ハイレゾも空間オーディオも対応のおすすめサブスク!

【ノイキャンで選ぶ完全ワイヤレスイヤホンランキング】ANCを重視したい方向けTWSベスト5をご紹介!【2022年版】

ノイキャン(アクティブノイズキャンセリング/ANC)は、外出時などの周囲の騒音を軽減してくれ、音楽に没入させてくれる素晴らしい機能です。

完全ワイヤレスイヤホン(TWS)を選ぶ際にノイキャン性能を重視する方はとても多く、ノイキャンは重要な位置付けの機能となっています。

TWSを35個以上持っている本サイトの管理人もその1人で外出時にはSONY WF-1000XM4などノイキャン搭載モデルを使うことが多いです。

ただ、ノイキャンを搭載しているTWSといっても効果には強弱があるため、ただ機能が搭載しているだけでなく、しっかりと周囲の音を軽減してくれるモデルを選ぶことがとても重要です。

そこで本記事では、TWSレビュワーの管理人がノイキャン性能が強力で音質を含めたその他の機能もしっかりとおすすめできるモデルを5つ厳選しましたのでご紹介します。

本記事の内容は管理人が運営しているYouTubeチャンネルでも詳細にご紹介していますのでこちらもぜひご覧ください。

ノイキャン性能で選ぶ完全ワイヤレスイヤホンランキング

ノイキャン性能で選ぶ完全ワイヤレスイヤホンランキング

製品名ANC外音取り込みワイヤレス充電ドライバーサイズBluetoothバージョン対応コーデック充電時間バッテリー持続時間サイズカラー重量イヤホン防水規格充電ポート保証期間その他価格(Amazon/税込み)定価発売月
SONY WF-1000XM4

SONY WF-1000XM4

対応対応対応6.0mmバージョン5.2SBC / AAC / LDAC1.5時間
ANCオン時:最大8時間
ANCオフ時:最大12時間
約66.6 x 29.5 x 39.4mmブラック
プラチナシルバー
ケース+イヤホン:約54.5g
イヤホン両耳:約14.3g
IPX4USB-C1年間
ソニーストアで購入すると3年間
ハイレゾ対応
専用アプリによるファームウェアアップデート、イコライザー設定、
タッチ操作のカスタマイズなどに対応
DSEE Extremeによるハイレゾ級の高音質な音楽再生
360 Reality Audioによる臨場感ある音楽再生

脱着センサーによる音楽の再生/一時停止
28,482円33,000円2021年6月
Technics EAH-AZ60

Technics EAH-AZ60

対応対応非対応8.0mmバージョン5.2SBC / AAC / LDAC3.5時間、15分充電で70分(ANCオン)
ANCオン時:最大7時間(イヤホンケース併用:約24時間)
ANCオフ時:最大7.5時間(イヤホンケース併用:約25時間)
約56.6 x 52.6 x 34.0mmブラック
シルバー
ケース+イヤホン:約59g
イヤホン両耳:約14g
IPX4USB-C1年間ハイレゾ対応
専用アプリによるイコライザ設定、アップデートなどに対応
タッチ操作のカスタマイズなどに対応
マルチポイント接続
28,000円オープン価格2021年10月
Jabra Elite 7 Pro

Jabra Elite 7 Pro

対応対応対応6.0mmバージョン5.2SBC / AAC約150分
5分間の充電で60分再生可能
ANCオン時:最大8時間(イヤホンケース併用:約30時間)ケース:約39.8 x 約69.3 x 約25.4 mm
イヤホン本体:横20.8 x 縦17.9 x 厚み15.6 mm
チタニウムブラック
ブラック(Amazon限定)
ゴールドベージュ
ケース+イヤホン:約55.0g
イヤホン両耳:約10.8g
IP57USB-C1年間
アプリからの登録で水と埃による故障を2年間に延長可能
専用アプリによるファームウェアアップデート、イコライザー設定、
タッチ操作のカスタマイズなどに対応
脱着センサーによる音楽の再生/一時停止
24,800円27,280円2021年10月
Jabra Elite 7 Active

