.8mmバージョン5.1SBC / AAC充電ケース:2時間ANCオン時:最大6時間
ANCオフ時:最大8時間
約54 x 53 x 29mmブラックケース+イヤホン:約68g
イヤホン両耳:約13g
IPX4(汗程度の水滴には保護される)USB-C1年間専用アプリによるオーディオモード、ファームウェアアップデートなどに対応
プロのDJによるプリセットイコライザー
イヤホンを外した際の音楽の自動一時停止
20,727円25,080円
Jabra Elite 75t

Jabra Elite 75t

対応対応対応、未対応の2モデル有り6mmバージョン5.0SBC / AACイヤホン:ケースによる15分充電で1時間
充電ケース:2時間20分
ANCオン時:最大5.5時間(ケース込みで最大18.5時間)
ANCオフ時:最大7.5時間(ケース込みで最大28時間)
約62.4 x 37.8 x 27.0mmワイヤレス充電対応モデル:チタニウムブラック、ブラック(ヨドバシドットコム限定)
ワイヤレス充電未対応モデル:チタニウムブラック、ゴールドベージュ、ブラック(Amazon限定)
ケース+イヤホン:約46g
イヤホン両耳:約11g
IP55(粉塵や雨に降られても保護される)USB-C防塵防水に対して2年間保証
(アプリから登録が必要)
専用アプリによるイコライザ設定、アップデートなどに対応
イヤホンを外した際の音楽の自動一時停止
マルチポイント接続(2台)
14,527円(ワイヤレス充電対応モデル)
13,164円~(ワイヤレス充電未対応モデル)
21,780円(ワイヤレス充電対応モデル)
17,380円(ワイヤレス充電未対応モデル)
EarFun Free Pro

EarFun Free Pro

対応対応対応6.1mmバージョン5.2SBC / AACイヤホン:1.5時間
充電ケース:2時間、3.5時間(ワイヤレス充電)
ANCオン時:最大6時間(ケース込みで最大27時間
ANCオフ時:最大7時間(ケース込みで最大32時間
約67 x 25 x 31mmブラックケース+イヤホン:約41g
イヤホン両耳:約9g
IPX5(汗程度の水滴には保護される)USB-C18か月低遅延モード5,999円5,999円
ag TWS04K

ag TWS04K

未対応未対応未対応未公開バージョン5.0SBC / AAC / aptXイヤホン:2時間
充電ケース:4時間
イヤホン単体:最大9時間、aptX使用時、最大6時間
ケース込み:最大180時間
約75 x 44 x 33mmブラック、ホワイトケース+イヤホン:約100g
イヤホン両耳:約9g
IPX7(一時的に水没しても保護される)USB-C1年間モバイルバッテリー機能
ふるさと納税で実質2,000円
14,100円15,800円
ag TWS03R

ag TWS03R

未対応未対応未対応未公開バージョン5.0SBC / AACイヤホン本体:1.5時間最大5時間(ケース込みで最大17時間)約64 x 58 x 33mmブラック、ブルー、グリーン、レッド、クリーム、モモケース+イヤホン:約54g
イヤホン両耳:約8g
未対応Micro-USB1年間指紋が目立たない粉雪塗装

ふるさと納税で実質2,000円

5,980円5,980円

今回ご紹介したモデルはどれも使い勝手が良いので価格で選んでもらえば間違いありません。

この中でも特にオススメなのはANCが欲しければJabra Elite 85t、ANCが不要であればag TWS04Kです。

Jabra Elite 85tは完成度がとにかく高く、搭載されている機能の全てがハイレベルでストレス無く気持ちよく使えます

ag TWS04Kは、カスタイマイズ性はありませんが、逆に言えば煩わしい設定をする必要が無く、誰でも簡単に最高の音質を体感することができます

本サイトでは、それぞれのイヤホンについて細かいレビューも行っていますのでそちらもぜひご覧ください。

 

コメント

  1. イース より:

    こんにちは
    私はうどん型がどうも苦手というか違和感を感じるので、スティック無しが好きです。
    詳細情報をもらえたので次買う時の参考になりました。

    • きのこくんきのこくん より:

      イースさん
      初めまして。コメントありがとうございます!
      私もスティック無しが好きでこの記事を書かせていただきました。
      参考にしていただけて嬉しいです!