Jabra Elite 7 Active

対応対応対応6.0mmバージョン5.2SBC / AAC約150分
5分間の充電で60分再生可能
ANCオン時:最大8時間(イヤホンケース併用:約30時間ケース:約39.8 x 約69.0 x 約25.2mm
イヤホン本体:横21.0 x 縦16.9 x 厚み15.9 mm
ブラック
ネイビー
ミント
ケース+イヤホン:約55.5g
イヤホン両耳:約10.9g
IP57USB-C1年間
アプリからの登録で水と埃による故障を2年間に延長可能
専用アプリによるイコライザ設定、アップデートなどに対応
タッチ操作のカスタマイズなどに対応
脱着センサーによる音楽の再生/一時停止
21,800円23,980円2021年11月
SENNHEISER CX True Wireless

SENNHEISER CX Plus Truewireless

対応対応未対応7.0mmバージョン5.2SBC / AAC / aptX / aptX adaptive1.5時間イヤホン本体:最大8時間
イヤホンケース併用:最大24時間
ケース:約58.3 x 42.2 x 33.6mm
イヤホン本体:約21.1 x 18.0 x 16.4mm
ブラック、ホワイトケース+イヤホン:約46.9g
イヤホン両耳:約11.8g
IPX4USB-C24ヶ月専用アプリによるファームウェアアップデート、イコライザー設定、
タッチ操作のカスタマイズなどに対応
脱着センサーによる音楽の再生/一時停止
19,800円21,780円2021年9月
Anker soundcore Liberty 3 Pro

Anker Liberty 3 Pro

対応対応対応1BA+1DDバージョン5.2SBC / AAC / LDAC2時間ANCオン時:最大6時間(ケース併用:最大24時間)
ANCオフ時:最大8時間(ケース併用:最大32時間)
イヤホンケース:約55.1 x 70.6 x 29.5mm
イヤホン本体:約17.8 x 24.8 x 19.6mm
ミッドナイトブラック、アイスブルー、
クラウドホワイト、ライトパープル
ケース+イヤホン:約58.1g
イヤホン両耳:約14.7g
IPX4USB-C1年間ハイレゾ対応
専用アプリによるファームウェアアップデート、イコライザー設定などに対応
マルチポイント対応
19,800円19,800円2021年11月

※価格は2022年1月11日現在の情報

※他より優れている箇所は青文字、劣っている箇所は赤文字で掲載

第1位 SONY WF-1000XM4

SONY WF-1000XM4のイヤホンケースとイヤホン本体

WF-1000XM4は、機能性、音質、完成度どれをとっても完璧なTWSです。

SONY WF-1000XM4は、2021年6月に発売されたSONYのフラッグシップモデルで音質はもちろん、ノイキャンや外音取り込みの性能や操作性など全機能がほぼ完璧の素晴らしいイヤホンです。

特にノイキャンはとても優秀で、人混みでの騒音や家電製品の音は全てカットしてくれますし、電車に乗っている時も線路の連結部を走行している音が少し聞こえる程度まで軽減してくれます。

また、LDACに対応しているため、ハイレゾ音源が再生可能であり、解像感のとても高い音質の良さも合わさるとどんなシーンでも音楽の世界に没入させてくれることができます。

SONY WF-1000XM4のタッチセンサー

丸い部分のタッチセンサーがとても大きく快適な操作が可能です。

イヤホン本体の形状は他のイヤホンにはない形でタッチセンサーがとても大きく、金属の風切り音軽減にも用いられるマイクがとても特徴的です。

操作性はタッチセンサーが大きいことに加え、感度が高くレスポンスもとても早いのでタッチセンサー式とは思えない快適な操作性を実現しています。

SONY WF-1000XM4を装着し、横から見たところ

本体が大きめで耳全体に覆いかぶさるようになっています。

WF-1000XM4が唯一欠点になりえるとしたらサイズが大きめであるが故の装着感です。

耳全体に覆い被さるようになり、耳が小さすぎる方だと違和感になるかもしれませんが、しっかりと装着されるため、日常生活を送る上で外れてしまうという心配はありません。

SONY WF-1000XM4は、価格は27,555円ととても高価ですが、音質・機能性・デザインなどほぼ完璧でイヤホン選びで失敗したくないという方にはもってこいのイヤホンとなっています。

SONY WF-1000XM4の評価
        • 高音域
          1
          2
          3
          4
          5
        • 中音域
          1
          2
          3
          4
          5
        • 低音域
          1
          2
          3
          4
          5
        • 解像感
          1
          2
          3
          4
          5
        • ノイズキャンセリング
          1
          2
          3
          4
          5
        • 外音取り込み
          1
          2
          3
          4
          5
        • 装着感
          1
          2
          3
          4
          5
        • 操作性
          1
          2
          3
          4
          5
        • カスタマイズ性
          1
          2
          3
          4
          5
        • 通話品質
          1
          2
          3
          4
          5
  • 総合評価
    1
    2
    3
    4
    5

関連記事 【SONY WF-1000XM4レビュー】2021年最高イヤホンが爆誕!全てにおいて進化したSONYのフラッグシップ完全ワイヤレスイヤホンをレビュー!!

>>比較表に戻る

第2位 Technics EAH-AZ60

Technics EAH-AZ60

EAH-AZ60はキレのある音質やマルチポイント接続が素晴らしいイヤホンです。

Technics EAH-AZ60は、2021年10月にパナソニックのHi-FiオーディオブランドであるTechnics(テクニクス)から発売された完成度の高いイヤホンです。

第1位でご紹介したSONY WF-1000XM4と同じようにLDACコーデックに対応しているため、ハイレゾ音源を再生することも可能です。

音質はキレがあり楽器の一音一音が跳ねるようなキラキラした音で解像感や分離感もとても高く、低音のアタック感もしっかりあるため、聴いていてとても気持ちが良く、音楽に没頭できます。

また、ノイキャンや外音取り込み、そして通話品質も素晴らしく、SONY WF-1000XM4にはない、マルチポイント接続にも対応しています。

Technics EAH-AZ60のタッチセンサー

イヤホン表面全体がタッチセンサーになっています。

イヤホン本体は若干大きめの筐体となっていますが、表面は金属のような加工で光の加減で模様も変化し、とてもかっこよく、高級感もあります。

イヤホン表面全体がタッチセンサーになっていてセンサーサイズも大きめ、センサー感度も高いのでタッチミスが少ないのも大きなポイントです。

気になる点があるとすればイヤホン操作後に操作音が鳴るのですが、その操作音がほんの少し遅れて出力されるため、最初は違和感があるかもしれませんが慣れれば気にならない程度です。

Technics EAH-AZ60を装着し、横から見たところ

耳に装着してもとても高級感があります。

EAH-AZ60の装着感は、カナル型らしくかなり耳の奥でしっかりとフィットする作りとなっており、遮音性もとても高いです。

イヤホン本体は大きいため、写真を見ると窮屈に見えるかもしれませんが、成人男性にしては耳が小さめの管理人でも耳が痛いといったことはありませんでした。

Technics EAH-AZ60は、SONY WF-1000XM4と比較しても遜色なく、通話品質や装着感、通話品質はSONYにも優るほどの完成度でとても良いイヤホンです。

Technics EAH-AZ60の評価
            • 高音域
              1
              2
              3
              4
              5
            • 中音域
              1
              2
              3
              4
              5
            • 低音域
              1
              2
              3
              4
              5
            • 解像感
              1
              2
              3
              4
              5
            • 音場の広さ
              1
              2
              3
              4
              5
            • ノイズキャンセリング
              1
              2
              3
              4
              5
            • 外音取り込み
              1
              2
              3
              4
              5
            • 装着感
              1
              2
              3
              4
              5
            • 操作性
              1
              2
              3
              4
              5
            • カスタマイズ性
              1
              2
              3
              4
              5
            • 通話品質
              1
              2
              3
              4
              5
        • 総合評価
          1
          2
          3
          4
          5

関連記事 【Technics EAH-AZ60レビュー】パナソニックのHi-Fiオーディオブランドのとても高い完成度の全部入り完全ワイヤレスイヤホンを徹底レビュー!!

>>比較表に戻る

第3位 Jabra Elite 7 Pro

Jabra Elite 7 Pro

Elite 7 Proはコンパクトさと通話性能の高さが魅力です。

Jabra Elite 7 ProのイヤホンケースはElite 7 Activeと同じく平べったくなっていて机などに置く際にかなり安定感があります。

Elite 7 Proは、Elite 7 Activeとスペックがかなり似ているものの、マルチセンサーボイスと呼ばれる、周囲の雑音が大きい場合に骨伝導マイクに自動で切り替わりクリアな通話音声を届ける機能が搭載されていることに優位性があります。

そのため、ビジネスなどで通話性能に特にこだわりたいという方にとってはElite 7 Proがおすすめです。

関連記事 【Jabra Elite 7 Pro vs Elite 7 Active比較】2021年のハイエンドモデル2機種の違いは?どちらがおすすめか徹底解説!!

音質はJabra製品らしくどこかの音域を強調したようなものではなく、聴き疲れのないバランスが取れたものとなっています。

ノイキャンや外音取り込み性能もElite 7 Activeと同等でハイレベルなものに仕上がっています。

Jabra Elite 7 Proの操作ボタン

イヤホン表面の全体が物理ボタンになっています。

Elite 7 Proのイヤホン本体は、Jabraの完全ワイヤレスイヤホンの中で最小となっており、とてもコンパクトです。

また、イヤホン表面全体が物理ボタンになっているため、操作ミスや誤操作もありません

Jabra Elite 7 Proを装着し、横から見たところ

耳にかなり余裕があることが分かります。

Elite 7 Proは、先ほどもご紹介した通り、Jabraの完全ワイヤレスイヤホンで最小ですので装着するとかなり耳に余裕があることが分かります。

そのため、女性などの耳の小さい方にも余裕で付けることができるというのは大きなメリットです。

フィット感は、Elite 7 Activeに比べると落ちるものの、それでも運動時に使用しても問題ないほどでIP57という水洗いも可能な防水防塵性能も備わっています。

Elite 7 Proは、2021年発売モデルの中で一番高価なモデルとなりますので最新のハイエンドモデルをお求めの方はこちらがおすすめです。

Jabra Elite 7 Proの評価
            • 高音域
              1
              2
              3
              4
              5
            • 中音域
              1
              2
              3
              4
              5
            • 低音域
              1
              2
              3
              4
              5
            • 解像感
              1
              2
              3
              4
              5
            • 音場の広さ
              1
              2
              3
              4
              5
            • ノイズキャンセリング
              1
              2
              3
              4
              5
            • 外音取り込み
              1
              2
              3
              4
              5
            • 装着感
              1
              2
              3
              4
              5
            • 操作性
              1
              2
              3
              4
              5
            • 通話品質
              1
              2
              3
              4
              5
            • 機能性
              1
              2
              3
              4
              5
        • 総合評価
          1
          2
          3
          4
          5

関連記事 【Jabra Elite 7 Proレビュー】2021年版Jabraのハイエンド完全ワイヤレスイヤホンを徹底レビュー!!

>>比較表に戻る

第3位タイ Jabra Elite 7 Active

Jabra Elite 7 Active

Jabra Elite 7 Activeはとてもコンパクトで機能性の高さが魅力です。

Jabra Elite 7 Activeは、2021年11月に発売されたコンパクトでフィット感バツグン、機能性の高さがウリのイヤホンです。

従来の最小モデルであってElite Active 75tよりも約16%コンパクトになり、シェークグリップテクノロジーにより、究極のフィット感を追求したモデルとなっています。

音質はフラットめでバランスが良く、派手さはないものの綺麗さが気持ちよく、スマホアプリでイコライザー調整することによって様々なジャンルの楽曲に合わせることができます。

また、ノイキャンや外音取り込み、通話品質など搭載されている全ての機能がハイレベルに仕上がっています。

Jabra Elite 7 Activeのイヤホン本体表面

イヤホン表面の全体が物理ボタンになっています。

Elite 7 Activeは、見た目はタッチセンサー式のように見えますが、物理ボタンによってイヤホンの操作を行います。

物理ボタンはとても軽く押せるため、耳への負担になったり操作ミスにならず、操作したいときだけしっかり操作可能です。

Jabra Elite 7 Activeを装着し、横から見たところ

本体がかなりコンパクトで耳にかなり余裕があることが分かります。

究極まで装着感を高めた、シェークグリップテクノロジーによってとても自然でストレスがかかることもなく、長時間着けていても痛くなるようなこともなく、運動時も邪魔になりません。

Jabra Elite 7 Activeは、このコンパクトさながら全ての機能がしっかり使えて音質も良く、価格も2万円台前半とコスパの高いイヤホンに仕上がっています。

Elite 7シリーズには、Elite 7 Proという通話性能を高めたモデルも展開されていて周囲に騒音がある場所での通話はこちらがおすすめですが、コスパが高いElite 7 Activeが2位となっています。

Jabra Elite 7 Activeの評価
              • 高音域
                1
                2
                3
                4
                5
              • 中音域
                1
                2
                3
                4
                5
              • 低音域
                1
                2
                3
                4
                5
              • 解像感
                1
                2
                3
                4
                5
              • 音場の広さ
                1
                2
                3
                4
                5
              • ノイズキャンセリング
                1
                2
                3
                4
                5
              • 外音取り込み
                1
                2
                3
                4
                5
              • 装着感
                1
                2
                3
                4
                5
              • 操作性
                1
                2
                3
                4
                5
              • カスタマイズ性
                1
                2
                3
                4
                5
            • 通話品質
              1
              2
              3
              4
              5
        • 総合評価
          1
          2
          3
          4
          5

関連記事 【Jabra Elite 7 Activeレビュー】究極のフィット感を追求したノイキャン入り2021年モデル完全ワイヤレスイヤホンを徹底レビュー!

>>比較表に戻る

第4位 SENNHEISER CX Plus True Wireless

SENNHEISER CX True Wireless

上位モデルと同じドライバーが採用されています。

SENNHEISER CX Plus True Wirelessは、イヤホンやヘッドホンなどのオーディオ機器やマイクなどを製造しているドイツの名門ゼンハイザー社の最新ノイキャン入り完全ワイヤレスイヤホンです。

CX Plus True Wirelessは、今回のランキングで最も安い1万円台で購入できるイヤホンとなっています。

発売以来売れ続けている上位モデルのMOMENTUM True Wireless 2と同等のドライバーが搭載されていて解像感がとても高く、音場の広さも素晴らしく2万円以上のTWSにも匹敵します。

また、通話品質やノイキャンや外音取り込みもとてもハイクオリティでほぼ死角のないモデルとなっています。

SENNHEISER CX True Wirelessのイヤホン本体前面

イヤホン本体は長方形の珍しい形となっています。

外観は、以前発売されていたCX400BTとほぼ同じですが、少し小型化されていて耳が小さめの方でも装着しやすいのもとても良いポイントです。

SENNHEISER CX True Wirelessを装着し横から見たところ

耳からはみ出ることなく、ゼンハイザーのロゴがかっこいいです。

SENNHEISER CX Plus True Wirelessの装着感は、耳にスッと入り込みフィットしてかなり快適です。

耳の奥で自然にフィットするため、長時間使用していても耳が痛くなることはありませんでした。

このクオリティが1万円台で手に入るのであればめちゃくちゃお買い得と言える完全ワイヤレスイヤホンに仕上がっています。

SENNHEISER CX Plus True Wirelessの評価
          • 高音域
            1
            2
            3
            4
            5
          • 中音域
            1
            2
            3
            4
            5
          • 低音域
            1
            2
            3
            4
            5
          • 解像感
            1
            2
            3
            4
            5
          • 音場の広さ
            1
            2
            3
            4
            5
          • ノイズキャンセリング
            1
            2
            3
            4
            5
          • 外音取り込み
            1
            2
            3
            4
            5
          • 装着感
            1
            2
            3
            4
            5
          • 操作性
            1
            2
            3
            4
            5
          • 通話品質
            1
            2
            3
            4
            5
        • 総合評価
          1
          2
          3
          4
          5

関連記事 【SENNHEISER CX Plus True Wirelessレビュー】上位モデルと同等ドライバーを搭載したノイキャン搭載ゼンハイザーの新作完全ワイヤレスイヤホンを徹底レビュー!!

>>比較表に戻る

第5位 Anker soundcore Liberty 3 Pro

Anker soundcore Liberty 3 Pro

Liberty 3 Proは、スペックがとても高いのがウリとなっています。

Anker soundcore Liberty 3 Proは、soundcoreのフラッグシップモデルでノイキャン・外音取り込み、ワイヤレス充電やマルチポイント、ハイレゾ対応などとても高いスペックを誇っています。

soundcoreの完全ワイヤレスイヤホンにしては高価ですが、外観は高級感もあり、素晴らしいスペックは2万円以上のハイエンドモデルよりも優れています

また、ダイナミックドライバー1基とバランスドアーマーチュアドライバー1基を搭載しており、低音のアタック感もあり、中高音域の解像感も高く、バランスの良い音質に仕上がっています。

Anker soundcore Liberty 3 Proのイヤホン本体表面

イヤホン本体もパールのように高級感があります。

イヤホン本体は、楕円形のような特殊な形をしていてパッと見ただけでLiberty 3 Proだと分かり、パールのような色味と質感が高級感を醸し出します

本体での操作は、タッチセンサーにより行いますが、感度も良く、スマホアプリで細かくカスタマイズできるため、快適に操作することが可能です。

Anker soundcore Liberty 3 Proを装着し、横から見たところ

サイズが大きめで耳いっぱいに広がります。

Liberty 3 Proは、サイズが大きめのため、装着すると耳を覆うように見えます。

ただ、イヤーウイングがしっかりと耳に引っかかって固定されるため、装着感は軽めで見た目ほど重たいということも、運動などによって耳から外れてしまうということもありません

Liberty 3 Proは、2万円以上のハイエンドモデルにも負けないスペックの高さがあり、それぞれがハイクオリティなイヤホンとなっています。

機能性やカスタマイズ性では、2万円未満では群を抜いていますのでスペックや機能性重視の方はこちらをおすすめします。

Anker soundcore Liberty 3 Proの評価
            • 高音域
              1
              2
              3
              4
              5
            • 中音域
              1
              2
              3
              4
              5
            • 低音域
              1
              2
              3
              4
              5
            • 解像感
              1
              2
              3
              4
              5
            • 音場の広さ
              1
              2
              3
              4
              5
            • ノイズキャンセリング
              1
              2
              3
              4
              5
            • 外音取り込み
              1
              2
              3
              4
              5
            • 装着感
              1
              2
              3
              4
              5
            • 操作性
              1
              2
              3
              4
              5
            • 通話品質
              1
              2
              3
              4
              5
        • 総合評価
          1
          2
          3
          4
          5

>>比較表に戻る

静寂の中で音楽を楽しみたい、風切り音も軽減したい方にはSONY WF-1000XM4がおすすめ!!

SONY WF-1000XM4のイヤホンケースとイヤホン本体

WF-1000XM4はノイキャンはもちろん、機能性、音質、完成度どれをとっても素晴らしいです。

本記事では6つの完全ワイヤレスイヤホンをご紹介しましたが、それでもやはり迷ってしまうという方におすすめなのはやはり第1位のSONY WF-1000XM4です。

高価ではあるものの、電車の走行音などとても騒音が大きいところでもほとんどをカットしてくれますし、風切り音防止モードをオンにすればしっかりと防止してくれます。

また、音質や外音取り込み、機能性、完成度などどれを取っても素晴らしく、2021年のTWS総合ランキングでは堂々の1位となっているほどです。

そのため、ノイキャンだけではなく、最高のTWSをお求めの方には間違いなくおすすめできます。

ぜひ参考にしてください。

本記事の内容は管理人が運営しているYouTubeチャンネルでも詳細にご紹介していますのでこちらもぜひご覧ください。

 

この記事の著者
きのこくん

完全ワイヤレスイヤホン(TWS)を中心にレビューや比較をしている「きのこくん」といいます。
これまで45個以上のTWSをレビューしました。レビューでは良かった点はもちろん、気になった点も正直にお伝えすることで見ていただいた方の役に立てるように意識しています。
また、YouTubeでも完全ワイヤレスイヤホンについての情報を発信していますので本サイトとともにチェックいただけると嬉しいです!
本業はシステムエンジニア(経験15年)のため、アプリの良し悪しや動作検証も得意です!

きのこくんをフォローする
完全ワイヤレスイヤホン
スポンサーリンク
きのこくんをフォローする
A Better Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました